「ゲーム」カテゴリーアーカイブ

バーズテイル(22)マンガーの塔#3

マンガーの塔レベル3

階段を上ると、いきなりまっくら。レベル3には多数の部屋がある。部屋を区切る通路は、すべてダークゾーン。さらに、罠・回転床・呪文の打ち消し・テレポートなどが邪魔をする。特にテレポートは踏み込んだことに気づかないと、書いているマップがぐちゃぐちゃになってしまう。なにかあるはずなのに、なにも起きていないと思う時こそ危ない。

レベル4へ上がる階段は、謎を解かないと出現しない。謎の答えは7つ。7つとも、このフロアにある。今回は答えを3つ見つけた時点で、謎に遭遇した。昔の記憶で答えてみる。正解できた。

昔の記憶で答えたのは、一つの余興。のつもりだったが、すこし楽になった。今回は偶然にも、出現した階段付近の探索が未済。なので、どこに階段が出現したのかを自然に分かることができた。本来であれば、ほぼ探索済みのフロアを再度探し回らなければならない。

壁の気化は無効。空間の超越も、このフロア内では無効のようだ。レベル1から謎を出す魔法の口へは、空間の超越を使うことができる。レベル1ヘ脱出することも可能。いきなりレベル4以上へ入ることはできなかったはず。いちいち謎に答える必要がある。覚えてしまったのも無理はない。

謎に答えたら階段まで歩く。途中にはダークゾーンに加えて、呪文の打ち消しがある。面倒くさい。


敵は探索の邪魔。基本的に逃げる。数が少ない時は戦ってみた。負けることはないが、石化されることはある。治療するには町の寺院へ行く。パーティ内呪文で治すことはできない。石化は本作で一番嫌な攻撃だ。そういう敵はできれば避けるほうがいい。

以下のアイテムを見つけた。

  • ダイアモンドプレート 防具。たぶん、ウォーリアーだけが装備できる。
  • ドラゴンワンド
  • ウォーグラブ 防具

以下の場所やメッセージを見つけた。

  • 「第一」 謎の答え
  • 「第二」 謎の答え
  • 「第三」 謎の答え
  • 「第四」 謎の答え
  • 「第五」 謎の答え
  • 「第六」 謎の答え
  • 「神は」 謎の答え
  • 「石炭」 ダメージの警告
  • 魔法の口 謎に答えると、上への階段が出現
  • 「鍵」 鉄の門の鍵。下水道を経由しなくても、マンガーの塔へ入れる。キリアランの塔にも有効。
  • 「北21・東ゼロ」には、なにかがあるようだ。しかし、入ることはできなかった。

今回は3時間、累計で60時間かかった。

バーズテイル(21)マンガーの塔#2

マンガーの塔レベル2

レベル2の前半はレベル1に酷似した構造をしている。レベル1と同じメッセージもあり、混乱させようとしているらしい。もっとも、違うレベルにテレポートするとディスクアクセスがあるので、すぐ気づけるだろう。

ダークゾーンや煙などが探索の邪魔をする。しかし、探索を飛ばしてしまうとキーアイテムを取りこぼしてしまう。壁の気化の呪文は有効なので、助けになる。

敵はレベル1より強くなる。まだ苦戦はしない。固定敵はたいしたことがなかった。

以下のアイテムを見つけた。

  • ダイモンドヘルム 防具。誤植だろう。
  • ドラゴンシールド 防具
  • ブレイサー[4] 防具。すでに見つけていたはずだが、忘れていたので書いておく。
  • スピードブーツ 防具の効果がある。素早くもなる、かもしれない。
  • メイジスタッフ
  • スタッフオブロー
  • ロアーヘルム 使うと、異常発見の呪文の効果。
  • パワースタッフ 使うとたぶん、グループ攻撃呪文「魔力の放射」の効果。威力はいまいち。

