「ゲーム」カテゴリーアーカイブ

ロードモナーク(1)ゲームの紹介と昔の話

「ロードモナーク」(無印)をやってみる。リアルタイムで進行するシミュレーションゲームだ。スピード調整とポーズが自在にできるので、即時判断と器用さは求められない。当時そういう言葉はなかったと思うが、RTS(リアルタイムストラテジー)と言っていいだろう。当然だがゲームの自由度は高い。

RTSの代表スタークラフトと比べてみる。まず対人モードがない。対コンピュータのみだ。 fog of war がない。マップ全体が最初から全て見えている。マウスやキーボードの熟練した早技は要求されない。ユニットの種類は基本的に村・部隊・王の3つしかない。

村からは部隊が自動的に生まれる。この部隊は屯田兵と思えばいい。部隊は新しい村を作る。村を作る余地がなくなったら、敵地に侵攻する。部隊は自動的に判断して行動するが、プレイヤーの指示があればそれに従う。部隊は移動するだけで戦闘とは別にすこしずつ消耗する。

王は通常は城にいる。王が城にいる時は、金を徴収できる。金は村を作ったり、一定以上の強さの部隊を維持するなどに使う。王の戦力は特殊で、国全体の力が強くなるほど強くなる。もし消耗しても城にいればノーコストで戦力が補充される。

各マップのクリア期限日数(このゲームのターン)は一律3200日だ。期限前にクリアできれば、余った日数は次のマップの期限に加算されて繰り越されていく。序盤のマップはあまり考えなくてもクリアできるが、ゲームを進めていくと壁にぶつかる。求められるのは複雑な思考ではなく、発想の転換だ。それができれば最後まで自力でクリアできる。

慣れればクリア自体は難しくない。相手はしょせん昔のコンピュータだ。彼らは進歩することができない。何度でも同じ手に引っ掛かってしまう。でも「貯めた残り日数=このゲームのスコア」を追い求めれば、長いあいだ楽しめる。

スコアの計算にはバグがある。65535ぐらいになると、計算がおかしくなってしまうのだ。ゲーム制作者の想定を超えたケースが続出したようだ。残念であると同時に、このゲームがいいゲームであることを示している。ゲーム制作者の想定を超えてプレイされたということだからだ。すくなくとも筆者は不満を感じなかった。

PC-9801・BASICの日付時刻設定

(MS-DOSではなく)BASICの日時設定と確認方法についてメモしておく。セーブデータの更新日時を正しい値にしたいときに役立つだろう。

日付設定

10    date$=”16/05/14″
run

日付確認

10    print date$
run

時刻設定

10    time$=”23:16:00″
run

時刻確認

10    print time$
run

レトロゲームリストを作った

これからやる予定のレトロゲームリストを作った。数えてみると100を超えている。どこまでできるか分からないが、楽しみながらやっていきたい。

評価についてひとこと。「人生は短い。ゲームはほかにもある。」とコメントしたいゲームもある。でも処分してしまったゲームには触れないで、手元に残っているすこしはましなゲームを酷評するというのは、公正でないと思う。処分してしまったゲームを昔の記憶だけで酷評するというのも、公正でないと思う。だから酷評したいだけのゲームはゲームリストから外して、ほかの人にまかせることにした。

心境に変化があった。ゲームリストでのひとこと評価は辛口にする。

今はほかに2つのゲームを並行してやっている。「モンスターハンター3(トライ)G」と「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」だ。気が向いたら多少は記事を書くかもしれない。

ウルティマ4(20)ゲームを終えて

(9)このゲームの記録やノウハウを、時系列ではなくWiki風にまとめる。

Wiki風とは言えないが、要約記事にした。

始める前に考えていた縛りの一部を外してしまったが、こんなものだろう。面倒が多いゲームを最後までやったのだから、よしとする。

一連の記事を記録するのには、ゲームと同じぐらい時間を使ったように感じる。ほかの攻略サイトやWikiが、ありがたい情報を提供してくれていることに、あらためて気づいた。今までいろいろなゲームで利用させてもらっていた。感謝したい。書く事は読む事に比べて何倍もの労力がかかる。でも書く事によって得られることもある。知ってはいたことだが、やってみてよく分かった。できる範囲で続けていきたい。

