AD&Dプール(22)ヴァルヒンゲン墓地

次は「ヴァルヒンゲン墓地」へ行く。船でフラン北岸へ渡り、1マス北へ進むと墓地に入れる。

ここはアンデッドの巣窟だ。有効な呪文は、ファイアボールとマジック・ミサイル。

レベルを下げる攻撃をする敵もいる。レストレーション(レベル回復)の巻物は十分手に入り、足りなくなることはない。それでも嫌な気分になるが、割り切るしかない。巻物は事前に僧侶に持たせておいて、戦闘中に使うようにする。そうすれば、少しだが経験値を救える。

偶然の一致かもしれないが、レベルを回復するとHPの最大値も元の値に戻った。

レベルを回復するとHPの最大値は元の値に戻る。何回もそうだったので、偶然の一致ではないようだ。

ランダム戦闘は地域ごとに敵の種類が決まっており、かなりの確率で起こる。リセットを使わないと避けるのは難しいが、倒せばしばらくはいなくなる。もし敵の不意を打つことができたら、積極的に戦うのがいいだろう。

危険が大きい代わりに、建物でのイベント敵からは宝が得られることが多い。戦闘で得られなくても、近くを探すと見つかるかもしれない。

敵の数が残り少なくなってから、スケルトンが恐慌状態になって逃げることがあった。僧侶による退散を別にすると、知性のないアンデッドが逃げるというのは妙だ。昔は疑問に思わなかったのだろうか。それともかつて疑問に思ったことを、すっかり忘れてしまっていたのだろうか。それともめったにない出来事だったのか。

イベント敵には好戦的でない者もいるが、盗賊に役立つ飛び道具を守っている。奪うのは気が引けるが、もらうことにする。ほかのイベントでもそうだが、ふさわしくない選択肢を選んでもアラインメントが変わってしまうことはないようだ。

北東の角を除いて掃討を終えた。十字架のような形の建物で処置をしておく。どうすればいいかは、巻物の文章を読めばわかる。先人と同じことをすればいい。

休息のため、いったん墓地を出る。帰り道にNPCがいるので仲間にする。以下のように改造すれば、忠誠心を得られる。心はないかもしれないが。

まずセーブしておく。フラン西側の荒野からカドルナの織物工場へ入る。すぐ近くに井戸があるので、NPCにはそこへ入って死んでもらう。アニメイト・デッドをかけると、アンデッドとして復活する。残念ながら呪文を使うことはできない。移動力も低いが、盾にはなるだろう。

戻って「ヴァルヒンゲン墓地」の主と対決する。

もう1つは竜骨山脈でのイベントに関係するものだ。このアイテムは強力ではあるが、いまいち使いづらい。

「コボルドの洞窟」で見つけたアイテムがあると、助っ人が登場する。しかし、予想通り全く役に立たなかった。

有効な呪文はマジック・ミサイルだが、ファイアボールを使うのも手だ。敵は強力だが、HPを直接削ってくる能力は大きくない。前列戦士のHPが十分に高いなら、巻き込んでも問題ない。それとここでは、アンデッドに無効なチャーム・パーソンが役に立つ状況があるかもしれない。

主を倒したら近くを調べて宝をもらっておく。主は逃げただけで完全に倒れてはいない。探して再度戦うが強くはない。マジック・ミサイル2発で倒れた。

今回は5時間、累計で46時間半かかった。