以下の場所やメッセージを見つけた。

  • 下への穴 一方通行。
  • 「出口」 混乱を誘うメッセージ
  • 魔法の口 謎に答えるとキーアイテムが手に入る。ヒントは、すでに持っているだろうキーアイテム二つと、酒場でチップを渡すと得られる情報。答えは英字6文字。
  • 「スペクタースネアー」 最強アイテムの情報。
  • スペルポイント回復 ハーキン城レベル1の貴族の寝室の奥と同じ。実用性は低い。
  • テレポート 十字路のひとつから、別の十字路に飛ばされる。なにが起きたか分かりにくい。
  • カタコンベ・レベル2「停滞」と同じ罠 カンジュラーの最高レベル呪文がなければ、リセットするしかない。
  • 上への階段

今回は2時間半、累計で57時間かかった。

バーズテイル(20)マンガーの塔#1

マンガーの塔への入り方

地上からマンガーの塔へ向かっても、鉄の門が邪魔をする。オニクスの鍵は鉄の門の鍵ではない。

鉄の門をすり抜けるには、下水道レベル3にあった長い階段へ向かう。空間の超越を使えば一瞬。

前回塔に来た時は、入ることができなかった。今回はオニクスの鍵があるので入れる。

マンガーの塔レベル1

ここでテレポートに悩まされることはわかっている。最初からマッピングすることにした。この先には広いダークゾーンもあったはず。マッピングなしは、もう十分だろう。

ランダム敵はキリアランの塔より強いが、苦戦はしない。いくつか固定敵がおり、これは強い。一番危険な敵は、大集団でグループ攻撃呪文をかけてくる。新しい敵で数も多いなら、全力で立ち向かったほうがいい。

以下のアイテムを見つけた。

  • ソードオブパック 武器
  • ウォースタッフ 武器
  • ソーサラースタッフ 武器
  • ソウルメイス 武器
  • ダイアモンドシールド 防具。たぶん、ウォーリアーだけが装備できる。

以下の場所やメッセージを見つけた。

  • 「坂の手前」
  • 「地獄」
  • 「出口」
  • 「精進」 レベル2へ上がる。

探索を終えて気づいたこと。レベル1の情報は必須ではない。雰囲気作りのみ。苦労して探索しなくてもいい。最初の階段の位置から壁の気化を使って、南へ一歩行く。さらに南方向へ向かえば、レベル2へ上がれる。


今回は2時間半、累計で54時間半かかった。

バーズテイル(19)キリアランの塔

キリアランの塔

入り口付近からすぐにテレポートさせられる。壁の気化と空間の超越の呪文は使えないので、奥に進むしかない。ある程度のレベルがないと、野垂れ死にするだろう。

敵は一段と強くなる。それでも高レベルのおかげか、逃げるのに失敗したことはなかった。塔の外へ脱出できる機会はすくない。逃げるのは有効な攻略法だ。まともに相手をしていると、SPの消耗が激しい。

数の少ない時を選んで、すこしは戦ってみる。容易に勝つことができた。ハーキン城よりも、いいアイテムを落とす。


ダンジョンはきつい。大きなダークゾーンが二つある。マッピングしないと対応できない。一つ目のダークゾーンには、二つ目のダークゾーンを抜けるために必須のポイントがある。あっさり抜けてしまうと、かえって苦労してしまう。

二つ目のダークゾーンの出口は南側にある。しかし、北側にもキーアイテムがあるので取りこぼすと後で面倒だろう。全てマッピングするつもりのほうが、早道かもしれない。


蛇行した通路の先には、究極のハマりトラップがある。カタコンベ・レベル2・「~停滞~」と同じ罠。しかし、キリアランの塔では空間の超越も無効。事前に警告はあるのだが、様子見のつもりで踏み込んでしまった。画面をポーズしディスクを抜いて電源を切る。

カタコンベ・レベル2・「~停滞~」の記憶はあったのだが、ここは覚えていなかった。昔は攻略本べったりだったのだろうか。


以下のアイテムを見つけた。

  • シーフダガー
  • アークシールド
  • ヒールハープ
  • フロストホーン
  • ゴルツフルート
  • ダイアモンドソード
  • ウイッチャースタッフ