面倒な部屋も多いが最終ダンジョンだと思えば許容範囲だ。でも何時間もセーブできないのはつらい。このゲームはダンジョン内ではセーブできないので、アビイスに入ったらクリアまでいかないと無駄足になる。半日かかると思った方がいいだろう。

レトロゲームにはこのような配慮のなさが多い。昔のゲーム制作者が意地悪というよりも、今のゲームがユーザーの声にこたえて洗練されてきたということだろう。でも失われたものもある気がする。レトロゲームには、容赦のなさと裏腹の魅力がある。

いいゲームだった。

ウルティマ4(19)アビイス

(10)最終ダンジョンのアビイスに挑み、謎を解く。(ゲームクリアに必須)

アビイスを探索するには以下の謎を解くことが必要だ。足りていないと無駄足を踏んでしまう。

3つの原理のアイテム・8つの石・8つの徳の理解・3つの原理の理解・3つの部分からなる鍵・言葉(英字3×3=9文字)・1つの公理=最後の答え(英字8文字)

最終ダンジョンのアビイスの入り口は、北岸に謙譲の神殿がある島にある。ムーングロウ付近から船で南に向かおうとしたら、船が無くなっていた。宝箱を開けずに残しすぎると、このようなことが起こる。トリンシック付近のムーンゲートの横に置いた船は無事だったので、これを使う。東に向かうと島が見えてくる。少し南に向かってから1マス分の水路を通って、上陸できる場所がある湾に侵入する。

ここは多数の海賊船に守られている。風向き変更の魔法をうまく使い砲撃戦を避けて接近戦闘を挑む。2回ほど砲撃をうけたが、たいしたことはない。やはり舵輪はなくてもクリア可能なようだ。

近づくと砲撃されて船を壊されてしまった。この海賊船を倒せば船が手に入るはずなのだが陸地に接してこない。壊された船がまだ存在すると認識して移動してこないというバグがあるのだろうか?

断言はできないが、砲撃で壊した船があった場所に敵は移動してこないようだ。

アビイスの入り口は、ほかのダンジョンのように分かりやすくはない。それらしいところでEコマンドを使って、ほかの場所とは違うメッセージが出たら、そこが入り口だ。3つのアイテムを使うと、入れるようになる。

最終ダンジョンでは神秘の武器か魔法の武器でないと、敵にダメージを与えられないようだ。今回初めて知った気がする。それともすっかり忘れていたのだろうか。エンディングまでいったのは最初の1回目だけだったかもしれないという思いをさらに強くした。

最終ダンジョンだけあって戦闘の難易度は高い。このゲームでは戦闘魔法をあまり使わないが、ここでは助けになる。仕掛けのある部屋も多い。ここでも地図表示のアイテムが役に立つ。

面倒な部屋も多いが最終ダンジョンだと思えば許容範囲だ。でも何時間もセーブできないのはつらい。このゲームはダンジョン内ではセーブできないので、アビイスに入ったらクリアまでいかないと無駄足になる。半日かかると思った方がいいだろう。

無事クリアできた。エンディング画面は全く記憶にないものだった。前回見たのは、やはり四半世紀以上前だったのだろう。

今回は4時間、累計で63時間・71810ターンかかってゲームクリアした。

ウルティマ4(18)石探し

(1)石を手に入れる。残りは4つ。 (ゲームクリアに必須)

5つ目の石。 covetous (強欲、貪欲)ダンジョンを探索する。場所はミノックのすぐ南西だ。距離は近いが陸路で行くには山が邪魔をしている。他の陸地からは見えない場所なので、そもそもダンジョンの存在に気づくことが難しい。船を使うよりも、ブリンクの魔法を使うのが手軽だ。地図表示のアイテムを使えば、あまり苦労しないだろう。

このダンジョンは面倒くさい。入り組んでいる部屋が多い。このゲームは8人のキャラクターをそれぞれ1マスずつ動かさなければならない。何も障害物がない部屋であれば、どれかひとつの方向キーを押し続ければいい。でも入り組んでいる部屋では一人ずつ別方向に、上・上・右・上・下・上・下・右などと入力しないといけない。うんざりする。

