「ジャンル・RPG」カテゴリーアーカイブ

MM3(6)ベイウォッチ(1)

ファウンテン・ヘッドの後はどこへ行ったらよいのか。次はここに行けという明白なものはない。酒場の情報・町の壁の情報・ダンジョンの壁の情報・クリア後に町の泉で得られる情報にそれらしいものもあるが、はっきりはしない。ファウンテン・ヘッドのあるA1エリア(町の外の野外エリアにはA1~F4の名前が付いている)に、ダンジョンを見つけていたので入ってみる。

ダンジョン名は「ムーの古代寺院」。敵を倒すことはできるが、罠のダメージが大きいことに気づいた。ここは後回しにする。このゲームはレベル不相応の危険な場所でも容易に入れてしまうことがある。自分で危険を察知して撤退しなければならない。自由度が高いというのは、そういうことだ。

とりあえず道を南下して町へ向かう。野外の敵はファウンテン・ヘッド付近と変わらない。ベイウォッチの町へ入る。この町も危険な場所のようだ。いきなり敵がいる。

敵を倒して町の奥へ進む。「不浄の穴」というエリアに多数の敵がいた。ここまでは順調だったが油断したようだ。ヤバそうな敵がいるのに気づいた時は遅かった。無理だと思ったのでロードしてやり直す。

セーブしていたのはベイウォッチの町へ入る直前だった。今度は寺院の加護を受けて臨む。不浄の穴エリアではすぐに突っ込まずに、敵をすこしずつおびき出して確固撃破する。奥に単独で残っていたグール(ヤバそうな敵)はタフだったが倒すことができた。

ベイウォッチの町のダンジョンへ下りる。加護を受けているのに罠のダメージがきつい。途中で引き返す。別の場所を探索することにする。

このゲームには紙の地図が付いており、町やダンジョンがどこにあるか表示されている。ファウンテン・ヘッドから陸続きの場所であれば、最初から行くことができる。

サイクロプスの洞窟に入ってみる。敵が強いので引き返した。ほかをあたってみる。

スレイザーカルトの要塞に入ってみる。ここはファウンテン・ヘッドの洞窟の壁に情報があったダンジョンだ。今の適正レベルかもしれない。と思ったが、サイクロプスの洞窟よりも危険だった。いきなりぼろぼろになり引き返す。

ダンジョンはあきらめて、野外フィールドを探索することにする。その前に泳ぎ手(浅い水場に入れる)と道探し(森に入れる)のスキルを習得しておく。

道探しはベイウォッチで手に入る。1人だけでは意味がない。最低2人に習得させる。値段は高いがそれだけの価値はある。登山家(山に入れる)も役に立つが、今は金がないのであきらめる。

泳ぎ手はファウンテン・ヘッドの洞窟で手に入る。これは全員持っていないと意味がない。値段はそれほどでもない。ついでなので調べていなかったタルをすべて調べておく。

まだ始めたばかりだが、縛りを緩めることにした。よくないことが起きたら、ロードしてやり直してもよいことにする。デストラップに引っ掛かるたびに、寺院まで戻るのは面倒だ。

セーブ・ロードを認める代わりに、原則として全てのタルなどを調べる。ただし時期は自由、ということにする。

今回は5時間、累計で12時間半かかった。

MM3(5)ファウンテン・ヘッド

ファウンテン・ヘッドの町の敵は危険なので、もうすこし町の外でレベル上げをする。町の外のイベントにはまだ手を出さないでおく。寺院の加護が必要ないくらいに強くなったら、町の中を探索する。

探索に入る前に寺院で加護を受けておく。あまり苦労せずに敵を倒して、ダンジョンの入り口を見つけた。

今回はミスをした。町を探索しつくす前にダンジョンに入ってしまった。回復系の呪文と地図師(自動マッピング)のスキルを先に手に入れておいたほうがよかった。両方とも手に入れることを意識してはいたが、ファウンテン・ヘッドの中で手に入るとは思わなかったのだ。

ダンジョン内にはいくつものタルが置いてある。調べると能力が上昇したり、状態異常になったりする。デストラップもある。

(2)セーブ・ロードによるやり直しは、原則としてしない。

まだ始めたばかりだが、縛りを緩めることにした。よくないことが起きたら、ロードしてやり直してもよいことにする。デストラップに引っ掛かるたびに、寺院まで戻るのは面倒だ。

