「ジャンル・RPG」カテゴリーアーカイブ

ブルトンレイ(4)魔導士デミトル

最初のシナリオは1回クリアした後、新しいレベル1キャラクターでもう一度やり直した。理由はアイテムなどの情報を、できる範囲で調べておこうと思い直したから。記事は1回目と2回目の内容を合わせている。

このゲームにはセーブディスクが残っていた。キャラクターの名前から判断すると、前回やったのは15年以上前のようだ。

シナリオは7本あり、それぞれ独立している。プレイヤーキャラクターはシナリオごとに5人用意されているが、クリア済みのシナリオから転送することもできる。転送の際はレベルだけでなくアイテムも保持される。バランスはあまり問題ない。

1本目のシナリオなので新しいキャラクターを作る。2回目のキャラクターは、ボーナス値を全て体力に振って、体力17・魔力16・力強さ6・器用さ13・魅力16・敏捷さ16・知性16・精神力10・回復力4とした。このキャラクターは生存率に不安があるのだが、それもまた一興だろう。

行方不明になった領主の孫娘

このゲームは古い。各イベントシーンでのオリジナルグラフィックは最小限。使い回しのグラフィックによる演出が多い。しかし、この演出が優れており能を連想した。資源は少なくても、工夫すれば多彩な表現ができることを実証している。この技術が失われたとすれば残念だ。

このシナリオでは、最初の町で戦闘は起こらない。すべての人に話しかけるようにすれば、自然と情報が得られてゲームも進行する。最初は丸腰だが装備も手に入る。2つある暗い部屋の片方で明かりをつけて探せば、キーアイテムが見つかる。

再度町の人すべてに話しかけるようにする。占い師のヒントはメモしておいたほうがいい。買い物はすぐ買わずに保留して、奥へ進んだ後に買ったほうがいいだろう。道具は体力回復薬と松明を買っておく。

ゼナを仲間にした。ゼナの体格はM。体格は装備に関係するが、このシナリオではあまり気にしなくていい。基本的に仲間になりたいと言われたら、そのまま受けていい。酒場で酒をねだられたら、おごっておく。ゼナの装備を整えて、ようやく町の外へ出る。


戦闘などのシステムは「ティル・ナ・ノーグ」に似ているが、難易度は高くない。

1回目のプレイではレベル1の段階で、プレイヤーキャラクターが1回、ゼナが2回死亡してしまった。仲間は死亡しても助けることができる。その場で体が残っていれば生命の水を使い、間に合わなくても町でなんとかなるはず。しかし、プレイヤーキャラクターが死亡するとゲームオーバーになってしまう。

今回のレベル1キャラクターはぜい弱だ。一撃は耐えられても、もう一回食らったら死亡してしまうかもしれない。しかし、「ティル・ナ・ノーグ」に比べればたいしたことではない。レベル2への必要経験値は少なく、苦労は最初だけ。

経験値稼ぎはこうすればいい。これは強くなった状態でも応用できる。下記で1・2・3・4は稼ぎに使うエリア。xは無関係のエリア。上が北。

xxx
x21x
x34x
xxxx

夜は視界が悪いので、暗くなり始めたら安全地帯に引き返す。間に合わないなら明かりを使う。敵が出るまで以下を繰り返す。

  • 1エリアの南西端から2エリアに入る。
  • 2エリアの南東端から3エリアに入る。
  • 3エリアの北東端から4エリアに入る。
  • 4エリアの北西端から1エリアに入る。
  • 最初に戻る。

一番弱い敵は、ラージスパイダー。最初は少数のラージスパイダーだけをねらう。そうでない場合は危ないので、2回エリア移動する。そうすれば敵は消える。よほど運が悪くない限り、逃げられるはず。一番弱い敵であってもダメージを受けることはあるので、まだオート戦闘はやめておく。

レベル2になれば能力値が段違いにアップする。オート戦闘でもだいじょうぶだ。たまにダメージを受けることはあるので、その時は回復しておく。もしプレイヤーキャラクターの魔法の覚えが遅いなら、その分体力があるので安全地帯までもつはず。道具を使ってもいい。仲間の魔法は偶然に左右されるので、期待はできるが最後の手段になる。

