ウィズ6BCF(8)城#4

強敵(ヘビ)のいた場所はあくまでも城1階メインなので、出てくるランダム敵はたいしたことがない。安全に休息できる。

危険地帯

この段階での経験値を稼ぐいい場所へ行く。

城地下1階の四隅には、城1階へ通じる上り階段がある。うちひとつの近くにはドアと下り階段がある。ドアを進むと別の上り階段と鉄格子がある。

階段を下りたところは、経験値稼ぎをした場所の鉄格子の先にある。出てくる敵も同じだ。まずは「危険地帯」を探索する。左手法を使えば、マップを書かなくても攻略しやすい。

“つるはし”と鍵2つを見つけた。”つるはし”を近くで使うと道が開けるが、また通れない場所にでる。ここは別のキーアイテムを手に入れてから訪れる。

危険地帯の手前に戻って鍵の一つを使う。牢屋を探すと”死者の日誌”を読めるアイテムが見つかる。城地下1階メインへも戻れるようになった。

鐘楼

城2階メインの上にある鐘楼へ行く。もうひとつの鍵を使う。ここでは”重いロープ”が手に入る。危険地帯の先へ進むのに役立つのだが、これだけでは足りない。

船長

ル・モンテスからもらった鍵は城地下1階の部屋で使うはずだが、合言葉が分からないと入れない。

クイークエグが知りたがっている宝箱のありかは、”死者の日誌”に書いてあった。教えると合言葉が手に入る。では、クイークエグを殺してしまったらどうなるのか? やはり合言葉は手に入る。しかも宝箱をクイークエグに横取りされないですむ。ただしクイークエグを店として利用することはできなくなる。宝箱のアイテムはまずまずだが、ゲームが進行すればたいしたものではない。生かしておくことにする。それと”神秘の油”を買っておく。

船長のねぐらへ入る。もう一度言うが、合言葉などのキーワードはひらがなで答えるのが無難だ。

飲み比べには意味がない。どうせ後で戦うことになるので、「せんとう」を選ぶ。

セリフとは裏腹に敵は一人しかいなかった。たいていは取り巻きがいるのだが、たまにこういうこともある。「ブラインディング・フラッシュ」は効かなかったが、一人ならたいした敵ではない。

部屋を調べるとアイテムなどが見つかる。うちひとつを”重いロープ”と組み合わせると、危険地帯の先へ進めるキーアイテムになる。


先へ進む前にレベルを上げておく。危険地帯の敵はもう脅威ではないので、難易度を「普通」に変えてキャラクターを鍛える。全員レベル8になった。

城・危険地帯・クリア

危険地帯の先には強敵がいる。いきなり5人が眠らされて、一人死亡してしまう。見込みもないのでリセットした。

先手を打たれて眠らされてはなすすべがない。ヘビに比べれば苦労した覚えはなかったのだが、どういうことなのか。

難易度を「普通」のままにしておいたことに気づいた。「易しい」にしてもう一度挑戦する。

今度は勝つことができた。1回目の強敵は2体だったが、2回目は1体のみ。眠らされたのは2人ですんだ。やはり難易度は、量だけでなく質にも影響があると思う。


今回の全滅などによるリロードは1回、累計では8回だった。

今回は2時間、累計で17時間半かかった。