ブランディシュ2(5)ISLET・CAVE・ゲーム中断

ISLET

当面は前のエリアに戻ることができない。先へ進む道と休息できる安全地帯はエリアの中心にある。安全地帯はエリアの外周にもある。

CAVE B1

CAVE では、両手に盾を構えるとやや安全になる。バットにも対処しやすい。せまい通路で前後を敵に挟まれても、前後両方を防御できる。その場合は前の敵を飛び越えて逃げることになるが、不意打ちを減らすことはできる。

ただし、過信はできない。油断して危うくハメられかけたこともあった。以下がその時の状況。ア:主人公アレス。ス:スケルトン。他にバットがまとわりついている。□は通路。■は壁。

■■
■□■
□ス□
■ア■
■■■

スケルトンかバットの片方だけなら何事もない。ところが、組になるとたちが悪い。スケルトンがガードを解くタイミングを計っていると、バットにどんどんHPを削られていく。スケルトンを飛び越えても状況は変わらない。この時は透物化秘薬で乗り切った。いざという時は頼りになる。

冷静になって考えてみると、その時に持っていた最強武器と H.POTION でパワープレイすれば勝てたかもしれない。そのほうがコストは安い。透物化秘薬は貴重品だからだ。もちろん、一番いいのは油断しないことだ。


ボスは強力な魔法攻撃をしてくる。手持ちの最強武器を装備して、フットワークを駆使し、 H.POTION で回復すれば勝てるとは思う。

問題は、この先にも魔法攻撃をする敵がそのうちに出てくることだ。MGR:魔法防御を鍛えるためには、魔法攻撃を受けるしかない。できるうちに鍛えておく。

MGR11まで上げれば、たいした敵ではない。永久品カイザーナックル装備でも、受けたダメージは7にとどまった。手持ちの最強武器なら、ノーダメージも可能かもしれない。

CAVE B3

「急げ」という場所は、むしろゆっくりするほうがいい。中途半端だとゲームオーバーになる。

まずは仕掛けを把握する。仕掛けが分かっても、開いたドアの前まで行ったら通らずに待つ。これなら大丈夫と判断できてから本番にする。ドアの向こうには邪魔が現れることもあるので注意する。


ゲームが起動できなくなった。昨日まで問題なかった製品ディスクを認識してくれない。ドライブ1でも2でも同じ事象なので、製品ディスクの寿命のようだ。

ファルコム製品では、かなり以前にもフロッピーディスクが使えなくなったことがあった。コピープロテクトのチェックが厳しいのだろうか。それでわずかな変質でも動かなくなるのかもしれない。正当な購入者としては腹立たしい限りだ。

本作はプロジェクトEGGでも配信されているので、比較的少額で再開することは可能だ。ということは、筆者の金がまたファルコム社に流れるということになる。ますます腹立たしい。

いったん中断する。まずは冷静になり、今後の方針を考える。

今回は1時間半、累計で4時間半かかった。

ブランディシュ2(4)ゲーム開始・PRISON

無印と同じく攻略情報は手に入りやすいようなので、全マップのくわしい記事がなくてもいいだろう。記事は網羅性よりも独自視点を重視していく。

PRISON B4

無印と同じくHPは1から始まる。最初の時点で危険はない。まず休息をとる。部屋にはメッセージがあるので読んでおく。セーブしてからドアを蹴破る。


このゲームに感じる細かい不満のひとつは、最初の敵である「カマキリグモ」の動きが読みづらいこと。たいした敵ではないのでパワープレイ(ここでは、味方の受けるダメージを気にしないで強引に敵を倒すという意味)でいいのだが、初めにそういうくせがつくと後で苦労するだろう。「カマキリグモ」自体は、いつ奇襲されるか分からないという緊張感があり悪くはない。しかし、本作2から始める人への最低限の配慮もいる。最初の敵は読みやすい「スライム」中心のほうがよかった。

文句とは別に現実への対処もいる。まずは、安全に休息できる区画を探す。いずれかのドアの向こうにあるはずだ。それまでは敵をなるべく避ける。やむを得ないときは、最初の部屋のすみで休息する。

武器を手に入れたら基本的には普通に使う。敵と一対一で横槍が入らない状況なら、武器を外して節約してもいい。

今の時点では開かないドアもある。放っておくしかない。

PRISON B3

落石は危険だ。到達した時点でレベルは4でHPは26。1回当たったがダメージは13だった。つまりもう一回食らったらゲームオーバーなので、これは厳しい。レベルは5まで上げておいたほうがいい。

