「##パワーモンガー」カテゴリーアーカイブ

パワーモンガー(9)マップ26~36

マップごとの記事は書ききれないので、使った技をまとめておく。

勝てない敵に勝つには

  • 勝てる敵から倒す。
    • 自軍の人数を増やす。
    • 強力な装備を生産する。
    • 地形を利用して敵を分断する。ボートを持っていない敵は海を渡れない。

優勢な敵との決戦を避ける

  • 近くの自勢力の町を攻撃された場合、自動的に反撃してしまう。まだ決戦を望まないなら、すぐに離れる。
  • 自軍より優勢な敵の町を通過しようとすると、襲われる場合があるのでよける。

食料

  • 敵の町にいる羊は食料にできる。すこし町から離れるまで待ってから食料にする。マップを拡大すれば操作しやすくなるので、間違って敵の町を襲う心配が少ない。
  • マップをよく探すと、はぐれた羊が見つかることもある。特にマップの端。

操作性

  • 行いたいコマンドが、どうでもいい情報に邪魔されて行えないことがある。マップ視点を海の上などに変えると、操作しやすくなる。
  • 敵軍兵士が落とした武器やボートは、一人分ずつ散らばってしまう。欲しければ面倒でも根気よく拾う。

失敗してやり直すことも多い。最終的には勝てるので妥当な難易度ではあるが、全面クリアにはまだ100時間以上かかりそうだ。

飽きたわけではないが時間を短縮したい。今までに世界マップの左上6×6をクリアしている。あとは上端・左端・右端・下端をクリアして終わりにしようと思う。

今回は6時間半、累計で19時間半かかった。

パワーモンガー(8)マップ17~25

18番目のマップ(世界マップで上から5・左から1)では、兵数で圧倒する敵に苦戦した。敵は早期に集結して大軍団になる。まともに勝てる相手ではない。動く敵しかいないので、徴兵することで初期から戦力を増強するのも難しい。

  • 敵の町付近にいる羊を食料にする。
  • 敵は一つに集結して大軍団を形成する。その代わりに数名の副将軍は孤立するので、襲ってボートと食料を奪う。予備のボートを持ちすぎて移動速度が遅くなったら捨てる。
  • 大軍団から離れた町を占領し積極度3で生産する。将軍には投石器、兵には弓がほしい。いくつかの町を回れば手に入るはず。
  • 敵の町を占領すると大軍団が攻めてくる。戦闘になる前に逃げる。敵に装備を渡さないこと。
  • 死んだ副将軍の分だけ、町に徴兵可能な人数が増えているかもしれないので見逃さない。
  • 大軍団には弱点があり、一部の兵士しかボートを持っていない。地形を利用して分断できれば勝機がある。今回は、マップ左側の「コ」の字型の半島・湾を活用した。
    • まず、「コ」より上側で敵が攻めてくる状況を作る。
    • 積極度を1にする。下側に逃げて「コ」の上棒にたどり着く。
    • さらに下に逃げて「コ」の左側の湾上へ逃げる。ボートを持っている敵だけが湾上を追いかけてくる。
    • さらに下に逃げて「コ」の下棒にたどり着く。積極度を3にする。追いかけてきた敵を返り討ちにする。この時、ボートを持っていない敵は「コ」の上棒の位置で引っ掛かって何もできない。
    • 「コ」の上棒に左から上陸して近づいたが、まだ敵は引っ掛かってうろうろしている。容赦せずに積極度3でせん滅した。

ミスをすることもあるので、こまめにセーブしたほうがいいだろう。セーブ・ロードについては、目標と縛りに掲げなかったが時間短縮のため自由とする。

面が進むとすこし時間がかかるようになってきた。移動や生産をする時に、一時的にスピードを速くするとストレスが減る。ただし敵の動きには注意する。

今回は6時間半、累計で13時間かかった。

パワーモンガー(7)マップ13~16

13番目のマップ(世界マップで上から4・左から2)は手こずった。以下のようにすれば勝てるだろう。

  • いちばん近い町に積極度1で戦闘を仕掛ける。これは普通に勝てる。
  • 占領した町から積極度3で徴兵する。
  • 近くに羊がいくつもいるので食料にする。
  • 近くに来た敵の軍隊と積極度3で決戦する。損害は出るが勝つことはできるはず。敵が持っていたボート・装備・食料を手に入れる。
  • 敵軍隊の動向に注意しながら、弱い町からひとつずつ占領する。こちらが優勢になれば敵は動かなくなるので、勝てるはず。
  • 町を攻める前に、敵が生産した武器を「取り引き」で受け取れば楽になるはず。渡した食料は、どうせすぐに取り返せる。

16番目のマップ(世界マップで上から4・左から4)では食料不足に苦しんだ。

  • いちばん近い町に積極度1で戦闘を仕掛ける。これは普通に勝てる。まだ徴兵はしない。
  • 近くにあるボートを取る。一つでいい。
  • 海を渡って北側の陸地の羊をいくつか食料にする。
  • 南側の陸地へ戻り、積極度3で徴兵する。
  • 南側のほかの町も占領・徴兵する。
  • そろそろ敵が南側の陸地にやってくるはず。ボートを持っている敵は一団しかないので難しくない。動く敵に対しては積極度3で戦い容赦しない。今回は兵38人で勝つことができた。
  • 敵のボートなどを拾っておく。南側の陸地にはいくつかボートがあるのでそれも拾う。まだ足りなければ積極度1で生産してボートを作る。
  • 北側の陸地に侵攻する。