レベルアップ時に現在の体力と魔力は上昇しない。疲労の概念もあるので長旅を続けるためには、安全地帯(できれば宿屋など)での休息・魔法による回復・アイテムによる回復が必要になる。


町から西に向かうと、まず安全地帯のオアシスがある。次は宿屋。その次は金鉱。情報を手に入れていれば全マップを踏破する必要はない。ただ、全て踏破すればアイテムが手に入ることもある。野外でもダンジョンでも、金鉱地帯の行き止まりには金塊のあることが多い。全部で6つあった。

ここまでに野外では「毒よけの盾」を手に入れた。多分ダンジョンだったと思うのだが、武器の「パルシーロッド」も手に入った。お金に余裕ができたので、町の武器屋で「しびれの牙」を買う。この先にはもう一人仲間がいるので、手ごろな鎧と盾も買っておく。むしろ重い防具はよくないだろう。

装備システムは独特で、各装備には必要とする能力値が決められている。力強さのない者に力強さを必要とする武器を与えても、あまり攻撃力は上がらない。逆にそういうキャラクターへ敏捷さや器用さを必要とする武器を与えると、かなりの攻撃力を持ったりする。ダガーよりロングソードがいいとは限らないというわけだ。この仕様は防具についても同じ。装備は武器屋で鑑定してもらうのが一番いいが、実際に装備して確認すれば見当はつく。


町から南へ進む。もしマッドベアーがいたら東に行き過ぎている。まず野外にいるNPCに会う必要がある。夜は気づけないかもしれないので明かりを使っておくといい。

ガウェインを仲間にした。体格はS。ガウェインの体力はぜい弱すぎる。2回目のプレイではレベル4でも20しかなかった。レベルアップ時にリロードしたほうがよかったかもしれないが、気づいた時には遅かった。

ユニコーンの長を探す。行き止まりのエリアにいた。次はラスボスの居場所に乗り込むところだが、今回は情報調査のために、マップ踏破と金稼ぎをする。マッドベアーは強そうだが、レベル4ならだいじょうぶだろう。金稼ぎはオアシス付近で行った。レベルが上がると、弱い敵からの経験値は打ち止めになる。しかし、得られる金は減らない。

1回目のプレイでは砂漠のラージスパイダーだったはずだが、「青い水」というようなアイテムを落とした。体力か魔力か疲労を回復するアイテムだったはず。特定の場所なら手に入るのか、確率で手に入るのかは不明。たいしたアイテムではないので、2回目はあきらめた。


ラスボスのいる塔の手前南東付近にNPCがいる。会うのは必須ではないようだが、安全地帯でもあるので利用しておく。

ラスボス直前の階段エリアは、町で聞いたヒントを思い出せばいい。そうでなくてもオートマップを利用すれば難しくはない。

ラスボスは強い。1回目のプレイではレベル5で挑み、勝つことはできたがガウェインが死亡してしまった。2回目はレベル6で挑む。全体魔法を食らったが、一撃は耐えることができた。ゼナの攻撃によるマヒが効いたこともあり、死亡者は出なかった。

強敵に出くわしたら、いったん逃げて態勢を整えてからにするのも有効だ。体力と疲労を回復し、行動速度を最大にし、仲間が近づいている状態で再突入するといい。今回は使わなかったが、道具屋で売っている攻撃魔法アイテムも有効かもしれない。

ラスボスは倒されてからのセリフが長い。本作に限らずゲームではよくあることだ。セリフではない心情表現という、小説にありがちな逃げの手が使えないのでやむを得ない。

クレアを助けても、ゼナがエリアに入らないとイベントは進行しないようだ。もしゼナが死亡してしまったら、町まで戻らないといけないかもしれない(未検証)。ガウェインは死亡したままでもエンディングで生き返る。1本目のシナリオをクリアした。


アイテム情報はある程度調べたが、全部書くのは面倒くさい。どう書くかは後で考える。


最初の準備なども含めて1回目はクリアまでに4時間、2回目は4時間かかった。

ブルトンレイ(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1989年システムソフト製。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・20MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。