落石のタイミングは読めないが、落石のある場所は決まっている。このことは今回初めて気づいたと思う。昔と比べると衰えを感じることもあるが、観察力や推測力は上がっているようだ。

英雄伝説2のプレイで感じたが、昔と比べて筆者にはそれなりの老獪さが備わったが、スタミナは減ってしまった。

落石のあるエリアの奥には宝もあるが、生き残ることを優先して深入りはしない。

PRISON B2

銀製アイテムを無理に持ち出そうとすると、ゲームオーバーになることもある。今はおとなしく警告に従っておく。


ボスが初登場する。パワープレイは効かない。しかし、このゲームの基本である側面への回り込みに徹すれば難しくない。ノーダメージで倒せた。

ここでは鎧が手に入る。ボスを倒す前でも手に入るかもしれない。このことは毎回倒した後で、そうだったと思い出す気がする。どうせノーダメージで倒せるので、記憶する必要を感じないのだろう。

PRISON B1

スイッチは一つだけ押してから奥を確認しに行く。カイザーナックルの永久品があるので手に入れておく。

当分の間、ここより先に店はない。最強1、2本と永久品以外の武器は売ってしまっていい。まだ慣れていなくて心配なら、 POTION を買っておく。

PRISON 地上

ボス戦の武器はクロスシールドを選ぶ。次のエリアでは両手に盾を構えるスタイルが有効だからだ。

やはり、側面への回り込みに徹すれば難しくない。と言うよりも、それしかないだろう。無印とは違うので、正面から剣技で勝負しようとしてはいけない。ノーダメージで倒せた。

インストールなどを含めて、ここまでで3時間ぐらいかかった。

ブランディシュ2(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)死亡回数ゼロをめざす。
(2)セーブ・ロードによるやり直しは、原則としてしない。
(3)攻略情報は、原則として見ない。
(4)最後の敵に対して、復活の指輪がなくなるまではある魔法を使わない。

補足する。

(1)無印よりも難しいので、死亡回数ゼロをめざすだけで十分に楽しめるだろう。

(4)最後の敵との戦闘ではある魔法が絶大な助けになるが、追い込まれるまでは封印する。

ブランディシュ2(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1993年日本ファルコム製。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・20MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。PC-9801VM以降・PC-286/386に対応。メモリは640KB必要。バスマウスが必要。ハードディスクに対応。FM音源に対応。

ハードディスクはあったほうがいいが、なくても苦痛を感じるというほどではないと思う。

外付けのフロッピーディスクドライブの動作は保証しないと明記されている。

スーパーファミコン版もあるようだ。(PC版との内容の差は不明。) 各自で調べてほしい。

プロジェクトEGG(PC-9801などのレトロゲームをWindowsで利用できる)でも配信されている。対応OSについては、各自で調べてほしい。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

ブランディシュ2(1)ゲームの紹介と昔の話

「ブランディシュ2」をやってみる。アクションRPGだが、前作の「ブランディシュ」(無印)とくらべると難しくなった。それでも難しすぎるということはない。

無印とくらべてボリュームは大幅にアップした。両手に盾をかまえることができるなど、システムもすこし変更された。

後半の敵はボスだけでなくザコも強いので気が抜けない。無印の感覚でいると苦戦するが、バリアの魔法などを使えばなんとかなる。

続編ゲームでは前作で使えた技を封じられることが多いが、このゲームにそういうことはあまりなかった。途中から演出に省略を感じたが、トータルでの不満はない。

このゲームは何回かエンディングまでいっている。最初のプレイでは終盤になんどもゲームオーバーになってしまった。それでも自力でクリアできた。今は攻略情報もあるので、あきらめなければほとんどの人がクリアできるはずだ。無印と同じく今でも通用するゲームだと思う。

無印と2のどちらを先にやってみようかと思う人には、無印をすすめる。2をやった後の無印は、質・量ともに物足りない。(本作2に感じる細かい不満のひとつは、2のパッケージにある無印の宣伝文句。2をクリアした後で無印をやるのは遅すぎる。) 無印を楽しめてさらに挑戦したい人に2はぴったりだ。

ウィズ6BCF(15)方針再変更

全キャラクターの全ての魔法・スキルを鍛え上げる。

方針を変更する。セーブ・ロードによるやり直しは原則としてしない。

レベルアップ時にリロードしていれば、とっくに転職できていたはず。リロード封印は思ったよりもきつい。

洞窟にたどり着いた。もうすこしで泉だ。前回同様に、当分は泉の近くで経験値稼ぎをする。

単調作業が続いて耐えられなくなってしまった。レベルアップ時の能力値上昇が不満なら、リロードしてもいいことにする。こうすれば転職にかかる時間は大幅に少なくなる。

冷静になって考えると、リロード封印で魔法・スキルを鍛え上げるのは十分可能だった。川の泉にたどり着くまで転職を遅らせれば、ずっと楽だったはず。でも、もはやどうでもいい。同じことの繰り返しで嫌になった。とにかく早く終わらせたい。


