ポピュラス(32)#494-0クリア

#494:WEAVUSPERT

1つ前の492面のスコアは 181,450 。ところが次は494面で、2つしか進んでいない。バグかと思っていろいろと試す。スコア 131,450 / 138,700 / 188,450 / 200,200 でも次は494面となった。最終面が近いので、調整があるのかもしれない。


494面は砂漠。敵の積極度は平均。初期人口は1:13。自分は火山以外を使える。敵は全ての業を使える。

味方の位置はまずまず。敵の位置は全体としては並み。敵との距離はやや遠い。手動火山を打ち込めるように、できるだけ速く近づく。のが基本だとは思うが、面倒なので沼とリロード技に頼ることにした。

以下は感覚に基づく記述。敵の騎士周辺に沼を作ると、すごい勢いで沼が埋め立てられていく。騎士が踏み込もうとしている沼を一瞬で無効にされる。他の面に比べて速い気がする。最終面近くの特別仕様かもしれない。

うまくいかないなら少し時間を置いてから再度試す。セーブデータを複数用意するのも有効。いつかは沼に落とせるだろう。手動火山・騎士・ハルマゲドンで倒す。スコアは 180,950 。

#0:SHISODING

征服編最初の0面は “GENESIS” だった。今回進んだのも0面だが、面の名前は違う。条件は簡単で “GENESIS” と同じ。同じマップで名前が違うだけらしい。

なにか納得いかないので494面クリア直前をやり直す。ハルマゲドンは起こさない。スコアは 130,950 。やはり次は “SHISODING” となった。よく見ると面クリア後の謎の顔の画面メッセージが他と異なる。征服編をクリアしたらしい。メッセージは見落としたのかもしれないが、0面に戻るというのは記憶にない事象である。

このゲームは自力で最終面クリアまでいっている。高難易度の敵の騎士には苦しい思いをさせられた。今思うと、ちょうどいい挑戦だった。

筆者の昔のメモには、19~186面、6面~180面、195~485面の名前が書かれている。もしかしたら485面で挫折して放っておいたのだろうか。最終面クリアというのも微妙な表現だ。何度も裏技に頼っており、ちょうどいい挑戦ではない。

本当に昔の記憶というのはあてにならない。


一応 “SHISODING” をやってみる。敵はしぶといが勝つのは簡単。スコアは 109,800 。次の面は5面。今回の征服編最初の “GENESIS” と同じ。やはり “GENESIS” と “SHISODING” に違いはない。 “SHISODING” の名前は、征服編を一通りクリアした証かもしれない。

もうすこし続ける。今回撤退した面、昔挫折した面、気になる面をやってみたい。

(3)詰まるまでは、他の攻略情報を見ない。

すこし縛りを緩める。他の攻略情報を参考にするかもしれない。その時は明記する。


今回は1時間半、累計で70時間半かかった。