PC-9801E~VM~RA・RX、PC98-DOなどに対応となっているが、ほかの386マシンでもたぶん問題ない。1MBのFDD×2が必要。メモリは640KB必要。2.11~3.30AのMS-DOSが必要(以降のバージョンは説明書に記述なし)。アナログディスプレイが必要。ハードディスクは不要。FM音源に対応している。

このゲームは外付けのフロッピーディスクドライブでも動作するはず。

プロジェクトEGG(PC-9801などのレトロゲームをWindowsで利用できる)でも配信されている。対応OSについては、各自で調べてほしい。ただし、追加シナリオの「ブルトン・レイ・シナリオ集」をプレイするには、本作も含めてレトロ環境を用意するしかない。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』




ブルトンレイ(1)ゲームの紹介と昔の話

「ブルトン・レイ」をやってみる。RPGでアクション性はない。

ゲームの自由度は高くない。シナリオはだいたい一本道。ゲーム進行に応じて、~へ行ってきてほしい、~を取ってきてほしい、~を倒してほしいといった依頼をこなしていきクリアする。NPCの会話をよく聞いていれば詰まることはないだろう。

各シナリオのマップは広くて面倒くさいが、オート移動の機能があるので挫折することはないはず。

戦闘などのシステムは「ティル・ナ・ノーグ」に似ているが、難易度は高くない。戦闘にもオート機能がある。強い敵には手動で対応すればいい。手に入るアイテムは割と多彩。

このゲームは何回か全てのシナリオをクリアしている。あまり大きくうたってはいないのだが、テーブルトークRPGの香りを感じられる。かつ、コンピューターゲームとしても楽しめる。




ウィズ6BCF(33)クリア後#1

(2)全キャラクターの全ての魔法・スキルを鍛え上げる。レベル上昇時のスキルポイントが余ってしまい割り振れなくなるバグについては、セーブデータを修正して対応する。

クリア後に5人が2回ずつ転職し、キャラクターは以下のようになった。呪文はクリア前の時点で全て覚えている。スキルは今回全員がバードを経験したことで、全員全てが1以上となった。バグ対策として、あまり使わない一部のスキルは1以上あればよしとする。なので上記の目標はほぼクリアした。

  • ティン ヴァルキリー→バード→ロード・レベル17
  • エリディン レンジャー→忍者→侍・レベル16
  • カリナ ヴァルキリー→修道僧→忍者・レベル19
  • プラム バード→レベル37
  • エレン 修道僧→ロード→僧侶・レベル15
  • マイラ 侍→バード→魔法使い・レベル16

2回転職したのは、覚えていないスキルを得る他にも理由がある。転職後は転職直前のレベルに達するまでの間、レベルアップ時のHP上昇幅が1にとどまる。高レベルから最終職業へ転職する際は、適当なつなぎの職業があれば経由したほうがいい。

例えば僧侶に転職したい場合、ロードの条件を満たしているなら経由したほうが得になる。ロードの条件は僧侶の条件を包含しているので、ロードへの転職後に僧侶へ即再転職できる。もっともすでにHPはふんだんにあるので、このようなことは気にしなくてもいい。


転職直後は高レベルではなくなる。いきなり寺院の奥へ進むのは危険だ。4番目までの敵を周回する。ここまでなら致命的なことはほとんどない。代わりに時間はかかる。

ほとんどないとは言っても、ゼロではない。サイオニックブラストを食らって発狂したキャラクターが、味方をクリティカルで倒してしまった。リロードする。

どうせリロードするならと思い、奥へ進む。プラム以外の平均レベルは15。これくらいならプリースト・オブ・ラムも高確率で被害なしに倒せる。

今回の目標には掲げなかったが、やはりアイテムは集めておきたい。これはどれだけ時間がかかるか見当もつかない。今後も他のゲームと並行して進める。


今回の全滅などによるリロードは1回(レベルアップ時のリロードは除く)、累計では18回だった。

今回は14時間半、累計で167時間半かかった。

ウィズ6BCF(32)寺院#3

森に戻り壊れた船と真実の岩で、対ラスボス用武器を回収する。ラスボスにはほとんどの武器が通用しないので必須だ。

もしここまでに「聖水」を手に入れていれば、それも通用する。また、「聖水」と同様のアイテムが、修道僧用のアイテムと一緒に森の中に隠されている

NPCからもニンニクを買っておく。1つしか売っていないように見えるが、いったん離れて再度NPCに会えば、また売ってくれる。この装飾品を使うのは初めてのはず。なので効果は不明。