キャラクターは以下のようになった。

  • ティン レンジャー→レベル10
  • エリディン レンジャー→レベル10
  • カリナ レンジャー→レベル10
  • プラム バード→魔法使い・レベル7
  • エレン 僧侶→修道僧・レベル7
  • マイラ 錬金術師→レンジャー(錬金術師系のみの呪文をすべて覚えた)→僧侶・レベル8

「錬金術師系のみの呪文をすべて覚えた」というのは、「錬金術師系の呪文をすべて覚えた」ということではない。「ブラインディング・フラッシュなどの、錬金術師系の呪文職でなければ覚えられない呪文はすべて覚えた」ということである。別の言い方をすると「錬金術師系の職業になる必要はなくなった」ということだ。例えばエア・ポケットはまだ覚えていないが、これは魔法使い系の呪文職でも覚えられる。


泉を離れて冒険する前に、前衛のすくなくとも二人は戦士・ヴァルキリー・ロードのどれかに転職したい。やはり前衛はこの3職が無難だ。この段階でのレンジャーはいい装備がなく力不足を感じる。たぶん侍もそうだろう。修道僧と忍者もキリジュツが高くなるまではお荷物のはず。

レンジャーにもいいところはある。「隠れる」コマンドが使えることだ。白兵戦しかしてこない敵は、前衛三人+四人目が隠れてしまえばなにもできない。じっくりと呪文でいたぶればきついはずの大集団ほどいい経験値になる。スペルポイントは泉ですぐに回復できるので非常に有効な技だ。


100%単調だったわけではない。大集団からの集中攻撃を一人のキャラクターがくらうこともある。ぎりぎりで生き残ったが危ないところだった。たまにこういうこともあるのがウィザードリィの魅力ではある。でもそれと引き換えの単調さはつらい。


今回の全滅などによるリロードは0回(レベルアップ時のリロードは除く)、累計では0回だった。

今回は15時間半、累計で48時間かかった。

項劉記(19)ゲームを終えて

要約記事を作成した。

調整不足と感じたが、だめだったわけではない。むしろ面白かった。最初は何をしたらよいのかも分からなかったが、慣れるにつれていろいろな発見をできた。今回の経験は、まだ手を付けていないものを試してみる後押しになってくれるだろう。

このゲームはまだまだ楽しめそうだが、時間を置くことにする。そのうちに劉邦でプレイする気になるかもしれない。シナリオ3項羽で、あえて速攻せずに撤退するのも面白そうだ。いつかまたやってみたい。

項劉記(18)シナリオ2・上級・項羽

シナリオ2・上級・項羽で始める。

イベントはあきらめて勝つことだけを考える。平原は放棄し主力は全て沛へ向かう。開始時の沛は項羽側だが、劉邦軍にすぐ入城されてしまう。項羽軍は近くの彭城にもいるが、単独行動はせずに主力を待つ。

沛では用兵力80以上の人物を配下にしておく。このためだけでも沛へ向かう価値はある。このゲームの用兵力80と79の人物の能力差は大きい。大きすぎる。ここにも調整不足を感じる。

中立の睢陽(すいよう)へ入城し、劉邦軍のいる外黄(がいこう)も攻める。外黄にも用兵力80以上の人物がいる。外黄は劉邦主力に近いので、援軍に注意しつつ捕らえておきたい。


内政も怠らない。そうすれば兵を集めやすくなる。彭城と睢陽は人口も多いので首都にしたい。沛などは離反されない程度に上げておけばいい。

しばらくすると北西方面から昌邑(しょうゆう)に劉邦軍1部隊が向かってきた。昌邑へ移動するのを待ってから包囲殲滅する。用兵力80以上の人物は二人いた。配下にできないこともあるが、主力に割り振るには足りるだろう。


上級では懐柔がなかなか成功しない。嫌になったので放っておいたところ、諸侯は次々と劉邦勢力となった。黥布だけでも引き込んでおけばよかった。

人口の多い盱眙(くい)を優先して守ったため、劉邦勢力となった黥布に垓下を取られてしまった。垓下を取られると補給線が切れるので不利だ。ただ、無理をして負けてしまうよりはましではある。結果的には問題はなかった。どうすればベストだったのかは、なんとも言えない。


