MMDOX(7)下水道

下水道へ降りる。たぶん泳ぎ手技能がないと進めないので、キャッスルビューの町などで習得しておく。入り口はいくつかあり、キャッスルビュー(30,18)付近から降りるとストーリー上は自然だが、他を選んでもかまわない。

ここには気持ち悪い敵がいる。しかも突然現れることがあるのでさらに嫌悪感が強くなる。COXの敵は静止画だったが、DOXではMM3のようにアニメーションすることも大きい。もっともMM3のカマキリに比べればたいしたことはない。

ここにいるカマキリはグラフィックが生理的に嫌だ。このゲームにはクモや毛虫も登場する。それらは平気だがカマキリだけはぎょっとする。見通しの悪い森で突然出くわすと心臓に悪い。

ちなみに slug とはナメクジのことだ。筆者の感覚では、なじみのない英単語は英語発音のままカタカナにするよりも、日本語に訳したほうがいいと思う。

下水道は迷路になっている。左手法とオートマップを使えばさほど問題ない。左手法がそのまま通用しない箇所はこうする。ある地上への出入り口から左手法で出発したところ、同じ地点に戻ってしまった。戻ったらその場所に仮想の壁があると思えばいい。すると引き返すことになり全てを探索できるはずだ。すくなくとも下水道はこれで攻略できる。

下水道のボスは知らないうちに倒したらしく、明確には気づかなかった。アイテムをドロップした敵がいたので、それかもしれない。飛び道具だけで倒したので敵の名称が分からなかったのだろう。

能力値を上げる液体の入った樽を10個見つけた。下水道を全て攻略した後に、まとめて手をつけたほうがいいだろう。状態異常の罠をともなうからだ。今の段階では寺院で治療するしかないが、一部の能力強化が外れてしまうので再強化に手間がかかる。

方向感覚のスキルを売っていたが高く感じた。COXの世界にもあるはずなので今は見送る。

宝箱が一つ残った。キャッスルビュー同様に当面は放っておく。

下水道を攻略するとキャッスルビューの塔へ入れるようになった。しかし塔はまだ危険な気がするので、いったんCOXの世界へ戻る。

今回は1時間半、累計で5時間かかった。