トンネルズ・アンド・トロールズ・カザンの戦士たち

TUNNELS & TROLLS Crusaders of Khazan

連載記事はこちら

警告

このゲームは難しいだけでなく、重いバグもしくは度を超えた仕様が多数存在する。詳細は後述する。

攻略本(T&Tハンドブック・BNN刊)の中であるアイテムについて以下のように説明されているが、このゲームそのものにも当てはまるかもしれない。

持っていると200ポイントのダメージを受けてしまう。手に入れないほうが賢明。

評価・特徴

オリジナルはアメリカのRPG。アクション性はない。同名のテーブルトークRPGのシステムと世界観を元にしている。ゲームの自由度は高く、制約はあるもののイベントをこなす順番はプレイヤーが選べる。古いゲームだが操作性そのものはあまり問題ない。ストーリーやイベントの雰囲気はよくできている。

このゲームの難易度は非常に高い。常軌を逸した水準だ。バグなのか仕様なのかよくわからないハマりも多数ある。

使用したソフト

1989年スタークラフト製の日本版。

使用したハード

PC-9801DA(CPUは80386・16MHz)。ハードはおそらくVM以降が必要。ただしメモリは640KB必要。3.1以降のMS-DOSが必要。ハー ドディスクはなくてもプレイ可能だが、できればあったほうがいい。このゲームは厳しいので環境だけでも整えたい。

重いバグもしくは度を超えた仕様

このゲームはレベルを上げすぎると後悔する。プレイヤーキャラクターのレベルが高くなっても楽になるとは限らない。敵の強さも強くなるし、一部のイベントをクリアするための条件も厳しくなる

ガルの町の盗賊ギルドのイベントには危険が2つある。安全を確認するまでは命綱セーブを上書きしてはならない。命綱については後述。

バルデマートンのダンジョンで、絶望剣の北側にある隠し通路に入ると抜け出せなくなる。蛙の指輪を使えば抜け出せる。

C1エリアには船が沈没してしまい、お金のほとんどを失ってしまうイベントがある。それもきついのだが別にバグがある。イベントで手に入れた最強武器を引き渡すと、元から持っていた最強武器もすべて失ってしまう。最強武器を持っているなら事前にNPCに預けておく。

昔の記憶なのであやふやなのだが、illstoneは関連イベントが終わったら捨ててしまうほうがいい。

火山でのある選択肢の判定にはバグがあるので、YesとNoを逆にする。選択したはずの行動が起きなかったら試すといい。これだけなら重いバグではないが、明らかな間違いがごろごろしているという意味でここに書いておく。

D4エリアの荒野をうろつく前に、バルデマートンでバロンを倒すほうがいい。手順が逆だと、レッドサークルのイベントの一部が起こらなくなってしまうかもしれない。

A2エリアでは嵐が起きて、直前にいた場所へ戻されてしまうことがある。これにはバグがあり状況によっては岸から離れた海の中にまで行ってしまい、どこにも移動できなくなる。蛙の指輪を使えば抜け出せる。

キャラクターの一部が継続的なLK減少の状態になることがある。そのうちにLKはゼロになり、2度と回復できない。原因は断定できないが、カザンの酒場でキャラクターの入れ替えを行うと起こりやすい気がする。カザンの酒場での入れ替えはやめたほうがいい。

「呪い」の魔法をかけられた場合、「厄払い」の魔法で回復できる。はずなのだが、またしてもバグがあり回復することはできないので、恒久的に下がってしまう。

12月から1月になった時に、アイテムが壊れることがある。壊れるアイテムには傾向があるので、可能性の高いアイテムをNPCに預かってもらえば回避しやすいかもしれない。

Digsの奥へ進むと、レロトラーを倒したとしても出口が見つからないので戻れなかった。蛙の指輪を使えば戻れる。筆者が見落としているのかもしれないが、バグの可能性もある。

カザン海を探索できる船は1つしか手に入らないかもしれない。船とはぐれるか、船に乗ってカザン海の外に出てしまうと、ハマってしまう。

キャラクター作成

プレイヤーキャラクターを3人にするという手もある。4人作っておいて後でパーティから外すことは可能。

キャラクター作成の詳細

基本・セーブ

このゲームはいつ全滅してもおかしくないので、こまめにセーブする。でも一度入ったら生きては出られない場所があるかもしれない。こまめなセーブとは別の番号で安全地帯でもセーブしておき、戻れるようにしておく。命綱があればハマりから抜け出せる。

このゲームは執拗で敵意に満ちているだけでなく、ひねくれてもいる。友好的・敵対的、好戦的・平和的、勇敢・慎重、信用・警戒、イベントごとに求められるものが違い一貫性はない。いつも相手を信用しているとだまされるし、いつも警戒しているとやはり失敗する。全てのイベントに通用する方針は1つしかない。こまめなセーブだ。

命綱セーブは多重にして念を押す。

ハードディスクなら5箇所までセーブできるが、フロッピーディスクでは2箇所しかセーブできない。バックアップしてセーブ箇所を増やしたほうがいいだろう。

基本・イベント

このゲームのイベントには3種類の発生条件がある。

  • 1回だけしか起こらない。
  • 1回起こった後はしばらく起こらないが、時間が経過するとまた起こる。
  • 何度でも起こる。

特定の能力値が高いとクリアしやすいイベントがある。薬や能力倍増の魔法が役に立つ。

異常なしつこさを求められるイベントが多い。3回同じことを繰り返してもだめだったので別のことを試してみる、というのは一般的には正常な感覚だが、それではこのゲームをクリアできない。10回繰り返してもまだ足りないかもしれない。