劉邦軍の2部隊が固陵(こりょう)に進出してきた。睢陽の守りに専念して、外黄は放棄する。主力で固陵に向かったところ、韓王信軍2部隊も近づいてきた。

韓王信軍に野戦を挑む。韓王信軍には劉邦軍2部隊も隣接しているので援軍も来るだろう。包囲はできないが、1回けちらせば優位に立てるはず。

援軍に来た劉邦軍は、なぜか1部隊だけだった。もしかしたら、思考ルーチンの穴を見つけたのかもしれない。

項軍のほうが総兵数も部隊数も多い。追い込まれてやぶれかぶれになったのか、劉邦部隊が項羽本隊に一騎討ちを挑んできた。樊噲(はんかい)だった。ということは、劉邦本隊のはずだ。

樊噲の戦闘力はゲーム中二番でも三番でもないが、項羽と一騎討ちする可能性の高い人物としては、一番戦闘力が高い。それでも今までに負けたことはない。一騎討ちでの項羽は圧倒的だ。項羽には専用のセリフが用意されているのだが、万一負けた時のセリフもあるのだろうか。


劉邦本隊の兵数をゼロにして劉邦を捕らえた。処刑して滅ぼす。中立勢力となった諸侯は懐柔するか滅ぼすかしてクリアした。

エンディングでは初めて見る事象があった。「項羽は力で押さえつけようとはせず、民は自然に平伏した」というようなセリフだ。今までは「項羽は真っ先に戦場に駆けつけた」という感じだった。条件ははっきりしないが、脅迫外交を行わなかったせいだろうか。

懐柔の際は、全て金を贈って脅迫はしなかった。しかし、エンディングのセリフは「項羽は真っ先に戦場に駆けつけた」のほうだった。「民は自然に平伏した」になる条件は不明だ。


今回は4時間、累計で95時間かかった。上級でも全てのシナリオをクリアしたので、これでいったんゲームクリアとする。

項劉記(17)シナリオ4・上級・項羽

シナリオ4・上級・項羽で始める。

ここまでリロードはしていない(やりようがない)ので、項羽でのシナリオ4であってもゲームレベル初級では難しくないようだ。

前回初級を改めて考えてみると、有利な点と不利な点があった。韓信軍の一部を捕らえたことで兵数を回復できたのは有利だった。特に運がよかったわけではないが、不運でなかったのもたしかだ。

不利な点は手番が最後だったこと。手番が先なら、士気をすこし回復できた。

劉邦軍と戦う前により弱い韓信軍との戦闘になったのは、有利だったと思うが断言はできない。

項羽・劉邦・韓信の手番のパターンは6つある。現時点での情報で考察した。対彭越戦は独立しており、しかも楽勝なので考えない。

  • 1.項羽→劉邦→韓信:前回6より不利かもしれない。ただ、一戦目で劉邦を捕らえるチャンスがある。
  • 2.項羽→韓信→劉邦:前回6よりすこし有利。
  • 3.劉邦→項羽→韓信:1より不利かもしれない。
  • 4.劉邦→韓信→項羽:1よりすこし不利。
  • 5.韓信→項羽→劉邦:前回6よりすこし有利。
  • 6.韓信→劉邦→項羽:前回のパターン。韓信戦の消耗をどれだけ抑えられるかがテーマ。

本当のところはやってみなければわからない。何も考えなくても楽勝かもしれないし、一戦目でどれだけ敵を捕まえて兵数を補充できるかの運ゲーかもしれない。


まずは項羽の手番。前回はなかった提言があった。一部軍隊で突破口を開けて彭城へ退却すべし。そうかもしれない。でも、前回は連戦を勝ち抜くことができたので垓下に留まる。

韓信が攻めてきて、パターンは2となった。前回は野戦を挑んだので、籠城してみる。勝つことができた。前回の韓信戦はいつもと違う音楽だったが、今回はいつもどおりだった。コンピューターは籠城のほうが有利だと考えているのかもしれない。運よく韓信を含む2部隊を捕らえる。韓信を処刑し、勢力もなくなった。

逃げた一部隊は、劉邦軍である灌嬰(かんえい)が率いていた。これが影響したのかもしれないが、劉邦軍は攻めてこなかった。

彭越軍も彭城に攻めてこなかった。上級ではあきらかに負ける戦闘は仕掛けてこないのだろう。単純に積極的な行動をとるわけではないようだ。

パターン2となったが、虞美人のイベントはなかった。初期配置では垓下の隣に劉邦本隊がいないらしい。ではどういうパターンなら起こりやすいのか。パターン3だろうか?