キャラクターの能力が上昇した時にもやり直すことがある。全員ではなく1人の能力しか上昇しない場合、どのキャラクターの能力を上昇させるか選びたいからだ。呪文を使えないキャラクターの呪文能力が上がっても意味がない。

タルを調べていくと、キーアイテムが手に入る。キーアイテムを町のある人物にわたすと、ダンジョンでのパスワードが手に入る。

このダンジョンには多くの祭壇もある。祭壇ではスキルを購入できる。スキルには、1人だけが持っていればよいもの・複数人が持つ必要のあるもの・全員が持つ必要のあるものがある。まずは1人に持たせて、様子を見るといい。

このダンジョンの先へ進むには隠し戸を見つけなければいけない。スキルのあるキャラクターがいないなら、祭壇で購入しておく。

回復系の呪文を持っていなかったので、途中で休息をして回復せざるを得なかった。そうすると寺院の加護が無効になってしまう。それでも4~5レベルのパーティであればネズミの君主(ボス)を倒せる。

今回は3時間半、累計で7時間半かかった。

MM3(4)ゲーム開始

ハードディスクがなくてもプレイ可能だが苦痛だろう。

このゲームのマニュアルは不親切だ。ハードディスクがないとつらいのに、インストールについての記述はMS-DOSの知識を持っていることを前提にしている。mkdir・xcopy・cdといったコマンドを使う必要があるが、それらはマニュアルに書いていない。前の2つはMS-DOSのmenuを用いた操作も可能だが、cdはmenuにはないのでそうはいかない。

ゲームはファウンテン・ヘッドの町から始まる。最初から用意されたキャラクターでパーティが組まれているが、新しいキャラクターを使うので後ろを向いて宿に入る。

(1)騎士・野蛮人・戦士・忍者・野伏・射手

(1)以前クリアしたのと同じ職業でやってみる。

実を言うと、最初は射手の代わりに魔法使いを作ってやってみたがすぐに死んでしまうので方針を変更してやり直すことにした。後半で苦労することになるのかもしれないが。

キャラクターの詳細は以下のとおり。
名前・種族・職業・属性
エリディン・半オーク・騎士・悪
プラム・半オーク・野蛮人・悪
エレン・ノーム・戦士・悪
ティン・人間・忍者・悪
カリナ・ドワーフ・野伏・悪
マイラ・エルフ・射手・悪

ティンとマイラ以外のグラフィックは残念だがあきらめるしかない。属性=悪というのは気分でそうしただけで、あまり意味はない。種族は抵抗力の違いにバリエーションを与えているが、大きな影響はないと思う。HPやスペルポイントの上限にも影響があるかもしれない。

職業がキャラクターの最も大きな違いになる。
騎士:武器戦闘が得意。呪文は使えない。
野蛮人:騎士と同じ。防具の制限がある代わりに、HPが多い。
僧侶:僧侶呪文を使える。
戦士:僧侶と騎士の中間。
魔法使い:魔法使い呪文を使える。
射手:魔法使いと騎士の中間。
ドルイド:ドルイド呪文を使える。
野伏:ドルイドと騎士の中間。
盗賊:盗賊技能を持つ。呪文は使えない。
忍者:盗賊より武器戦闘が得意。代わりに盗賊技能は劣る。呪文は使えない。

新しく作ったキャラクターはアイテムを持っていないので、武器・防具・アイテムを購入して装備する。金は使いきらずに半分残す。それから寺院に向かう。

苦労するのは戦闘だ。特に序盤がきつい。コツが分からないと投げ出してもおかしくない。

寺院ではキャラクターごとに連続して寄付をする。すると役に立つ魔法をかけてくれる。この加護は大きい。

ファウンテン・ヘッドの町を出る。町の中の敵よりましだからだ。いきなり敵が押し寄せてくるが、加護をうけたパーティなら倒せる。敵は飛び道具も使う。向きをかえたりコマンドをパスしたりしてうまく飛び道具を避けて白兵戦に持ち込むようにする。

ファウンテン・ヘッドの町があるのは野外エリアA1だ。同じA1エリア内でも南へ進むと、すこし強い敵がでてくる。加護をうけたパーティなら全滅することはないだろう。もし危なくなったら、落ち着いてマニュアルをよく読もう。1レベルキャラクターだけの特権を使わない手はない。

