T&T(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1989年スタークラフト製の日本版。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・16MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。ハードはおそらくVM以降が必要。ただしメモリは640KB必要。3.1以降のMS-DOSが必要。ハードディスクはなくてもプレイ可能だが、できればあったほうがいい。このゲームは厳しいので環境だけでも整えたい。

動作しない場合、もしかするとCONFIG.SYSの設定を変えると動作するかもしれない。筆者は詳しくないので、遭遇した事象だけ書いておく。

  • かつてハードディスクなしの環境でフロッピーディスクで起動した時、T&TのCONFIG.SYSで動作した。
  • かつて内蔵ハードディスクで起動した時、T&TのCONFIG.SYSで動作した。
  • 今回外付けハードディスクで起動した時、T&TのCONFIG.SYSで動作しなかった。(メッセージ:プログラムが大きすぎてメモリに入りません)
  • 今回外付けハードディスクをつなげた状態でフロッピーディスクで起動した時、T&TのCONFIG.SYSで動作しなかった。(メッセージ:プログラムが大きすぎてメモリに入りません)
  • 今回外付けハードディスクのコネクタをSCSIボードからはずした状態でフロッピーディスクで起動した時、T&TのCONFIG.SYSで動作した。
  • 今回外付けハードディスクで起動した時(上から3番目と同じハード構成)、「マイト・アンド・マジック・クラウズ・オブ・ジーン(フロッピー版)」のCONFIG.SYSで動作した。

あいかわらず苦労させられるゲームだ。

オリジナルは海外なので、さがせば英語版が廉価で手に入るかもしれない。信頼性は各自で判断されたい。

英語のハードルは高い。数多いイベントのそれぞれに長文の状況描写がある。リアルタイムではないので辞書を引く時間はあるが、理解不十分ではゲームをする意味がないだろう。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』