SP大戦略(20)MULTI MISSION

14番目のマップ「MULTI MISSION」を青国でやってみる。生産タイプ・イスラエルはフランスに比べればましなようだが、前回懲りたので独自の生産タイプに変更。敵は赤国・ソ連、緑国・アメリカ1、黄国・西ドイツ。

青国は南東、赤国は北東、緑国は北西、黄国は南(青国の西)に位置する。初期勢力は都市数が青:赤:緑:黄=3:16:12:4。黄国を早期に攻略し、強大な赤国&緑国に対抗するのがテーマとなる。

黄国に攻め込むとともに、黄国首都から北東に伸びる半島の都市をヘリを使って占領する。歩兵+ヘリは2組欲しい。黄国もヘリを使ってくるので迎え撃つ用意をしておく。使い終わった輸送ヘリは敵のヘリを妨害するのに役立つ。黄国に戦闘機を生産する余裕はないので、戦闘ヘリも有効だ。

赤国方面にも中立都市はあるが放っておいた。占領するには時間がかかるし、赤国を引き付けやすくもなるからだ。14ターンに黄国首都を占領した。

赤国と緑国は互いにやり合うのに熱心で、しばらくはそれほど青国方面にやってこない。防御に適したポイントにとどまって、まずは戦力を増強する。黄国が弱体化してからの相場は安い。黄国が滅びても、なぜか高くはならないので助かる。敵ユニットが少なくなったスキを突いて進出する。

赤国方面は、まず赤国南西にある島に通じる橋の手前で防御する。赤国南西にある島に進出するのは遅めにする。赤国と緑国が衝突するルートの一つをふさいでしまうからだ。

赤国と緑国が衝突する中央方面も、橋の手前で防御する。もし敵2国の片方が優勢になったら、攻撃機などで叩いておきたい。進出するのは、赤国南西にある島と同時がいい。

緑国方面は海にはさまれた細い道が続いている。ある程度まで都市を占領すると緑国部隊が向かってくるだろう。いったん引いてから個別に撃破する。青国首都からの距離が大きく、増援には時間がかかる。なるべく損害はおさえたい。緑国の航空部隊は強力なので注意する。

赤国と緑国に同時に攻め込むのは難しい。部隊数が足りないので、片方に集中するのがいい。今回は緑国から攻略した。58ターンに緑国首都を占領した。

赤国は攻めにくい。本拠地の手前に都市がないので補充がしづらい。中央方面の部隊の転進を待って一気に攻略する。空港は多いので航空部隊が活躍できる。68ターンに赤国首都を占領した。

今回は12時間半、累計で122時間かかった。