以下の場所やメッセージを見つけた。

  • 魔法の口1 謎の答えは付属地図にある。町をくまなく調べてあれば知っているだろう。そうでなくても、なぞかけをよく読めば見当はつく。
  • 「大地」
  • 「歩かねば」
  • 魔法の口2 謎のヒントはこのエリアにあるが、すこしわかりにくい。下水道レベル1に、明確なヒントがある。
  • 「シルバートライアングル」 キーアイテム。二つ目のダークゾーンの北。
  • 「毒針」のメッセージ 二つ目のダークゾーンの南。もし、先に強敵に出くわしたら、戻って必ず聞いておく。
  • 強敵 たぶん、「クリスタルソード」が有効。しかし、他の方法でも倒せてしまう。
  • 「毒針」 この場所に踏み込むと、リセットするしかなくなる。
  • キリアラン キーアイテムのオニクスの鍵をもらう。

現在のレベルは、前衛25~24、後衛ウィザード13。


今回は3時間、累計で52時間かかった。

バーズテイル(18)稼ぎ@兵舎

稼ぎ

キリアランの塔へ向かうため、まずカタコンベへ戻る。アイルドレックから「水晶の目」をもらう。次はハーキン城のマッドゴッドだが、その前にレベルを上げておく。入る手順が面倒な「キリアランの塔」は、一気に片をつけたい。レベルを上げておけば逃げやすくなり、探索の邪魔を排除できる。

ジムはハーキン城レベル3の兵舎。「心霊の爆炎波」を計3回唱えれば、残りは前衛だけで十分。終わったら空間の超越でレベル1と行き来する。前衛は24、後衛ウィザードは13レベルになった。

ウィザードは全ての呪文を覚えて、タフな上級悪魔も呼び出せる。2種類の上級悪魔の強いほうは、どんな強敵だろうと一撃で倒す。2種類とも、よくわからない呪文を唱えることもある。この場合は何も起こらない。今は、風の巨人を使っておく。


マスターレベルのウィザードは、レベルを上げるのに莫大な経験値が必要。たぶん、1レベル上げるのに兵舎1時間では足りない。これくらいで止めておく。

レベルを楽に上げる技も存在する。実際に、かつて三人のウィザードをレベル「**」・HP一千台・SP「***」まで育てた。今の段階で技を使うことも可能なはず。しかし、マンガーを倒すか、きつさを感じるまでは封印する。


今回は1時間、累計で49時間かかった。

バーズテイル(17)ハーキン城#3

ハーキン城レベル3

前半は、特に見るべきものもない。よく調べると、奥のエリアに通じる道があった。

奥で重要なのは2つ。1つ目は1×1の小部屋を通り抜けたダークゾーンの先。テレポートすると、東西南北にそれぞれ一歩進める。そこでさらにテレポート。うち、三つは外れでレベル3開始付近に戻されてしまう。当たりの先でも一方通行のドアに邪魔をされるが、壁の気化の呪文で戻れる。

兵舎では本作で最大数の敵と戦闘になる。単体ではたいしたことがなくても、これだけの数がそろうと脅威。こういう時、呪文使いが三人いるのは心強い。バードは「ウェイランドの夜警」を歌う。無事勝てた。勝てるのであれば、いい経験値稼ぎポイントだ。

兵舎の先にはマッドゴッドがいる。「水晶の目」がないと反応しない。あれば戦闘になる。

マッドゴッドを倒すと「キリアランの塔」に飛ばされる。いったん撤退した。「水晶の目」はなくなったので「キリアランの塔」へ向かうには、カタコンベのアイルドレックを倒すところからやり直しになる。


重要箇所2つ目の前には、また老人がいる。なぞなぞが好きらしい。答えはゲーム付属の地図を頼りに地上を調べればわかる。ここは不親切で、答えると戦うの二択しか明示されない。実は、「ESC」キーを押せば後退できる。