死亡したりしてパーティでは治せないなら、寺院で治療してもらう。経験値がたまったら訓練所に向かう。レベル2になった。

ここまでで、4時間ぐらいかかった。

MM3(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)騎士・野蛮人・戦士・忍者・野伏・射手
(2)セーブ・ロードによるやり直しは、原則としてしない。
(3)例外として、能力低下トラップに引っ掛かったらやり直してよい。
(4)攻略本・攻略情報は、原則として見ない。

補足する。

(1)以前クリアしたのと同じ職業でやってみる。

(2)と(3)このゲームでは宝珠などに触れたとき、キャラクターにプラスの効果があったりマイナスの効果があったりする。その中には100年ぐらい時間が経ってしまうものがあったと記憶している。老化は現実世界だけで十分だ。そこまでいかなくても能力低下はいやなのでやり直す。

(4)開始前にキャラクター作成についてだけ攻略本を見たが、特に新しい発見はなかった。今回を最後のプレイにするつもりなので、あとはできるだけ自力でやってみる。

MM3(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1991年スタークラフト製の日本版。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・20MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。ハードディスクがなくてもプレイ可能だが苦痛だろう。FM音源に対応している。

PCエンジン版やメガドライブ版なども存在するようだ。(PC-98版との内容の差は不明。)

オリジナルは海外なので、さがせば英語版が廉価で手に入るかもしれない。信頼性は各自で判断されたい。

英語のハードルは並み。状況描写は多いが長文ではない。説明書の背景説明は苦痛ならパスしてもなんとかなる。謎解きは救済仕様があるので心配いらない。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

MM3(1)ゲームの紹介と昔の話

「マイト・アンド・マジック3(MM3)」をやってみる。オリジナルはアメリカのRPG。アクション性はない。世界を探索するなかで豊富なイベントがあり楽しませてくれる。動作が重いのが難点だ。

ゲームの自由度は高い。その時点での当面の目標が示されることもあるが、ペースとやり方は自由なので後回しにしてもいい。

全世界を踏破するつもりでやれば自然にクリアできると思う。条件付きだが自動マッピング機能があるので楽だ。謎はあったと思うが、あまり苦労した記憶はない。苦労するのは戦闘だ。特に序盤がきつい。コツが分からないと投げ出してもおかしくない。

このゲームはエンディングまでいっている。2回エンディングまでいったような気もする。攻略本を持っているが、どこまで自力でやったのかはよく覚えていない。

ウルティマ4(20)ゲームを終えて

(9)このゲームの記録やノウハウを、時系列ではなくWiki風にまとめる。

Wiki風とは言えないが、要約記事にした。

始める前に考えていた縛りの一部を外してしまったが、こんなものだろう。面倒が多いゲームを最後までやったのだから、よしとする。

一連の記事を記録するのには、ゲームと同じぐらい時間を使ったように感じる。ほかの攻略サイトやWikiが、ありがたい情報を提供してくれていることに、あらためて気づいた。今までいろいろなゲームで利用させてもらっていた。感謝したい。書く事は読む事に比べて何倍もの労力がかかる。でも書く事によって得られることもある。知ってはいたことだが、やってみてよく分かった。できる範囲で続けていきたい。

面倒な部屋も多いが最終ダンジョンだと思えば許容範囲だ。でも何時間もセーブできないのはつらい。このゲームはダンジョン内ではセーブできないので、アビイスに入ったらクリアまでいかないと無駄足になる。半日かかると思った方がいいだろう。

レトロゲームにはこのような配慮のなさが多い。昔のゲーム制作者が意地悪というよりも、今のゲームがユーザーの声にこたえて洗練されてきたということだろう。でも失われたものもある気がする。レトロゲームには、容赦のなさと裏腹の魅力がある。

いいゲームだった。

ウルティマ4(19)アビイス

(10)最終ダンジョンのアビイスに挑み、謎を解く。(ゲームクリアに必須)

アビイスを探索するには以下の謎を解くことが必要だ。足りていないと無駄足を踏んでしまう。

3つの原理のアイテム・8つの石・8つの徳の理解・3つの原理の理解・3つの部分からなる鍵・言葉(英字3×3=9文字)・1つの公理=最後の答え(英字8文字)

最終ダンジョンのアビイスの入り口は、北岸に謙譲の神殿がある島にある。ムーングロウ付近から船で南に向かおうとしたら、船が無くなっていた。宝箱を開けずに残しすぎると、このようなことが起こる。トリンシック付近のムーンゲートの横に置いた船は無事だったので、これを使う。東に向かうと島が見えてくる。少し南に向かってから1マス分の水路を通って、上陸できる場所がある湾に侵入する。

ここは多数の海賊船に守られている。風向き変更の魔法をうまく使い砲撃戦を避けて接近戦闘を挑む。2回ほど砲撃をうけたが、たいしたことはない。やはり舵輪はなくてもクリア可能なようだ。

近づくと砲撃されて船を壊されてしまった。この海賊船を倒せば船が手に入るはずなのだが陸地に接してこない。壊された船がまだ存在すると認識して移動してこないというバグがあるのだろうか?