さらに、仕掛けを解かないと通れない秘密の通路が隠されている部屋も存在する。秘密の通路に気付かなければ、何度も面倒な部屋を通るはめになる。事前に地図表示のアイテムを使えば、この部屋にあるはずの通路が見当たらない、なにか仕掛けがあるなと気づきやすい。

地図表示のアイテムは、階段や石のある場所も示してくれるので助かる。オレンジの石を手に入れた。ダンジョン脱出の魔法を使って早々に立ち去る。

6つ目の石。 wrong (不公平)ダンジョンを探索する。場所はミノックから西方向の対岸の山の裏だ。ここはブリタニア城付近から陸路で続いているので馬を使う。

ここにも秘密の通路が隠されている部屋が存在する。あまり入り組んではいないので、 covetous に比べればましだ。代わりにエネルギーフィールド消去の呪文を何度も使わないと奥へ進めない。ここでは緑の石を手に入れた。

7つ目の石。 shame (恥)ダンジョンを探索する。場所はブリタニア城から西方向。大陸西岸にそそぐ川の源流付近だ。ブリタニア城からの距離は近いが、山に囲まれていて陸路では行けない。ここは covetous 以上にダンジョンの存在に気づくことが難しい。始めてプレイした時は風まかせの乗り物に乗っていて、偶然見つけて驚いた記憶がある。やはり船よりも、ブリンクの魔法を使ったほうがいい。

このダンジョンにも面倒な仕掛けがある。毒沼に踏み込まないと先へ進む道が開かない仕組みになっている。普通は毒沼に踏み込むことはないので、気付かないと詰まってしまう。ここでは紫の石を手に入れた。

8つ目の石。 deceit ダンジョンでは、まだ石を見つけていなかった。 deceit の入り口は遠い孤島なので今回は別ルートで行ってみる。まず dastard ダンジョンの最深レベル8まで行く。このゲームでは最終ダンジョンを除いて、ダンジョンレベル8から祭壇の間を通って、ほかのダンジョンに行くことができる。

祭壇の間は全部で3つ(T、L、C)ある。1つの祭壇の間は4つのダンジョンに通じている。それぞれの祭壇の間では4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部が手に入る。8つの石のうち、どの4つを使うのか? 今読んでいるこの節の中にヒントがある。(でもメモを取っていない場合には、厳しい状況になることに今気づいた。)

dastard から通じる祭壇の間(C)で最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れてから、 shame ダンジョンへ行く。 dastard には1つの祭壇の間(C)しか通じていないが、 shame にはもう1つ別の祭壇の間(T)が通じており、そこを通って deceit へ行く。 deceit では青の石を手に入れた。 shame に通じる祭壇の間(T)に戻り、4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れる。

いったん dastard から地上に戻り、 despise へ向かう。レベル8まで降りてから祭壇の間(L)へ入り、4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れる。これで3つの部分からなる鍵は完成した。

(2)8人全員をレベル8(最高レベル)にする。

デュプレもようやくレベル8になった。あとは最終ダンジョンだけだ。

今回は5時間半、累計で59時間かかった。

ウルティマ4(17)心機一転

エンディングまでプレイすることを優先し、縛りをゆるくして再開する。

(7)神秘の武器を手に入れる。

(8)神秘の鎧を手に入れる。

まずは神秘の武器と神秘の鎧を手に入れる。それぞれこのゲームで最高の性能を持っているが、武器のほうは飛び道具ではないので使わないかもしれない。情報はポウの村の領主から手に入る。情報を手に入れる前に8つの徳を究めている必要があるが、それはすでに達成している。場所さえ分かれば、それほど時間はかからない。

(4)マンドレイク探し。

マンドレイクの採取場所にはミノック付近のムーンゲートから馬で行く。ここは沼地なので、あらかじめ怪物を誘導して倒して宝箱を残しておく。このゲームでは宝箱がある場所は、なぜか平地扱いになる。沼地の毒という面倒がなくなるので、ありがたい。一度採取した後にすぐに連続採取することはできない。9コマンドの経過が必要なようだ。怪物がわいてきたら馬に乗ってある程度引き離してから戻ればいい。数をそろえようとすると時間がかかる。

