「ゲーム」カテゴリーアーカイブ

ロードモナーク(5)12~22面

面が進むと、難易度が少しずつ高まってくる。そうは言っても、昔クリアしたゲームなのでたいしたことはない。別の技をいくつか思い出した。

  • 開始直後に橋を作って奇襲する。
  • 大部隊のすぐ隣に柵を作り、大部隊をその柵に向かって移動するように指示する。柵へは移動できないので大部隊は動かない。でも敵は大部隊がいなくなったと判断して移動してくるので、敵を集中させずに確個撃破できる。

22面までクリアして4段(残り日数4万日)になった。この調子なら残り日数の目標はクリアできそうだ。

今回は10時間半、累計で19時間半かかった。

ロードモナーク(4)ゲーム開始

(1)新しいユーザーディスクを使う。
(2)最低でも6段(残り日数6万日)にする。

今回はゼロからの再スタートだ。なのでクリア済みの面はまだない。マップは全部で52面ある。クリアしていない面を飛ばして先に進むことはできないが、クリアした面は何度でも繰り返すことができる。例えば1~5面をクリアした状態では、1~6面をプレイすることができる。

まずは52面全部をクリアすることを目標にする。クリア日数の短縮は後回しだ。と思っていたが、気がつくとクリア日数の短縮をかなり気にしてしまっている。身についた習慣は、なかなか変わらないようだ。

もう15年以上やっていなかったと思う。覚えていることもあるが、忘れていることもある。自国の王で敵国の王を倒すという技は覚えていたが、開始直後に自国の王で敵国を荒らすという技はやっているうちに思い出した。(開始直後は金に余裕があり税率0%でよい。税率0%なら王が城にとどまる必要はない。)

序盤の面は順調に進む。たぶんクリアするだけなら、最後まで苦労せずに進むだろう。11面までクリアした。

ここまでで、9時間ぐらいかかった。

ロードモナーク(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)新しいユーザーディスクを使う。
(2)最低でも6段(残り日数6万日)にする。
(3)できれば残り日数65535ぐらいにして、バグを起こす。
(4)(2)と(3)が困難になるまで、攻略情報は見ない。
(5)セーブ・ロードは自由。

補足する。
(1)以前のスコアを継承せずに新たに始める。

(2)たぶんクリアできると思う。

(3)かつて自力でできたのだから、できるはずだ。あとは気力と時間の問題だろう。

(4)できるだけ自力でやってみる。

(5)スコア向上を目的とするので、これがこのゲームの一般的な感覚だろう。ちなみにセーブデータをロードして前回負けた戦闘をやり直しても、同じ状況であればやはり負ける。このゲームの戦闘の勝敗は偶然に左右されない。戦闘ではなく作戦のやり直しが、セーブ・ロードの目的だ。

ウルティマ4と比べて、あまり書くことがない。プレイ記事も何を書けばよいか迷うが、まずはやってみる。

ロードモナーク(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1991年日本ファルコム製。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・16MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。パッケージではPC-9801VM以降・PC-286/386に対応となっている。ハードディスクは不要。FM音源に対応している。

スーパーファミコン版もあるようだ。(PC-98版との内容の差は不明。) スーパーファミコンのハードについて筆者はよく知らないので、各自で調べてほしい。

プロジェクトEGG(PC-9801などのレトロゲームをWindowsで利用できる)でも配信されている。対応OSについては、各自で調べてほしい。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

ロードモナーク(1)ゲームの紹介と昔の話

「ロードモナーク」(無印)をやってみる。リアルタイムで進行するシミュレーションゲームだ。スピード調整とポーズが自在にできるので、即時判断と器用さは求められない。当時そういう言葉はなかったと思うが、RTS(リアルタイムストラテジー)と言っていいだろう。当然だがゲームの自由度は高い。

RTSの代表スタークラフトと比べてみる。まず対人モードがない。対コンピュータのみだ。 fog of war がない。マップ全体が最初から全て見えている。マウスやキーボードの熟練した早技は要求されない。ユニットの種類は基本的に村・部隊・王の3つしかない。

村からは部隊が自動的に生まれる。この部隊は屯田兵と思えばいい。部隊は新しい村を作る。村を作る余地がなくなったら、敵地に侵攻する。部隊は自動的に判断して行動するが、プレイヤーの指示があればそれに従う。部隊は移動するだけで戦闘とは別にすこしずつ消耗する。

王は通常は城にいる。王が城にいる時は、金を徴収できる。金は村を作ったり、一定以上の強さの部隊を維持するなどに使う。王の戦力は特殊で、国全体の力が強くなるほど強くなる。もし消耗しても城にいればノーコストで戦力が補充される。

各マップのクリア期限日数(このゲームのターン)は一律3200日だ。期限前にクリアできれば、余った日数は次のマップの期限に加算されて繰り越されていく。序盤のマップはあまり考えなくてもクリアできるが、ゲームを進めていくと壁にぶつかる。求められるのは複雑な思考ではなく、発想の転換だ。それができれば最後まで自力でクリアできる。