基本・その他

食料は十分に用意しておく。食料が安い日や月もある。

本格的に冒険する前に言語を学んでおくといい。学べる場所は表示する

このゲームらしく言語を知っていることで不利になることもあるが、こまめなセーブがあれば問題ない。

隠し扉は表示する

の魔法で見つけることができる。

コーストでは無料で無制限にランダム情報を手に入れることができる。ある施設の壁に掲示板があり、向きを変えれば何回でも読むことができる。内容は読むたびに変わる。読んでおけばイベントで役に立つだろう。

序盤のヒント

開始直後

補足と訂正:1番に命綱セーブする。慣れていないなら食料は各人に2つ買う。余裕があればヘビーブーツを買う。

ガルの地下で食料調達とサイコロゲーム

補足と訂正:あまりレベルが上がらないうちに、ノーアやコーストへ行ったほうがいい。よって序盤はサイコロゲームを控えめにする。4人が1回ずつサイコロゲームに勝てば12000GP以上が手に入るので、当面のお金には困らない。

お金が手に入ったら

補足と訂正:魔術師の杖はガルではなく、大陸のノーアの町で買うほうが楽だ。薬を集めたり言語を学ぶのは、もう少し後にする。再度書くが、あまりレベルが上がらないうちに、ノーアやコーストへ行ったほうがいい。

ノーア・寺院、運命のカード

補足と訂正:寺院での訓練は、レベルが低いうちに受けたほうがいい。占い所で「運命のカード」をひくのは、アンセリオスでCHRを高めた後にするという手もある。おぼろげな記憶だが、「運命のカード」には能力値を入れ替えるというものがあったはずだ。高いCHRとCONやSPDを入れ替えれば、かなり有利になる。ただし、「運命のカード」をいつまで引けるかの保証はない。

コースト・アーチャーギルド

補足と訂正:もしかしたらアーチャーギルドでの訓練は、レベルが低いうちに受けたほうがいいのかもしれない。成功率は低いので、無理なら後回しにする。

年末の下準備

補足と訂正:11月前半には下準備を終えておき、2番に命綱セーブをする。まだ能力倍増が使えないならCHRを上げる薬もほしい。サイコロゲームを控えめにすると、薬を集めるお金が足りないかもしれない。その時は以下の方法がある。

ガルのカブト虫寺院とE1エリアの沈没船

補足と訂正:カブト虫寺院の南側の宝部屋で海図を頂戴する。海図があれば沈没船から金目のものが手に入る。沈没船の位置は表示する

後で金を失ってしまうイベントもあるので、適当なところで切り上げる。

英雄剣と絶望剣に挑戦して能力を上げる

補足と訂正:この記事は絶望剣を手に入れるための参考にもなるだろう。まだノーアの占い所で「運命のカード」を引いていないなら、年が明けたら占い所によって時間切れでないか確かめておく。

C1エリア・沈没

補足と訂正:このイベントでは金を失ってしまうので、クリアするなら早いほうがいい。不意を打てばなんとかなると思う。だめならもう少し後に回す。

ドラゴンのねぐら・アイテム収集その1

補足と訂正:持ちきれないアイテムは、コーストの冒険者ギルドでNPCに預かってもらう。

アンセリオスで冒険点とCHRを荒稼ぎ

補足と訂正:記事ではさらっと書いてあるが、月の前半に開始したほうがいい。予測のつかないことが起こるかもしれない。CHRを高めた後に「運命のカード」がまだなら引いておく。

中盤以降の能力値が上がるイベント

注意:先に英雄剣と絶望剣に挑戦して能力値を上げておく。

F4・能力アップの水と、バルデマートンのダンジョン・能力アップの水

バルデマートンのダンジョンの水は、できるだけ後回しにしたい。

カーラ・カーンの宝

記事には書かなかったが、カザンの墓のどこかで各キャラクターのIQが10上がるはずだ。

中盤以降の記事の補足と訂正

バルデマートンのダンジョン

ここにある蛙の指輪があれば、いろいろなハマりから抜け出すことができる。冒険点を効率よく稼ぐポイントもある。ただし、ある重要アイテムを持っているキャラクターには冒険点が入らないので、NPCに預けておくといい。

火山で火に耐性のあるブーツを手に入れる

バルデマートンのダンジョンで冒険点を稼ぐときに役に立つ。

カザンの盗賊の家・アイテム収集その2

重要アイテムを失くした時の救済手段にもなっているようだ。

カザンの闘技場・アイテム収集その3

能力値が高ければそれほど難しくない。能力値の恒久的な低下には注意する。

連載記事への索引(重複があるので一対一には対応していない)

このページの中で「補足と訂正」をしているので、そちらも参照されたい。

A1、A2

A3・1 A3・2

A4・1 A4・2

カザン・1 カザン・2 カザン・3

カザンの墓・1 カザンの墓・2 カザンの墓・3

B1 B2 B3 B4・1 B4・2

ゴーレ寺院

Digs・1 Digs・2

C1 C2・1 C2・2

C3・1 C3・2 C4・1 C4・2

カサー・1、タリマーク カサー・2 腕相撲

D1 D2・1 D2・2

D3、オーバーキル城、火山・1 火山・2

D4・1、デシリ D4・2

ドラゴンのねぐら・1 ドラゴンのねぐら・2

ノーア コースト・1 コースト・2

バルデマートン・1 バルデマートン・2 バルデマートン・3

E1・1 E1・2 E2・1 E2・2

E3、砂漠 E4

アンセリオス

F1 F2 F3、硫黄鉱山

F4・1 F4・2 F4・3

ガル・1 ガル・2 ガル・3 ガル・4 ガル・5 ガル・6 ガル・7

カザンの町で、西の突き当りの壁を登って戦闘が起こるイベントをクリアできない。

ヒント1:表示する

ヒント2:表示する

ヒント3:表示する

レトロゲームの思い出と攻略