(3)ナイトシェード探し。

ナイトシェードの採取場所にはブリタニア城付近から馬で行く。ナイトシェードも連続採取することはできない。それだけではなく深い森の中なので、マンドレイクよりも面倒くさい。正確な情報なしで自力で探す場合は、なおさらだろう。視界が悪いので怪物が隣に近づいてくるまで分からない。平地と違って森のような険しい地形では、馬に乗っていても怪物を引き離せない場合がある。戦闘を避けるのは難しい。数をそろえようとするとマンドレイク以上に時間がかかる。

(6)各魔法について材料を調合してストックする。

ナイトシェードかマンドレイクを使う調合は20回分、それ以外は90回分を調合してストックする。よく使う魔法だけでなく、ほとんど使うことのない魔法についても行う。これに何の意味があるかというと、たいした意味はない。なんとなくやってみたい。コレクションしておきたい。記録を作っておきたい。そんなところか。人生の作業に意味はないのと同じだ。単調作業を続けている間にそんなことを思った。

ちなみに全部で26種類ある魔法のうち、24種類を超えて調合するとバグが発生する。ステータス画面では24種類までの魔法しか表示されないのだ。表示されていない魔法(YまたはZ)も使うことはできる。でも残り回数が分からなくなる。憶測だが、ゲーム制作者も調合すらしなかった魔法があったのではないだろうか。このバグを避けるには、使わない魔法を調合しなければいい。まあ普通の人には縁のないバグだ。

(5)角笛探し。(もう使うことはないが)

角笛はナイトシェードの採取場所から南に行った先の群島にある。あらかじめブリンクの魔法を多数用意しておく。行きたい島にうまく移動できないことも多い。もしかしたら船を使ったほうがストレスを感じないかもしれない。

角笛は謙譲の神殿の手前で役に立つ。どうせ手に入れるのなら先にしておけばよかったが、すっかり忘れていた。

今回は7時間、累計で53時間半かかった。

ウルティマ4(16)挫折

徳に続いて原理の追求も終わった。まだやり残していることをメモしておく。
(1)石を手に入れる。残りは4つ。 (ゲームクリアに必須)
(2)8人全員をレベル8(最高レベル)にする。
(3)ナイトシェード探し。
(4)マンドレイク探し。
(5)角笛探し。(もう使うことはないが)
(6)各魔法について材料を調合してストックする。
(7)神秘の武器を手に入れる。
(8)神秘の鎧を手に入れる。
(9)このゲームの記録やノウハウを、時系列ではなくWiki風にまとめる。
(10)最終ダンジョンのアビイスに挑み、謎を解く。(ゲームクリアに必須)

(4)マンドレイク探し から始める。マンドレイクがどこで入手できるかは、プレイヤーである筆者は昔の記憶があるので知っている。でもゲーム上のキャラクター達はまだ知らない。まずは情報を入手する必要がある。

城や町や村の魔法使い風のキャラクターに聞いて回る。が、なかなか情報が手に入らない。ついでなので、角笛や神秘の武器・鎧についても聞いて回る。やはり情報が手に入らない。

気がつくと1週間以上このゲームをしていない。モチベーションが落ちてきたのを感じる。最近はダンジョン探索ではなく人に聞いて回るのがメインで、しかも成果がでないことが原因だろう。

本格的にやったPCゲームとしては初めてだったので、思い入れがある。今までに数回エンディングまでいっている。

このゲームを何度もやったことがあるのは間違いないが、もしかしたらエンディングまでいったのは最初の1回目だけだったかもしれない。途中であきらめたというよりも、飽きて気晴らしのつもりで他のゲームに手を出して、気付いてみたら結局やらなくなっていた気がする。なにか筆者の人生に似ている。

疲れた。

あきらめて攻略本と過去に自分で作ったメモを見てもよいことにする。もはや意味がないので、誰にも何も聞いていないのに足元を探してみたらマンドレイクが見つかっても気にしないことにする。自分のメモを記事にするのは問題ないが、攻略本からの転載はできないので、以後の記事は今までよりも曖昧な部分があったり飛躍したりするかもしれない。

