SP大戦略(24)Dragon Fortressアメリカ2

以前挫折したのと同じ設定で「Dragon Fortress」をやってみる。

次のマップは「Dragon Fortress」。自国は青国で、オリジナルの生産タイプはアメリカ1だがアメリカ2に変更。アメリカ1は陸軍+空軍、アメリカ2は海兵隊+艦載機を表しているようだ。敵は赤国・ソ連と黄国・ワルシャワ。

すでに青国でクリアしておりマップの特徴は分かっている。投げ出したくなるほど難しくはなかった。このマップでのアメリカ2の強みはエリート兵が使えることだ。エリート兵は孤立してもすぐには全滅しない。今回は中央の島に2つ送ったが、それに見合う価値はあった。

アメリカ2には弱みもある。地対空ミサイル部隊がない。M163対空砲に頼るしかないが、これが弱い。攻撃機に負けてしまうので消耗が激しい。コストを考えれば相討ち以上の損害を出しても見合うのではあるが、増援を送り続けなければならない。弱いと分かっていても使わざるを得ないのは、フランスでの主力戦車AMX-30に似ている。

独自の生産タイプに比べると苦しく感じるが、同様のパターンで黄国を攻略できた。23ターンに黄国首都を確保した。あと2ターンで占領できるだろう。この時点で都市数は青:赤:黄=13:30:7、部隊数は青:赤:黄=33:43:11。まだ苦労は続くだろうが、アメリカ2でも十分にクリアできると確信できたので中断する。

今回は3時間、累計で133時間かかった。