攻略本のアイテム情報の参照を解禁した。理由は、アイテム枠の圧迫を解消する際に、どのアイテムをあきらめるかを決めるため。アイデンティファイの呪文を何度も使うのは、面倒くさい。


滞留呪文による裏技を使わないこともあり、「難しい」は厳しすぎると判断した。難易度「普通」で挑戦する。「ドラキュラ」と「レベッカ」は一人ずつ。

隠れずに攻撃を始める。ところが全くダメージを与えられない。油断してしまった。ここでは、まず妃からもらったアイテムを使わなければならない。しかし、バッグの中に入っていてどうしようもない。リロードしてやり直したが、実はバッグから取り出すコマンドはあった。今、説明書を読んで気づいた。


最初のラウンドに前衛は攻撃、もしくは妃からもらったアイテムを使う。後衛は隠れる。「聖水」などは数に限りがあるので、空振りするともったいない。敵は催眠術を使ってこなかった。ニンニクの効果かもしれない。

ニンニクはかなり有効なアイテムのようだ。直接攻撃でダメージを受けても、ヒットポイントドレインが起こらない。運がよかっただけかもしれないが、一撃で葬る呪文も使ってこなかった。さほど苦労せずに倒せた。これなら難易度「難しい」でも、よかったかもしれない。でも、もう十分だろう。

これでゲームクリアとなったが、レベル上げとアイテム集めはまだまだ続く。今後は他のゲームと並行して進めることにする。また、攻略本を全面的に解禁する。


今回の全滅などによるリロードは1回、累計では17回だった。

今回は2時間、累計で153時間かかった。

ウィズ6BCF(31)寺院#2

寺院のボスを倒すかどうか迷ったが、後回しにした。いったん森に戻って、ラスボス戦用のアイテムを持ってくる必要がある。

王はこの時点では無敵であり、倒すことはできない。痛いがすこしダメージを受けてから立ち去るのを待つしかない。と記憶していたのだが、倒せるかもしれないことに気づいた。

方針を考えなおした。ラスボス戦用のアイテムなしでラスボスを倒してみたい。処分できない重要アイテムを手に入れないことで、アイテム枠に余裕ができるというメリットもある。

今回のプリースト・オブ・ラムとの遭遇は2回。6人全員でサイレンスをかけて一撃呪文を封じることができた。サイレンスが効く確率は30~50%ぐらいのようだ。攻略本ではそうなっていないが、キャラクターレベルによって補正がかかるはず。前回一人だけサイレンスを唱えて敵4体中3体に効いたのは、運がよかっただけで作戦ミスだった。


ここまで難易度「易しい」としてきたが、「難しい」で「*ゾーフィタス*」に挑戦してみる。死者の殿堂にいた守護者と同様に、「*ゾーフィタス*」は二人でてきた。グレーターデーモンは4体。

まず全員隠れる。一人が失敗してしまう。敵は全て火系の呪文を操ってくる。HPの半分ぐらいを失ったが、2ラウンド目に隠れることができた。味方のヒール・ウーンズの支援があるので、危なげはない。グレーターデーモンにはアストラル・ゲートで攻撃し、「*ゾーフィタス*」二人はサイレンスで封じる。たいしたことはなかった。

今回のパーティは全員が隠れることができて、全ての呪文を使える。レベルも17~25と高い。そうでない時はどうするか。アストラル・ゲートに加えて、ファイヤー・シールドが役に立つはず。他には、サイレンス、ピューリファイ・エア、アンチ・マジック。


「*ゾーフィタス*」を倒した後に正しく回答しないと、ゲームオーバーになる。「ひらがな5文字・ひらがな4文字」で答えれば問題ない。「・」は必須だったはず。カタカナで答えるとどうなるのか、そもそも試したことがあったのか、もう覚えていない。しかし他の例もあるので、ひらがなで答えるのが無難だ。