この謎は地上をしらみつぶしにすれば、マニュアルプロテクトとして使われる付属地図がなくても解けるだろう。しかし、地図がないと解けない謎もあったはず。書いていなかったが、中盤までのレベルアップ時にもマニュアルプロテクトがある。付属地図は必須だ。

老人の先のエリアでは限界を感じ、今回一連で初めてマッピングした。同じような見た目が連続するのに加えて、ダークゾーン・一方通行のドア・テレポートが邪魔をする。たぶん、左手法は通用しない。感覚に頼るのも厳しい。幸い、広いエリアではなかった。中央にはメッセージがある。


敵とドロップアイテムはレベル2と変わらないようだ。以下の場所やメッセージを見つけた。ダークゾーンのたぐいは、もういちいち書かないことにする。

  • 兵舎 奥に強敵。
  • 像 カタコンベ・レベル3ボスから奪ったキーアイテムがあれば、「キリアランの塔」への道が開ける。
  • 老人 謎の答えは地上にある。知らないなら「ESC」で後退して出直す。
  • 「クリスタルソード」 この先のヒント、ではあるが、そこまで頑丈に守るほどの重要ヒントではなかった気がする。

現在のレベルは、前衛は20、後衛ウィザードは11。


今回は2時間半、累計で48時間かかった。

バーズテイル(16)ハーキン城#2

ハーキン城レベル2

ハーキン城は下水道ほど曲がりくねってはおらず、見通しもいいほう。代わりにダメージ地帯・テレポート・煙・一方通行のドアといったものが邪魔をする。いやらしいのは、広い空間におけるダークゾーン。左手法が使いづらいからだ。さいわい、明かりが消えるのは数か所だけ。マッピングなしでいけた。

レベル1の王座や強敵は、呪文ですり抜けることもできた。レベル2でそれはできない。知る限りにおいて、レベル2では壁の気化の呪文は無効。空間の超越で入ることもできない。レベル2で空間の超越を使い、別の階へ脱出することはできる。

敵はレベル1より、すこし強くなる。それでも、固定の強敵を含めて苦戦はしなかった。敵が強い分、いいアイテムが出る。以下を見つけた(キーアイテムなどは含まない)。

  • アダマント系の武器・防具 防具はミスリル系よりも、1だけ良くなる。武器もミスリル系よりは良いのだろうが、「キールズアックス」・「ブラッドアックス」ほどではない。
  • ホークブレード 武器。
  • ピュアブレード 武器。使うとおそらく、「回復の叫び」の効果。
  • マジックマウス 道具。使うと異常発見の効果。
  • エクソワンド 道具。使うと味方に効果。
  • ラックスシールド 防具。ウィザードでも装備できる。
  • カーペット 道具。使うと浮揚の効果。
  • ブルーム ウィザードが使える武器。使うと浮揚の効果。

以下の場所やメッセージを見つけた。

  • 「魔法の口」 1番目の英単語の最初を、2番目の英単語の最初+最後で置き換える。すると、意味のある英単語(複数形)になる。イバラシールド(使うと、神秘の防壁の効果)をもらえるので、事前にアイテム枠を空けておく。
  • 「奴隷宿舎」 奥には強敵がいる。本作には珍しく、敵のHPは高い。長期戦になる。こういう場合は、補助魔法やバードの歌が役に立つ。
  • 「ヤバイ」 近くに上への穴がある。
  • 上への穴 穴のある位置に入ると、穴は見えなくなる。事前にソーサラーの呪文で探知することもできない。手前の位置で、画面を見て気づくしかない。
  • 「イヤな」
  • 「図書館」
  • 「やせた男」 謎のヒントは下水道レベル2。先には、キーアイテム「シルバースクウェア」がある。
  • パーティにかかっている呪文を消されてしまう。
  • ダメージ地帯
  • テレポート
  • ダークゾーン
  • 煙 視界が極端に短くなる。

