ブランディシュ2(1)ゲームの紹介と昔の話

「ブランディシュ2」をやってみる。アクションRPGだが、前作の「ブランディシュ」(無印)とくらべると難しくなった。それでも難しすぎるということはない。

無印とくらべてボリュームは大幅にアップした。両手に盾をかまえることができるなど、システムもすこし変更された。

後半の敵はボスだけでなくザコも強いので気が抜けない。無印の感覚でいると苦戦するが、バリアの魔法などを使えばなんとかなる。

続編ゲームでは前作で使えた技を封じられることが多いが、このゲームにそういうことはあまりなかった。途中から演出に省略を感じたが、トータルでの不満はない。

このゲームは何回かエンディングまでいっている。最初のプレイでは終盤になんどもゲームオーバーになってしまった。それでも自力でクリアできた。今は攻略情報もあるので、あきらめなければほとんどの人がクリアできるはずだ。無印と同じく今でも通用するゲームだと思う。

無印と2のどちらを先にやってみようかと思う人には、無印をすすめる。2をやった後の無印は、質・量ともに物足りない。(本作2に感じる細かい不満のひとつは、2のパッケージにある無印の宣伝文句。2をクリアした後で無印をやるのは遅すぎる。) 無印を楽しめてさらに挑戦したい人に2はぴったりだ。