「*ゾーフィタス*」のいまわの言葉は、ラスボスの居場所のヒントになっている。わからないとハマってしまうが、ウィザード・アイの呪文で見破れる。

乗り込む前にセーブデータをコピーしておく。理由はハマりを避けるため。すぐ気づいたが、ここではハマりの心配はない。ただ、結果的には役立った。


「ドラキュラ」と「レベッカ」も二人ずつ出てきた。難易度「難しい」はそうなるのだろう。ここは厳しい。まず全員で隠れようとするのだが、なかなかうまくいかない。先に催眠術をかけられてしまうと、そのキャラクターはまず助からない。いつかは一撃呪文で倒されてしまうだろう。4回リロードした。

5回目は先に全員隠れることができた。滞留するタイプの呪文で攻撃する。パーティのスペルポイントはふんだんにあり、1000以上も珍しくない。スペルポイント表示は下3桁だが、機能はする。いったん隠れてしまえば、時間の問題だ。とは言え、リロードを抜きにしても30分ぐらいかかった。


ラスボスの先にある暗号は、王の持っていた指輪を城で手に入れた本に使えば分かる。コズミック・フォージにたどり着いた。しかし、どうなるかは分かっているので放っておく。

ラスボス戦用のアイテムなしでラスボスを倒したことに、疑問がわいてきた。今回が最後である。これでいいのだろうか。ラスボス戦前のセーブデータに戻ってやり直すことにした。


今回の全滅などによるリロードは4回、累計では16回だった。

今回は2時間、累計で151時間かかった。

ウィズ6BCF(30)寺院#1

次のエリアへ行こうとしたら、また敵がわいて出てきた。キーアイテムはすでに持っているはずだが、装備しないといけないようだ。

暗闇の森で手に入れたアイテムを装備して寺院の入り口へ行く。ところが、まだ敵が出てくる。ここで装備するべきなのは、城で手に入れていた別のアイテムだった。

暗闇の森で手に入れたアイテムは寺院に入った直後に使う。本来であれば通れない場所を、装備していれば通ることができる。このアイテムは後衛用のまずまず強力な武器だが、装備しているとHPを消耗する。HP回復のアイテムと併用できるまで、普段は外しておく。


終盤の寺院の鍵ふたつについて、セーブデータを修正して複製する。

鍵一つに対して、鉄格子が二つある。どちらかしか開けることはできない。鍵を複製して二つにしたのだが、やはり一つしか開けられなかった。たぶん、イベントフラグもあるのだろう。そこまで修正するのは、不測の事態が起きやすくなりハードルが高い。あきらめることにした。

開ける鉄格子は左側を選んだ。選ぶ方向によって敵の傾向がすこし変わる。どちらを選んでも大差はないと思うが、正確なところは不明。この手の仕様は気に入らない。もう片方を体験したければ、最初から丸々やり直さなければならない。小手先の違いだけでボリュームを水増しされたら、反感あるのみだ。

それなりの違いがあるなら理解できる。例えば「ダイナソア(無印)」の表シナリオと裏シナリオは、2回やる意味を感じられる。そうであれば、やらされ感はない。

ゲーム制作者にも限界はあるだろう。すべてに手を抜くなとは言わない。それでは利を求める集団は続かないはず。しかし、プレイヤーを納得させる努力を放棄してはいけない。プレイヤーの立場になって考えるのは、そんなにも難しいのだろうか。


寺院の敵はラスボスなどを別にすれば、このゲームでの最強クラス。特にプリースト・オブ・ラムが強い。今回は一度出くわした。HPは高く、呪文は効きづらく、一撃で葬る呪文を操る。ただ、パーティはすでにかなり強力だ。味方一人のサイレンスの呪文が、敵4体中3体に効いた。残り1体の一撃呪文には抵抗できた。