断言はできないが、砲撃で壊した船があった場所に敵は移動してこないようだ。

アビイスの入り口は、ほかのダンジョンのように分かりやすくはない。それらしいところでEコマンドを使って、ほかの場所とは違うメッセージが出たら、そこが入り口だ。3つのアイテムを使うと、入れるようになる。

最終ダンジョンでは神秘の武器か魔法の武器でないと、敵にダメージを与えられないようだ。今回初めて知った気がする。それともすっかり忘れていたのだろうか。エンディングまでいったのは最初の1回目だけだったかもしれないという思いをさらに強くした。

最終ダンジョンだけあって戦闘の難易度は高い。このゲームでは戦闘魔法をあまり使わないが、ここでは助けになる。仕掛けのある部屋も多い。ここでも地図表示のアイテムが役に立つ。

面倒な部屋も多いが最終ダンジョンだと思えば許容範囲だ。でも何時間もセーブできないのはつらい。このゲームはダンジョン内ではセーブできないので、アビイスに入ったらクリアまでいかないと無駄足になる。半日かかると思った方がいいだろう。

無事クリアできた。エンディング画面は全く記憶にないものだった。前回見たのは、やはり四半世紀以上前だったのだろう。

今回は4時間、累計で63時間・71810ターンかかってゲームクリアした。

ウルティマ4(18)石探し

(1)石を手に入れる。残りは4つ。 (ゲームクリアに必須)

5つ目の石。 covetous (強欲、貪欲)ダンジョンを探索する。場所はミノックのすぐ南西だ。距離は近いが陸路で行くには山が邪魔をしている。他の陸地からは見えない場所なので、そもそもダンジョンの存在に気づくことが難しい。船を使うよりも、ブリンクの魔法を使うのが手軽だ。地図表示のアイテムを使えば、あまり苦労しないだろう。

このダンジョンは面倒くさい。入り組んでいる部屋が多い。このゲームは8人のキャラクターをそれぞれ1マスずつ動かさなければならない。何も障害物がない部屋であれば、どれかひとつの方向キーを押し続ければいい。でも入り組んでいる部屋では一人ずつ別方向に、上・上・右・上・下・上・下・右などと入力しないといけない。うんざりする。

さらに、仕掛けを解かないと通れない秘密の通路が隠されている部屋も存在する。秘密の通路に気付かなければ、何度も面倒な部屋を通るはめになる。事前に地図表示のアイテムを使えば、この部屋にあるはずの通路が見当たらない、なにか仕掛けがあるなと気づきやすい。

地図表示のアイテムは、階段や石のある場所も示してくれるので助かる。オレンジの石を手に入れた。ダンジョン脱出の魔法を使って早々に立ち去る。

6つ目の石。 wrong (不公平)ダンジョンを探索する。場所はミノックから西方向の対岸の山の裏だ。ここはブリタニア城付近から陸路で続いているので馬を使う。

ここにも秘密の通路が隠されている部屋が存在する。あまり入り組んではいないので、 covetous に比べればましだ。代わりにエネルギーフィールド消去の呪文を何度も使わないと奥へ進めない。ここでは緑の石を手に入れた。

7つ目の石。 shame (恥)ダンジョンを探索する。場所はブリタニア城から西方向。大陸西岸にそそぐ川の源流付近だ。ブリタニア城からの距離は近いが、山に囲まれていて陸路では行けない。ここは covetous 以上にダンジョンの存在に気づくことが難しい。始めてプレイした時は風まかせの乗り物に乗っていて、偶然見つけて驚いた記憶がある。やはり船よりも、ブリンクの魔法を使ったほうがいい。

このダンジョンにも面倒な仕掛けがある。毒沼に踏み込まないと先へ進む道が開かない仕組みになっている。普通は毒沼に踏み込むことはないので、気付かないと詰まってしまう。ここでは紫の石を手に入れた。