進行するにつれてマップはだんだん厳しくなるが、「ポピュラス」より難易度は低い。

失敗して面の最初からやり直すことが多く、思ったよりもあっさりはいかない。ただ、一つの面にかかる時間は少ない。クリアできるまでやり直すストレスをあまり感じない。このことが「ポピュラス」より難易度は低いという記憶を生んだようだ。

今回は3時間、累計で6時間半かかった。

パワーモンガー(6)マップ5~12

マップが進むにつれて難易度は増す。基本的な作戦は前回と同じだが、プラスアルファが必要になる。いくつか技を書いておく。

  • 敵のほうが圧倒的に有利なように見えても、逆転のチャンスはある。町を取ったり取られたりを繰り返していると、なぜか敵の動きが止まることがある。そうなれば勝てるはず。
  • ボートを持っていない者は地形に引っ掛かって、遅れたり孤立したりする。孤立した敵がいたら叩いておきたい。
  • 戦闘をする際は将軍が囲まれないようにする。敵の真ん中で戦端を開くと、勝てるはずなのにあっさりゲームオーバーになることもある。
  • 敵の将軍は降伏させれば副将軍として用いることができる。スパイにすると敵の位置が分かりやすくなる。
  • 敵の将軍を積極度3で攻撃し殺してしまえば、装備と食料が手に入る。特に孤立している将軍を見逃す手はない。

今回は2時間、累計で3時間半かかった。

パワーモンガー(5)マップ4

4番目のマップ(世界マップで上から2・左から2)で、一つの町にとどまらない動く敵が登場した。動く敵に対しては素早く行動する必要がある。ぐずぐずしていると窮地に追い込まれてしまう。以下の方針でいく。

  • 近くの少人数の町に積極度1で戦闘を仕掛ける。
  • 占領した町から積極度3で徴兵する。
  • 占領した町から積極度3で食料調達・物資調達する。

いずれは動く敵と決戦することになる。その際は積極度3にする。今回は知らないうちに決戦を行っていたが、勝つことはできた。早期に自軍の人数を増やすという作戦で正解だったようだ。

慣れないうちは、よくわからないうちに不利な状況になっているかもしれない。そういう場合は、その面の最初からやり直すのがいいだろう。逆転不可能ではないかもしれないが、まだ慣れていないのに難しいことをやる必要はない。面が進めば不利な状況から始めることになるので、そこで挑戦すれば十分だ。

今回は30分、累計で1時間半かかった。

パワーモンガー(4)マップ1~3

マップをクリアする順番は以下の図のようにする。記事のタイトルにはこの番号をつけておくが、この番号は筆者が独自につけた番号だ。
125
347
689

序盤はプレイヤー有利なマップなので、あまり考えなくても勝てる。最初は以下の方針を繰り返せばいい。

  • 積極度は2のままで固定。
  • 近い町に戦闘を仕掛ける。
  • 近くの羊に戦闘を仕掛けて食料にする。
  • 占領した町から徴兵する。
  • 占領した町から物資調達する。

町の位置は、全体マップを食料モード(上4つのうち右端)にするのが分かりやすいかもしれない。

敵の町の人数などは、左下の情報アイコンを押してから対象となる町をクリックすればわかる。この操作はすっかり忘れており手間取った。386マシンではうまく動かず情報が見えないのかと思ってしまったが、そんなことはなかった。

マップをクリアしたら、まず次のマップに進んでからセーブする。そうでないと、クリア済のマップがクリア未済になってしまう。

ここまでに、1時間かかった。

パワーモンガー(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)征服モード(全195面)をクリアする。時間がかかりすぎると判断したら一部を省略してもいいが、最低でも世界マップの下端と右端はすべてクリアする。
(2)ランダムモードをいくつかクリアする。
(3)この面は失敗したと思ったら、その面の最初からやり直してもいい。
(4)詰まるまでは、攻略情報を見ない。

かつてクリアしているので、コツを思い出せば自力でクリアできるだろう。

パワーモンガー(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1991年イマジニア製。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・16MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。VMは要16色対応。メモリは640KB必要。バスマウスが必要。アナログディスプレイが必要。ハードディスクは不要。FM音源に対応だが、なくても大差ない。

RS-232Cケーブルを使った対人戦が可能。

スーパーファミコン版もあるようだ。(PC版との内容の差は不明。)

オリジナルは海外なので、さがせば英語版が廉価で手に入るかもしれない。信頼性は各自で判断されたい。

英語のハードルは人による。背景ストーリーなどを把握する必要はない。攻略記事や動画でルールが分かるなら、なんとかなるはず。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

パワーモンガー(1)ゲームの紹介と昔の話

「パワーモンガー」をやってみる。「ポピュラス」の後継でリアルタイムで進行するシミュレーションゲームだ。あまり器用さは求められない。当時そういう言葉はなかったと思うが、RTS(リアルタイムストラテジー)と言っていいだろう。ゲームの自由度は高い。

プレイヤーはヨーロッパ中世風世界の領主になり、世界の征服を目指す。ユニットの種類はすくない。リーダーとなってプレイヤーが指示を出せる将軍・副将軍と、直接指示できない一般人だけだ。将軍はすこしだけ良い装備を持っているが、不死身のヒーローではない。無理をすれば死んでしまう。作戦と戦略が求められる。

「ポピュラス」より複雑で見慣れないルールも多い。しかし、最初からすべて覚える必要はないので問題ないだろう。進行するにつれてマップはだんだん厳しくなるが、「ポピュラス」より難易度は低い。

雑誌記事(たしかログイン)で「最短距離でクリアしたぞ」と書きながら、写真ではそうはなっていなかった。世界マップ下端の1マップを回り道したのがまるわかりで、笑えたのを覚えている。あのマップはたしかに難しい。

その面も含めて、かつて征服モードの全面をクリアしている。2回達成したように思う。