慣れればクリア自体は難しくない。相手はしょせん昔のコンピュータだ。彼らは進歩することができない。何度でも同じ手に引っ掛かってしまう。でも「貯めた残り日数=このゲームのスコア」を追い求めれば、長いあいだ楽しめる。

スコアの計算にはバグがある。65535ぐらいになると、計算がおかしくなってしまうのだ。ゲーム制作者の想定を超えたケースが続出したようだ。残念であると同時に、このゲームがいいゲームであることを示している。ゲーム制作者の想定を超えてプレイされたということだからだ。すくなくとも筆者は不満を感じなかった。

PC-9801・BASICの日付時刻設定

(MS-DOSではなく)BASICの日時設定と確認方法についてメモしておく。セーブデータの更新日時を正しい値にしたいときに役立つだろう。

日付設定

10    date$=”16/05/14″
run

日付確認

10    print date$
run

時刻設定

10    time$=”23:16:00″
run

時刻確認

10    print time$
run

レトロゲームリストを作った

これからやる予定のレトロゲームリストを作った。数えてみると100を超えている。どこまでできるか分からないが、楽しみながらやっていきたい。

評価についてひとこと。「人生は短い。ゲームはほかにもある。」とコメントしたいゲームもある。でも処分してしまったゲームには触れないで、手元に残っているすこしはましなゲームを酷評するというのは、公正でないと思う。処分してしまったゲームを昔の記憶だけで酷評するというのも、公正でないと思う。だから酷評したいだけのゲームはゲームリストから外して、ほかの人にまかせることにした。

心境に変化があった。ゲームリストでのひとこと評価は辛口にする。

今はほかに2つのゲームを並行してやっている。「モンスターハンター3(トライ)G」と「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」だ。気が向いたら多少は記事を書くかもしれない。

ウルティマ4(20)ゲームを終えて

(9)このゲームの記録やノウハウを、時系列ではなくWiki風にまとめる。

Wiki風とは言えないが、要約記事にした。

始める前に考えていた縛りの一部を外してしまったが、こんなものだろう。面倒が多いゲームを最後までやったのだから、よしとする。

一連の記事を記録するのには、ゲームと同じぐらい時間を使ったように感じる。ほかの攻略サイトやWikiが、ありがたい情報を提供してくれていることに、あらためて気づいた。今までいろいろなゲームで利用させてもらっていた。感謝したい。書く事は読む事に比べて何倍もの労力がかかる。でも書く事によって得られることもある。知ってはいたことだが、やってみてよく分かった。できる範囲で続けていきたい。

面倒な部屋も多いが最終ダンジョンだと思えば許容範囲だ。でも何時間もセーブできないのはつらい。このゲームはダンジョン内ではセーブできないので、アビイスに入ったらクリアまでいかないと無駄足になる。半日かかると思った方がいいだろう。

レトロゲームにはこのような配慮のなさが多い。昔のゲーム制作者が意地悪というよりも、今のゲームがユーザーの声にこたえて洗練されてきたということだろう。でも失われたものもある気がする。レトロゲームには、容赦のなさと裏腹の魅力がある。

いいゲームだった。

ウルティマ4(19)アビイス

(10)最終ダンジョンのアビイスに挑み、謎を解く。(ゲームクリアに必須)

アビイスを探索するには以下の謎を解くことが必要だ。足りていないと無駄足を踏んでしまう。

3つの原理のアイテム・8つの石・8つの徳の理解・3つの原理の理解・3つの部分からなる鍵・言葉(英字3×3=9文字)・1つの公理=最後の答え(英字8文字)

最終ダンジョンのアビイスの入り口は、北岸に謙譲の神殿がある島にある。ムーングロウ付近から船で南に向かおうとしたら、船が無くなっていた。宝箱を開けずに残しすぎると、このようなことが起こる。トリンシック付近のムーンゲートの横に置いた船は無事だったので、これを使う。東に向かうと島が見えてくる。少し南に向かってから1マス分の水路を通って、上陸できる場所がある湾に侵入する。

ここは多数の海賊船に守られている。風向き変更の魔法をうまく使い砲撃戦を避けて接近戦闘を挑む。2回ほど砲撃をうけたが、たいしたことはない。やはり舵輪はなくてもクリア可能なようだ。

近づくと砲撃されて船を壊されてしまった。この海賊船を倒せば船が手に入るはずなのだが陸地に接してこない。壊された船がまだ存在すると認識して移動してこないというバグがあるのだろうか?