寺院のボスを倒すかどうか迷ったが、後回しにした。いったん森に戻って、ラスボス戦用のアイテムを持ってくる必要がある。


今回の全滅などによるリロードは0回、累計では12回だった。

今回は2時間、累計で149時間かかった。

ウィズ6BCF(29)森#3

まず、暗闇の森を探索する。かなり広い(と感じられる)ダークゾーンにうんざりするが、左手法で攻略できた。重要ポイントは二つ。一つはNPCで、情報と重要アイテムが手に入る。ただし取引するためには別の重要情報が必要なので、後で再訪する。もう一つは、その重要情報を得るために必要なアイテムが入った宝箱。


壊れた船の中ではラスボス戦用の重要アイテムが3つ手に入る。ところがアイテムの空き枠が2つしかなかったので、ハマってしまった。すべてのスキルが100に達したときの動作と同様の事象だ。リロードして後回しにする。これはバグなので、全滅などのリロード回数としては数えない。

レベル上げに関してはバグがある。ログイン誌でも言及されていたが、全てのスキルが上限100に達すると、レベル上昇時のスキルポイントが余ってしまって割り振れなくなり、キャラクターステータス画面から抜け出せなくなる(フリーズではないがそれに近い)。キャラクターを際限なく鍛えるのがウィザードリィの魅力のひとつなので、これはまずい。

「真実の岩」でもラスボス戦用の重要アイテムが手に入るはずだが、後回しにする。理由は壊れた船と同じ。

両側を壁に挟まれている通路で、片方の壁に隠しボタンのある場所がある。探すと修道僧用のアイテムとラスボス戦用のアイテムが手に入る。


鉄格子の先の通路は、ゲーム開始時にいた城につながっている。鍵はラスボスを倒さないと手に入らない。つまり、倒すまでは戻れない。

ダークゾーンの先にあった宝箱のアイテムをしかるべき場所で使うと、NPCと遭遇する。たどり着くまでに何度もメッセージが表示されるので、場所の見当はつくだろう。

このNPCはたちが悪い。アイテムを売っても、ろくな金にならない。しかし、他に店はないので使わざるを得ない。ゲームバランス上でそういう仕様にしたのだろうが、腹が立つ。さらに別の問題もある。

このNPCは冒頭にかかげた、別のNPCと取引するための重要情報を知っている。しかし、すぐには教えてくれない。普通は「ABC」について聞きたければ、「ABC」と入力すればいい。ところがこのNPCには、なぜかこの聞き方では足りない。「ABC おしえろ」などと、する必要がある。説明書を調べてみたが、わかるようなヒントはなかった。黒い画面のウィザードリィ並みの理不尽だ。その割に苦労した記憶はないので、たぶん昔は攻略本べったりだったのだろう。


暗闇の森に戻って取引する。支払いをすると答えると、一方的に有り金全部を持っていかれる。またしても腹立たしいが、これ以降に金は十分手に入る。

地上に出たすぐ近くに鉄格子がある。鉄格子の前でここを通るキーアイテムを持っていないと、戦闘になる。敵はHPと防御力はそれなりにあるものの、攻撃力はほとんどない。一方で、経験値はそれなりにもらえる。キーアイテムを持ってくるまでは、敵は永久にわいて出る。つまり、ここはおいしい。

次のエリアへ行こうとしたら、また敵がわいて出てきた。キーアイテムはすでに持っているはずだが、装備しないといけないようだ。


今回の全滅などによるリロードは0回、累計では12回だった。

今回は2時間、累計で147時間かかった。

ウィズ6BCF(28)森#2

またしばらくは経験値稼ぎをする。敵が必ず出てくるので効率はいいが、間違いなく飽きるだろう。

少しずつ進めていたが、それでも飽きてくる。すこし周囲も偵察してみた。他のエリアでもそうだったが、初めて踏み込んだ時に確定で敵に遭遇する場所が設定されているようだ。本格的な探索の前に、すこしでも敵を減らしておいた。


キャラクターは以下のようになった。ティンとマイラ以外は、全ての呪文を覚えた。二人も時間の問題だ。そろそろ探索を始める。

  • ティン ヴァルキリー→レベル21
  • エリディン レンジャー→レベル15
  • カリナ ヴァルキリー→レベル22
  • プラム バード→レベル17
  • エレン 修道僧→レベル16
  • マイラ 侍→レベル16

今回の全滅などによるリロードは0回、累計では12回だった。

今回は8時間半、累計で145時間かかった。