8つ目の石。 deceit ダンジョンでは、まだ石を見つけていなかった。 deceit の入り口は遠い孤島なので今回は別ルートで行ってみる。まず dastard ダンジョンの最深レベル8まで行く。このゲームでは最終ダンジョンを除いて、ダンジョンレベル8から祭壇の間を通って、ほかのダンジョンに行くことができる。

祭壇の間は全部で3つ(T、L、C)ある。1つの祭壇の間は4つのダンジョンに通じている。それぞれの祭壇の間では4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部が手に入る。8つの石のうち、どの4つを使うのか? 今読んでいるこの節の中にヒントがある。(でもメモを取っていない場合には、厳しい状況になることに今気づいた。)

dastard から通じる祭壇の間(C)で最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れてから、 shame ダンジョンへ行く。 dastard には1つの祭壇の間(C)しか通じていないが、 shame にはもう1つ別の祭壇の間(T)が通じており、そこを通って deceit へ行く。 deceit では青の石を手に入れた。 shame に通じる祭壇の間(T)に戻り、4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れる。

いったん dastard から地上に戻り、 despise へ向かう。レベル8まで降りてから祭壇の間(L)へ入り、4つの石を使って最終ダンジョンの鍵の一部を手に入れる。これで3つの部分からなる鍵は完成した。

(2)8人全員をレベル8(最高レベル)にする。

デュプレもようやくレベル8になった。あとは最終ダンジョンだけだ。

今回は5時間半、累計で59時間かかった。

ウルティマ4(17)心機一転

エンディングまでプレイすることを優先し、縛りをゆるくして再開する。

(7)神秘の武器を手に入れる。

(8)神秘の鎧を手に入れる。

まずは神秘の武器と神秘の鎧を手に入れる。それぞれこのゲームで最高の性能を持っているが、武器のほうは飛び道具ではないので使わないかもしれない。情報はポウの村の領主から手に入る。情報を手に入れる前に8つの徳を究めている必要があるが、それはすでに達成している。場所さえ分かれば、それほど時間はかからない。

(4)マンドレイク探し。

マンドレイクの採取場所にはミノック付近のムーンゲートから馬で行く。ここは沼地なので、あらかじめ怪物を誘導して倒して宝箱を残しておく。このゲームでは宝箱がある場所は、なぜか平地扱いになる。沼地の毒という面倒がなくなるので、ありがたい。一度採取した後にすぐに連続採取することはできない。9コマンドの経過が必要なようだ。怪物がわいてきたら馬に乗ってある程度引き離してから戻ればいい。数をそろえようとすると時間がかかる。

(3)ナイトシェード探し。

ナイトシェードの採取場所にはブリタニア城付近から馬で行く。ナイトシェードも連続採取することはできない。それだけではなく深い森の中なので、マンドレイクよりも面倒くさい。正確な情報なしで自力で探す場合は、なおさらだろう。視界が悪いので怪物が隣に近づいてくるまで分からない。平地と違って森のような険しい地形では、馬に乗っていても怪物を引き離せない場合がある。戦闘を避けるのは難しい。数をそろえようとするとマンドレイク以上に時間がかかる。

(6)各魔法について材料を調合してストックする。

ナイトシェードかマンドレイクを使う調合は20回分、それ以外は90回分を調合してストックする。よく使う魔法だけでなく、ほとんど使うことのない魔法についても行う。これに何の意味があるかというと、たいした意味はない。なんとなくやってみたい。コレクションしておきたい。記録を作っておきたい。そんなところか。人生の作業に意味はないのと同じだ。単調作業を続けている間にそんなことを思った。

ちなみに全部で26種類ある魔法のうち、24種類を超えて調合するとバグが発生する。ステータス画面では24種類までの魔法しか表示されないのだ。表示されていない魔法(YまたはZ)も使うことはできる。でも残り回数が分からなくなる。憶測だが、ゲーム制作者も調合すらしなかった魔法があったのではないだろうか。このバグを避けるには、使わない魔法を調合しなければいい。まあ普通の人には縁のないバグだ。

(5)角笛探し。(もう使うことはないが)

角笛はナイトシェードの採取場所から南に行った先の群島にある。あらかじめブリンクの魔法を多数用意しておく。行きたい島にうまく移動できないことも多い。もしかしたら船を使ったほうがストレスを感じないかもしれない。

角笛は謙譲の神殿の手前で役に立つ。どうせ手に入れるのなら先にしておけばよかったが、すっかり忘れていた。

今回は7時間、累計で53時間半かかった。