断言はできないが、砲撃で壊した船があった場所に敵は移動してこないようだ。

アビイスの入り口は、ほかのダンジョンのように分かりやすくはない。それらしいところでEコマンドを使って、ほかの場所とは違うメッセージが出たら、そこが入り口だ。3つのアイテムを使うと、入れるようになる。

最終ダンジョンでは神秘の武器か魔法の武器でないと、敵にダメージを与えられないようだ。今回初めて知った気がする。それともすっかり忘れていたのだろうか。エンディングまでいったのは最初の1回目だけだったかもしれないという思いをさらに強くした。

最終ダンジョンだけあって戦闘の難易度は高い。このゲームでは戦闘魔法をあまり使わないが、ここでは助けになる。仕掛けのある部屋も多い。ここでも地図表示のアイテムが役に立つ。

面倒な部屋も多いが最終ダンジョンだと思えば許容範囲だ。でも何時間もセーブできないのはつらい。このゲームはダンジョン内ではセーブできないので、アビイスに入ったらクリアまでいかないと無駄足になる。半日かかると思った方がいいだろう。

無事クリアできた。エンディング画面は全く記憶にないものだった。前回見たのは、やはり四半世紀以上前だったのだろう。

今回は4時間、累計で63時間・71810ターンかかってゲームクリアした。

ウルティマ4(18)石探し

(1)石を手に入れる。残りは4つ。 (ゲームクリアに必須)

5つ目の石。 covetous (強欲、貪欲)ダンジョンを探索する。場所はミノックのすぐ南西だ。距離は近いが陸路で行くには山が邪魔をしている。他の陸地からは見えない場所なので、そもそもダンジョンの存在に気づくことが難しい。船を使うよりも、ブリンクの魔法を使うのが手軽だ。地図表示のアイテムを使えば、あまり苦労しないだろう。

このダンジョンは面倒くさい。入り組んでいる部屋が多い。このゲームは8人のキャラクターをそれぞれ1マスずつ動かさなければならない。何も障害物がない部屋であれば、どれかひとつの方向キーを押し続ければいい。でも入り組んでいる部屋では一人ずつ別方向に、上・上・右・上・下・上・下・右などと入力しないといけない。うんざりする。

さらに、仕掛けを解かないと通れない秘密の通路が隠されている部屋も存在する。秘密の通路に気付かなければ、何度も面倒な部屋を通るはめになる。事前に地図表示のアイテムを使えば、この部屋にあるはずの通路が見当たらない、なにか仕掛けがあるなと気づきやすい。

地図表示のアイテムは、階段や石のある場所も示してくれるので助かる。オレンジの石を手に入れた。ダンジョン脱出の魔法を使って早々に立ち去る。

6つ目の石。 wrong (不公平)ダンジョンを探索する。場所はミノックから西方向の対岸の山の裏だ。ここはブリタニア城付近から陸路で続いているので馬を使う。

ここにも秘密の通路が隠されている部屋が存在する。あまり入り組んではいないので、 covetous に比べればましだ。代わりにエネルギーフィールド消去の呪文を何度も使わないと奥へ進めない。ここでは緑の石を手に入れた。

7つ目の石。 shame (恥)ダンジョンを探索する。場所はブリタニア城から西方向。大陸西岸にそそぐ川の源流付近だ。ブリタニア城からの距離は近いが、山に囲まれていて陸路では行けない。ここは covetous 以上にダンジョンの存在に気づくことが難しい。始めてプレイした時は風まかせの乗り物に乗っていて、偶然見つけて驚いた記憶がある。やはり船よりも、ブリンクの魔法を使ったほうがいい。

このダンジョンにも面倒な仕掛けがある。毒沼に踏み込まないと先へ進む道が開かない仕組みになっている。普通は毒沼に踏み込むことはないので、気付かないと詰まってしまう。ここでは紫の石を手に入れた。

8つ目の石。 deceit ダンジョンでは、まだ石を見つけていなかった。 deceit の入り口は遠い孤島なので今回は別ルートで行ってみる。まず dastard ダンジョンの最深レベル8まで行く。このゲームでは最終ダンジョンを除いて、ダンジョンレベル8から祭壇の間を通って、ほかのダンジョンに行くことができる。

祭壇の間は全部で3つ(T、L、C)ある。1つの祭壇の間は4つのダンジョンに通じている。それぞれの祭壇の間では4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部が手に入る。8つの石のうち、どの4つを使うのか? 今読んでいるこの節の中にヒントがある。(でもメモを取っていない場合には、厳しい状況になることに今気づいた。)

dastard から通じる祭壇の間(C)で最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れてから、 shame ダンジョンへ行く。 dastard には1つの祭壇の間(C)しか通じていないが、 shame にはもう1つ別の祭壇の間(T)が通じており、そこを通って deceit へ行く。 deceit では青の石を手に入れた。 shame に通じる祭壇の間(T)に戻り、4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れる。

いったん dastard から地上に戻り、 despise へ向かう。レベル8まで降りてから祭壇の間(L)へ入り、4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れる。これで3つの部分からなる鍵は完成した。

(2)8人全員をレベル8(最高レベル)にする。

デュプレもようやくレベル8になった。あとは最終ダンジョンだけだ。

今回は5時間半、累計で59時間かかった。