SP大戦略(6)Dragon Fortress

あらためて「Dragon Fortress」に挑戦する。オリジナルの自国は青国だが赤国に変更。生産タイプはソ連からSNG(前回作成した独自の生産タイプ)に変更。敵は青国・イラク(アメリカ1から変更)と黄国・ワルシャワ。

赤国は初期勢力で有利。さらに、中央の都市が密集する島へは道路が通じている。黄国は川を渡河しないと島に行けない。青国は赤国か黄国を打ち負かして上記のルートを通るか、空路を使うしかない。

青国に対しては、こちらから積極的に戦わないようにする。黄国のほうに行ってほしいからだ。味方の損失を押さえて最小の戦力で戦線を維持する。その分の戦力は対黄国へ回す。

黄国に対しては、中央の島方面と島の東側方面の2ルートで進行する。中央の島の都市を占領すれば、一方的に潤沢な航空戦力を用意できるだろう。そうなれば勝敗はほぼ決まる。

中央の島から黄国首都へ向かうには、川を渡河しなければならない。渡河できないユニットもあるので注意する。

今回の設定であれば難しくはなかった。25ターン目にクリアした。熟練度が最も高くなったユニットは、やはり攻撃機だった。

敵生産タイプのイラクは西側と東側の兵器が混在している。ソ連とワルシャワの中間ぐらいの強さだった。

今回は3時間半、累計で13時間かかった。