今回は2時間半、累計で46時間半かかった。

ウルティマ4(15)原理の追求(2)

次にムーングロウのある島の北にあるライキュームに行く。ここは真実の原理を追及する場所だ。真実の書というアイテムを手に入れる。場所は本がたくさんあるところだ。復活の魔法に必要な材料も知ることができた。

ライキュームには望遠鏡がある。これを使うと城・町・村などの地図を見ることができる。まだ行ったことのない場所があるか探してみるといいだろう。

最後に南の島にあるサーパンツホールドに行く。勇気の原理を追及する場所だ。ムーンゲートはないので船で行く。勇気の鐘と舵輪というアイテムがある場所の情報を手に入れる。また勇気の祭壇の間で使う石の色の情報が手に入った。真実と愛の祭壇の間で使う石の情報は手に入れていないが、勇気の祭壇の間で使う色から類推できるだろう。

舵輪がなくてもゲームクリアはできると思うが、あった方が精神衛生上はいいだろう。舵輪のある場所は地名で示される。地図のどこなのかは「歴史の書・第2章・地理」を読めばわかる。

勇気の鐘を手に入れるには船と六分儀が必要だ。場所はサーパンツホールドの東方だ。ついでなので、がいこつも手に入れておく。どちらも何かありそうな場所なので、情報なしでも分かるかもしれない。

今回は1時間、累計で44時間かかった。

ウルティマ4(14)原理の追求(1)

ロードブリティッシュの側にいる人と話し、以下のキーワードを手に入れる。
原理

原理には真実、愛、勇気の3つがある。まず、ユーの町の西にあるエンパス・アビーへ行き愛の情報を手に入れる。愛のろうそくというアイテムが、湖の村にあるようだ。

慈悲の神殿付近の湖の奥にコーブの村がある。運が良ければ湖に現れた海賊船を倒し、手に入れた船で行くことができる。外海にある船は普通は入れないので、船は湖で手に入れる必要がある。船がなくてもブリンクの魔法で移動できる。その時は地図表示のアイテムが助けになるだろう。

コーブの村ではいろいろな情報が手に入る。ゲーム終盤の謎のヒントが多いようだ。

最初のプレイでは、エンディング直前まで自力でいったが、最後の答え(8文字)が分からなかった。しかたなく攻略本を買って答えを見た。答えは分かったが、なぜその8文字なのか分からない、ノーヒントではどうにもならないではないかと納得できなかった。

今回のプレイで気づいたが英語版であれば、もしかするとこの村で聞く会話の中に最後の答え(8文字)があるかもしれない。書いていなかったが、最後の答え(8文字)は全てアルファベットだ。

目的の愛のろうそくは通り抜けられる壁の奥に隠されている。また転送門の魔法に必要な材料も知ることができた。徳の完成後にさらに瞑想を3回したほうがよい、という情報も手に入れた。

ほかの原理の追求の前に、崇高な心以外の神殿へ行って瞑想を3回しておく。3つの原理に対応するアイテムをどこで使うかの情報が分かった。黒い石の情報も手に入れた。(黒い石はすでに手に入れてある。目の前に現れたので思わず昔の記憶を使って手に入れてしまっていた。)

先に白い石を手に入れておく。あらかじめ以下の用意をしておく。準備が足りないと痛い目にあうだろう。
魔法の鍵
ダンジョン脱出の魔法
風向き変更の魔法(大量)
十分な食料

ブリタニア城の隠された通路を通って城1階裏に行き、階段からヒスロス(入った時の英語表記は hylothe となっている。)のダンジョンに降りる。ヒスロスに入ると今降りてきたはずの階段が無くなっているので、奥へ進んで別の出口を見つけるしかない。でもダンジョン脱出の魔法があればすぐに出られる。するとブリタニア城とは違う場所に出る。そこにある風まかせの乗り物を使って白い石を手に入れる。

ここはアクション性が問われるところに思えるかもしれない。でも方向転換したい時に一度乗り物を止めてから風向き変更の魔法を使えばいいだけだ。さほど苦労せずに白い石を手に入れた。

今回は3時間半、累計で43時間かかった。