前衛は19レベル、後衛ウィザードは11レベルとなった。


前回ハーキン城レベル1の貴族の寝室の奥を、再度調べてみた。レベル1では「~ウォーリアー~」との戦闘後に「ローブ」が手に入る。ウォーリアーは6人いるので、「ローブ」には意味があるのかもしれない。全員「ローブ」を装備して寝室の奥へ踏み込む。

特にメッセージなどはない。ただ、画面表示に違和感を感じる。ようわくわかった。ここでは、地上で日光を浴びた時と同様にスペルポイントが回復する。「ローブ」を装備するかどうかは関係なかった。満タンなので確認していないが、HPも回復するかもしれない。

回復のペースは地上と同様で遅い。怪物も普通にわく。プレイヤー有利なポイントではあるが、実効性は薄い。


今回は4時間、累計で45時間半かかった。

バーズテイル(15)ハーキン城#1

ハーキン城レベル1

「塔へ急げ」というメッセージに従い、キリアランの塔へ行ってみた。しかし、まだ入ることはできない。マンガーの塔へ行くのは最後だったはず。

町の北西にある城へ行ってみる。城の情報はないが、他にめぼしい場所はない。入ろうとするとグレイドラゴンが邪魔をした。ブレスのダメージは大きいが、カタコンベ高僧のドラゴンと同程度。


ハーキン城レベル1の敵は、カタコンベ・レベル3とほぼ同じ。来るべき場所はここでよさそうだ。

見つけた場所やメッセージをまとめておく。

  • 「~タペストリー~」
  • 「~大理石~」
  • 「~王座~」 バードに反応して道が開ける。呪文を使ってすり抜けることも可能。
  • 「用心棒~」
  • 上への階段
  • 「~行き止まり~」
  • 煙 視界が極端に短くなる。呪文を使って脱出すれば楽。位置を確認してから、空間の超越を使う。冒険者のギルドに戻れば治る。
  • 「~守衛室~」
  • パーティにかかっている呪文を消されてしまう。
  • 「~ウォーリアー~」 ローブが手に入る。
  • 「~牢屋~」
  • ダメージを受ける場所 呪文でなにかがあると察知することはできるが、解除することはできない。
  • 回転床
  • テレポート
  • ダークゾーン
  • 強敵 パーティ全体に強烈なブレスを吐き出す。
  • クリスタルソード キーアイテム、だったはず。すでに持っているパーティーは取ることができない。強敵の向こうにあるのだが、呪文ですり抜けることは可能。
  • 貴族の寝室 奥には何かがあるようだが、反応しなかった。条件があるのかもしれない。今思いついたことがあるので、次回試してみる。

前衛は18レベル、後衛ウィザードはレベル9となった。


今回は1時間半、累計で41時間半かかった。

バーズテイル(14)カタコンベ#4

カタコンベ・レベル3

ダンジョンはひらけて見通しがよく、仕掛けを別にすれば迷いにくい。例外は小部屋の連なるエリアだが、ダークゾーンのように左手法を使えば楽。

敵との遭遇率は高い。強さはレベル2より少し上程度。レイスからは逃げるのに失敗することもあった。レイスがひきおこす状態異常はパーティ内で治せる。それほど脅威ではない。

新たなアイテムを見つけた。

  • 「フィンズフルート」は楽器。防具の効果がある。
  • 「シールドリング」はその他の装備。防具の効果がある。

見つけた場所やメッセージをまとめておく。

  • 回転床
  • テレポート
  • 「~石像~」
  • パーティにかかっている呪文を消されてしまう。
  • 「~アイルドレック~」 カタコンベのボス。倒すと、キーアイテム「水晶の目」が手に入る。

アイルドレックを倒すのは簡単。下げられたレベルは寺院で治してもらえる。「バーズテイル」でのレベルドレインは怖くない。

前衛は17レベルになった。後衛ウィザードはレベル8となった。


今回は2時間、累計で40時間かかった。

バーズテイル(13)カタコンベ#3

カタコンベ・レベル2

ここはパーティーを遭難させるべくデザインされている。試しに探索するだけであっても、呪文使い全員がカンジュラーとマジシャン双方の全ての呪文を使えたほうがいいだろう。それでもまだ、強敵に挑むにはHPが足りない。ソーサラーの「心霊の爆炎波」・「風の竜」も欲しい。そこまでレベルがあれば、呪文使いも生き残りやすくなる。慎重にいくなら、呪文使い全員を他3職の呪文をすべて覚えたウィザードにしておく。

