ロードモナーク

LORD MONARCH

連載記事はこちら

評価・特徴

リアルタイムで進行するシミュレーションゲーム。今で言うRTS(リアルタイムストラテジー)。即時判断と器用さは求められない。ゲームの自由度は高い。

今でも十分おもしろい。ユニットの種類が少なくシンプルである分、作戦がものをいう。

序盤を除くと、プレイヤーが微妙にあるいは露骨に不利なマップが多い。自力で進めていると壁にぶつかり、投げ出したくなるかもしれない。でも発想の転換ができれば、最後まで自力でクリアできる。あっさり全ての攻略情報を見てしまうのはもったいない。

ある程度以上のスコア向上を目的とするなら、こまめにセーブ・ロードしてやり直すということが要求される(筆者の感覚)。そのことを前提としていると思うので、ゲームの操作性はわずらわしくない。

改善された「アドバンスドロードモナーク」もある。総合的には「アドバンスド」のほうがいい。両方あればアドバンスドの環境で、ロードモナーク(無印)のマップを遊べる。

使用したソフト

1991年日本ファルコム製。

使用したハード

PC-9801DA(CPUは80386・16MHz)。パッケージではPC-9801VM以降・PC-286/386に対応となっている。ハードディスクは不要。FM音源に対応している。

序盤のヒント

始めはあせらなくてもいい。部隊は自動的に動き、自国の領地が広がっていく。

敵国の領地との間には、せまい通路があるはずだ。そこをふさぐようにして「拠点防衛」をする。このとき拠点防衛する部隊の下に、自国の村が作られていることを確認する。敵国の小部隊が押し寄せてくるかもしれないが、確個撃破できるはずだ。

拠点防衛の部隊が1千~2千ぐらいになったら、敵国の「村を壊す」に出発させる。後続の部隊をさきほどと同じ場所で「拠点防衛」させる。これを繰り返す。

「拠点防衛」部隊と「村を壊す」部隊の合計が4倍以上であれば、敵国の王を倒せる。それぞれを敵国の城の前で「拠点防衛」させて合流し、敵国の王を倒す。

このマップはおかしい。敵の成長スピードが自国と比べて速すぎる。とてもクリアできるとは思えない。

まずマニュアルをよく読んでみる。アイデアが浮かぶかもしれない。

ヒント

部隊が行ってほしくない所へ行こうとする。そのたびに操作するのは面倒だ。

表示する


をうまく使う。

同盟国に強力な部隊ができている。対抗するには時間がかかる。

2番目の敵を倒す前に、同盟国の大部隊をうまく誘導して
表示する


(同盟は破棄されない。) それから2番目の敵を倒す。

占領率を上げる方法

  • 最後の敵の王を倒すと、敵の城が消えて空白地帯になる。その空白地帯に可能な限り多くの村(最大4つ)を作って占領率を上げる。村を作る部隊が小さいと作る村も小さくなってしまう。ある程度以上の部隊で大きい村を作れば空白地帯が畑になりやすくなり、占領率が高まるはずだ。
  • 空白地帯の中央に1つだけ村を作るという方法もある。この場合は敵を倒す前に周囲に村を作っておき、ある程度以上の部隊を置いて守る。敵を倒す直前・直後に周囲の村が小さければ、守っている部隊で村を壊して作り直す。
  • 自国の王が自国の城にいるなら、税率は0%にしておく。

中立勢力の正式名称を知りたい。どうすれば分かるのか?

橋のあるマップで敵国をすべて倒す。最後に倒す敵国の領地は大きいほうがいい。最後の敵国領地が自国領地に変わるまでの間に、自国の王を橋の上に動かしてから、その橋を壊してしまう。

レトロゲームの思い出と攻略