SP大戦略(17)Northeast Plain

11番目は後回しとし、12番目のマップ「Northeast Plain」を青国でやってみる。生産タイプはアメリカ1から独自の生産タイプに変更。敵は赤国・ソ連をアメリカ1、緑国・西ドイツを日本、黄国・ワルシャワをスウェーデンに変更。

このマップは中国東北部付近を模しているようだ。青国はハルビン、赤国はウラジオストク、緑国はソウル、黄国は北京付近に位置する。初期勢力は都市数が青:赤:緑:黄=3:6:6:11。青国は他3国とやや接しやすい位置にある。

まずは東にある赤国を攻略する。並行して南や西の都市を占領しておく。赤国は早期に封じ込めれば大きな勢力にならない。山が多いので航空部隊、特に比較的安い攻撃ヘリが有効だ。赤国は緑国からも侵攻されるので、戦闘機などを生産する余裕はないはず。道が狭いので、地上部隊の一部は北側から回り込むとよい。15ターンに赤国首都を占領した。

緑国と黄国は陸路で最短距離をとれば互いに争ってくれるはずだが、序盤はうまくいかなかった。黄国部隊が緑国ではなく、青国に近づいてくる。やはり敵は中立都市よりも、敵国都市や敵国部隊に強く反応するようだ。早期に緑国と黄国の中間にある都市を占領し、衝突を誘発したほうがよかったのだろう。遅ればせながらゲリラ兵を送り込む。ほどなく緑国と黄国が衝突し始めた。

赤国を占領するころには戦況も落ち着いてきた。依然として黄国は大部隊を擁しているが、緑国とも衝突しているので苦しくはなくなった。黄国は資金が潤沢なので航空機を多用してくる。対空部隊を厚めにしておく。

次は緑国を攻略する。赤国方面から海岸沿いに侵攻すれば黄国との間へ割り込む形にはならない。ただし、緑国首都へは大回りになるので地上部隊の増援は早めに送ったほうがいい。緑国も山が多く道が狭いので攻略に時間がかかった。31ターンに緑国首都を占領した。

ここまでくれば先は見えたが、今回は最後までやることにする。41ターンに黄国首都を占領した。

このマップはやりがいがあった。4か国マップで1か国を占領したのにもう十分だと思えないのはめずらしい。

今回は8時間半、累計で86時間半かかった。