T&T(7)レベル5

ゲームを開始した最初のエリアの宝石屋でサイコロゲームの景品を換金する。これでお金には困らなくなった。

防具を買っておく。盾や左手に持つ武器も買っておくが、最適解にはこだわらず余裕を持った装備にする。能力値は一時的に低下することもあるので、余裕のない状態だとまずいことになるかもしれない。T&Tではでたらめな性能の武具が手に入るので、通常武具にはそれほどこだわらなくてよい。

道具屋で絹のロープを1人1本買っておく。絹のロープは冒険者の必需品だ。ランタンとオイルも買っておく。これは1人だけでよい。できればヘビーブーツを全員買っておく。売り切れてしまったら後日にする。

魔術師の杖を買っておく。手順は以前の記事のとおりだ。同じ場所で魔法も買っておく。今回は別れたメンバーと合流する時に災難を恐れる必要はない。LKが上がっているのであっさり通れることもある。気前よく金を渡してもいい。そうは言っても事前にセーブしておく。

毒を治す薬と能力値が下がる薬を集めて年末のダンジョンに備える。

ゲームを開始した最初のエリアに薬を売っている場所がある。まずセーブする。それから薬を全部買ってみる。1000GP以上の薬はあきらめてもいい。買った薬を飲んでみて、効果をメモする。飲む人物が違うと効果も違うことがあるので注意する。効果がわかったらロードし直して有用な薬だけを買っておく。

有用な薬とは能力値を上げる薬とは限らない。くさった薬を飲むと能力値が下がることがある。これが後で役に立つ。アイテム枠を圧迫してしまうので、本格的に集めるのは後回しにする。

魔術師の杖を売っている場所の近くで、言語を学ぶことができる。もっと多くの言語を学べる場所もあるが、こちらのほうが安い。トラブルが起きたら出直してもいいが、鍵をこじ開ければ間を置かずに学べる。

再度地下へもぐり、サイコロゲームを続ける。

レベルを4にする。4レベルの魔法「毒をもって毒を制す」を使えるようにして年末のダンジョンに備える。

目標の4レベルになったが、5レベルの魔法「能力倍増」も年末のダンジョンで役立つことに気づいた。能力倍増の効果が切れると反動で能力値が半減する。このルールは使えそうだが、以前のプレイでは試したことがないので不測の事態が起こるかもしれない。セーブ番号2番にレベル4のデータを残しておき、戻れるようにしておく。

5レベルになった。魔法を使うにはレベルだけではなく、呪文ごとに決められている最低限のIQとDEXも必要だ。今回プレイする魔術師キャラクターは、「毒をもって毒を制す」と「能力倍増」に必要な値を最初から満たしているので問題ない。ほかの魔法も含めて可能であれば盗賊キャラクターにも教えておく。

ここまでくるのには100回以上セーブ・ロードを繰り返しているだろうが、まだまだ序の口だ。誇張ではない。

地下1階の南東に上陸する。トーチは不要なので消しておく。イベントをうまくこなすと、食料1月分とアイテムが手に入る。

このゲームのイベントには3種類の発生条件がある。

  • 1回だけしか起こらない。
  • 1回起こった後はしばらく起こらないが、時間が経過するとまた起こる。
  • 何度でも起こる。

食料1月分は1週間たつとまたもらえるようになるので、しっかりもらっておく。

波止場で馬を買っておく。馬があれば野外エリアを速く移動できる。レベルが低い時のほうが安かったかもしれないが、まあいいだろう。

大陸の港町で占いをしてもらう。期限は今年中。

次は大陸の港町に向かう。波止場で船を買って乗り込み、町の外へ出る。北東へ進み、陸地の隣まできたら北へ向かう。無事に港町へたどりついた。今回はなにもなかったが、船に乗る時は防具を外しておいたほうがいい。

今回は5時間、累計で12時間かかった。