しばらく垓下にこもったが、劉邦軍は攻めてこないで近くの盱眙(くい)に撤退した。兵を補充しているようだ。盱眙の人口は多く、垓下は少ない。このままでは不利なので、彭城へ撤退する。途中で劉邦軍の敗残兵を蹴散らしておく。敵は隠蔽していることもあるので、君主情報を調べてから慎重に進む。

隠密軍団の存在は敵の君主情報で見破れる。敵の軍隊数が3なのに2つしかマップ上にないなら、隠れているということだ。

彭城の隣にいる彭越軍を包囲殲滅し、彭越を配下にする。彭城ではある程度の兵を徴兵できた。元から彭城にいた兵の一部も合わせて垓下へ戻る。

劉邦軍4軍団も垓下付近へ戻ってきている。しかし、愚かにも分散していた。慎重に進んで隠密軍団を発見しながら、垓下の劉邦を含む2軍団を包囲する。軍隊情報で君主が存在とあってもそうとは限らないが、アイコンで剣をもっていれば君主がいるはず。

項羽の「こんな城などすぐに…」というセリフは笑えた。垓下を包囲していた劉邦を逆に包囲するというのは、たしかに面白い展開だ。分散していなければ劉邦軍の兵数のほうが多い。それでも項軍は強いので野戦なら勝てただろう。ましてや半分なら楽勝だ。

劉邦などを処刑して滅ぼす。中立勢力となった諸王もすべて滅ぼしてクリアする。最後の戦闘はぎりぎりで勝つことができた。油断して兵数が十分ではなかった。大都市にこもる中立勢力を侮ってはいけないようだ。


今回は都市への入城がなかなか成功しなかった。上級では成功率が低いのかもしれない。

エンディングでは初めて見る事象があった。「項羽は力で押さえつけようとはせず、民は自然に平伏した」というようなセリフだ。今までは「項羽は真っ先に戦場に駆けつけた」という感じだった。条件ははっきりしないが、脅迫外交を行わなかったせいだろうか。脅迫外交の代わりに戦闘をしたので納得しがたいが。


項羽でのシナリオ4を見切るには、もっと数をこなす必要がある。ただ、絶望的な状況ではなく勝てるチャンスがあることは分かってきた。

今回は9時間半、累計で91時間かかった。

ウィズ6BCF(14)再開#4

ある程度レベルアップしてからは、難易度を「易しい」から「普通」にした。原則として、行けるところまでは「普通」のままで冒険してみる。

指先技

まだバードの指先技に不安はあるが、冒険を開始する。

大半のドアや宝箱は解錠できた。解錠に成功すると指先技も上昇し、さらに頼もしくなる。リロードを封印するのなら、ある程度指先技を鍛えてから冒険するほうがいいのかもしれない。

たまには失敗することもある。開かなくなったドアは ”IRON KEY” か ”COPPER KEY” を使えばいい。それでもだめなら、ノック・ノックの呪文を使う。

宝箱の罠は1回引っ掛かった。高レベルの “DIVINE TRAP” を併用すれば、罠の種類を特定するのは難しくない。それでも罠はずしに失敗することはある。なので、被害を減らす技を使う。

開けたくない種類の罠と判断したら、いったん離れる。再度開けようとすると、なぜか罠の種類はリセットされる。ましな罠に変わるまで繰り返せばいい。

強敵

ヘビには「ブラインディング・フラッシュ」で先手を打てた。ノーダメージで倒せた。

今回はマティー船長一人ではなく取り巻きもいた。でも、取り巻きには呪文が効きやすいのでたいしたことはない。呪文の効きにくい船長のほうが脅威だが、パーティには僧侶にくわえて魔法使いから転職した錬金術師もいる。ふんだんなヒール・ウーンズのおかげで、危なげなく乗り切った。

前回は難易度「普通」では食人植物に負けた。「やさしい」にしようかと思ったが、今回が最後なので一度は「普通」で挑戦してみる。

今回は HYDRA PLANT は1体のみ。しかも、睡眠攻撃をしてこなかった。運がよければ楽に勝てることもあるわけだ。


洞窟にたどり着いた。もうすこしで泉だ。前回同様に、当分は泉の近くで経験値稼ぎをする。

また飽きるはずなので、雑記を書いたり別のゲームに手を出すかもしれない。


今回の全滅などによるリロードは0回、累計では0回だった。

今回は6時間、累計で32時間半かかった。

レトロゲームの思い出と攻略