迷路は下水道ほど難しくない。大きく分けて5つの区画がある。

  • レベル1に通じる階段付近の多数の小部屋
  • 高僧の間および、連なる通路と部屋
  • 高僧の間から抜け出た先の迷路
  • 東西に延びる3本の通路および、真ん中の通路に通じる部屋など
  • 危険な通路

「レベル1に通じる階段付近の多数の小部屋」のうち二つが先へ続いている。一つは一方通行で、危険な高僧の間に通じている。もう一つは、「東西に延びる3本の通路および、真ん中の通路に通じる部屋など」に通じている。

ランダム敵はレベル1より強い。それでもここまで来れたのなら、十分倒せるだろう。ブルードラゴンはパーティ全員にブレスを吐くが、ダメージはそれほど大きくない。なんとか耐えられるだろう。

一部のタフな敵は、パラディンの1ラウンドの攻撃では倒れないことがあった。しかしこれも、それほど脅威ではない。


高僧の間は「心霊の爆炎波」・「風の竜」を使えれば難しくない。パーティを強化し補助する呪文が消されてしまう場所がある。これは先へ進んでから、呪文をかけ直せばいい。ダークゾーンは左手法で抜けられる。

「高僧の間から抜け出た先の迷路」は、「東西に延びる3本の通路および、真ん中の通路に通じる部屋など」に通じている。下水道よりは楽な迷路。マッピングもメモも必要なかった。1つある回転床は「鋭敏なれ知覚」で把握しておけば、たいしたことはない。

「東西に延びる3本の通路および、真ん中の通路に通じる部屋など」の部屋の一つに、下への階段が隠されている。南にあるドアは「危険な通路」に通じている。


「危険な通路」には二つの危険がある。場合によってはハマる。

東のドアへ進むと、カンジュラーかマジシャンの高レベル呪文以外では引き返せない。先にあるのは、カタコンベ・レベル1のメッセージにあった「~闇の宴~」。高僧の間のドラゴンより厳しい。プラムとカリナが死んでしまった。なお、敵を倒せたとしても呪文がないと戻ることはできない。

西へ進むと警告がある。警告は、はったりではない。さらに進むと、カンジュラーの最高レベル呪文がなければ戻れない。


見つけた場所やメッセージをまとめておく。

  • 「~高僧の間~」 直前で、パーティにかかっている呪文を消されてしまう。
  • ダークゾーン 抜けると高僧がいる。
  • 高僧 危険な敵がいる。
  • 「~目を~」 後のヒント
  • 高僧の宝物庫 危険な敵がいる。特に固定の宝があるわけではない。
  • 回転床
  • 下への階段
  • 「~停滞~」 はったりではない警告。進むなら、カンジュラー最高レベル呪文が必須。
  • 「~闇の宴~」の場所 この階層で最も危険な敵がいる。倒したとしても、カンジュラーかマジシャンの高レベル呪文がないと戻れない。

敵が強くなった分、新たなアイテムを見つけた。

  • 「シールドスタッフ」は呪文使いが使える武器で、防具の効果もある。4人目に持たせておく。
  • 「デイブレード」・「キールズアックス」・「ブラッドアックス」は武器。たぶん、ミスリル系よりも強い。
  • 「エルフクローク」は、防具とは別に装備できる。防具の効果がある。
  • 「ドークリング」は、効果不明。今気づいたが、使ってみれば分かるかもしれない。ただ、「ドーク」は “dork” かもしれないので、ためらいもある。

前衛は16レベルになった。呪文使いは13レベルでソーサラーを卒業し、最上級職のウィザードでレベル4となった。


今回は2時間、累計で38時間かかった。