「ジャンル・ARPG」カテゴリーアーカイブ

ブランディッシュ2(4)ゲーム開始・PRISON

無印と同じく攻略情報は手に入りやすいようなので、全マップのくわしい記事がなくてもいいだろう。記事は網羅性よりも独自視点を重視していく。

PRISON B4

無印と同じくHPは1から始まる。最初の時点で危険はない。まず休息をとる。部屋にはメッセージがあるので読んでおく。セーブしてからドアを蹴破る。


このゲームに感じる細かい不満のひとつは、最初の敵である「カマキリグモ」の動きが読みづらいこと。たいした敵ではないのでパワープレイ(ここでは、味方の受けるダメージを気にしないで強引に敵を倒すという意味)でいいのだが、初めにそういうくせがつくと後で苦労するだろう。「カマキリグモ」自体は、いつ奇襲されるか分からないという緊張感があり悪くはない。しかし、本作2から始める人への最低限の配慮もいる。最初の敵は読みやすい「スライム」中心のほうがよかった。

文句とは別に現実への対処もいる。まずは、安全に休息できる区画を探す。いずれかのドアの向こうにあるはずだ。それまでは敵をなるべく避ける。やむを得ないときは、最初の部屋のすみで休息する。

武器を手に入れたら基本的には普通に使う。敵と一対一で横槍が入らない状況なら、武器を外して節約してもいい。

今の時点では開かないドアもある。放っておくしかない。

PRISON B3

落石は危険だ。到達した時点でレベルは4でHPは26。1回当たったがダメージは13だった。つまりもう一回食らったらゲームオーバーなので、これは厳しい。レベルは5まで上げておいたほうがいい。

落石のタイミングは読めないが、落石のある場所は決まっている。このことは今回初めて気づいたと思う。昔と比べると衰えを感じることもあるが、観察力や推測力は上がっているようだ。

英雄伝説2のプレイで感じたが、昔と比べて筆者にはそれなりの老獪さが備わったが、スタミナは減ってしまった。

落石のあるエリアの奥には宝もあるが、生き残ることを優先して深入りはしない。

PRISON B2

銀製アイテムを無理に持ち出そうとすると、ゲームオーバーになることもある。今はおとなしく警告に従っておく。


ボスが初登場する。パワープレイは効かない。しかし、このゲームの基本である側面への回り込みに徹すれば難しくない。ノーダメージで倒せた。

ここでは鎧が手に入る。ボスを倒す前でも手に入るかもしれない。このことは毎回倒した後で、そうだったと思い出す気がする。どうせノーダメージで倒せるので、記憶する必要を感じないのだろう。

PRISON B1

スイッチは一つだけ押してから奥を確認しに行く。カイザーナックルの永久品があるので手に入れておく。

当分の間、ここより先に店はない。最強1、2本と永久品以外の武器は売ってしまっていい。まだ慣れていなくて心配なら、 POTION を買っておく。

PRISON 地上

ボス戦の武器はクロスシールドを選ぶ。次のエリアでは両手に盾を構えるスタイルが有効だからだ。

やはり、側面への回り込みに徹すれば難しくない。と言うよりも、それしかないだろう。無印とは違うので、正面から剣技で勝負しようとしてはいけない。ノーダメージで倒せた。

インストールなどを含めて、ここまでで3時間ぐらいかかった。

ブランディッシュ2(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)死亡回数ゼロをめざす。
(2)セーブ・ロードによるやり直しは、原則としてしない。
(3)攻略情報は、原則として見ない。
(4)最後の敵に対して、復活の指輪がなくなるまではある魔法を使わない。

補足する。

(1)無印よりも難しいので、死亡回数ゼロをめざすだけで十分に楽しめるだろう。

(4)最後の敵との戦闘ではある魔法が絶大な助けになるが、追い込まれるまでは封印する。

ブランディッシュ2(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1993年日本ファルコム製。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・20MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。PC-9801VM以降・PC-286/386に対応。メモリは640KB必要。バスマウスが必要。ハードディスクに対応。FM音源に対応。

ハードディスクはあったほうがいいが、なくても苦痛を感じるというほどではないと思う。

外付けのフロッピーディスクドライブの動作は保証しないと明記されている。

スーパーファミコン版もあるようだ。(PC版との内容の差は不明。) 各自で調べてほしい。

プロジェクトEGG(PC-9801などのレトロゲームをWindowsで利用できる)でも配信されている。対応OSについては、各自で調べてほしい。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

ブランディッシュ2(1)ゲームの紹介と昔の話

「ブランディッシュ2」をやってみる。アクションRPGだが、前作の「ブランディッシュ」(無印)とくらべると難しくなった。それでも難しすぎるということはない。

無印とくらべてボリュームは大幅にアップした。両手に盾をかまえることができるなど、システムもすこし変更された。

後半の敵はボスだけでなくザコも強いので気が抜けない。無印の感覚でいると苦戦するが、バリアの魔法などを使えばなんとかなる。

続編ゲームでは前作で使えた技を封じられることが多いが、このゲームにそういうことはあまりなかった。途中から演出に省略を感じたが、トータルでの不満はない。

このゲームは何回かエンディングまでいっている。最初のプレイでは終盤になんどもゲームオーバーになってしまった。それでも自力でクリアできた。今は攻略情報もあるので、あきらめなければほとんどの人がクリアできるはずだ。無印と同じく今でも通用するゲームだと思う。

無印と2のどちらを先にやってみようかと思う人には、無印をすすめる。2をやった後の無印は、質・量ともに物足りない。(本作2に感じる細かい不満のひとつは、2のパッケージにある無印の宣伝文句。2をクリアした後で無印をやるのは遅すぎる。) 無印を楽しめてさらに挑戦したい人に2はぴったりだ。

ブランディッシュ(16)ゲームを終えて

要約記事を作成した

難易度も時間もちょうどよかった。ほかのゲームで詰まっていたので、いいリハビリになった。

廃墟7で詰まってしまった。かつては自力でなんどもクリアしたはずなのだが、どうしても先へ進むワープポイントが見つからない。攻略本に頼ることにした。

人間の行動パターンはなかなか変わらないものだが、変わることもあるようだ。それとも攻略本があるのだから、そんなにがんばらなくてもいいと思ってしまったのだろうか。

実は、マップの宝箱(青)となにもない場所(黒)を識別しづらかった。かつては苦労しなかったはずだ。肉体的にはもうろくしてきているのを認めざるを得ない。せめて精神面ではがんばりたい。

案外と書くことがないのだが、良ゲームほどそういうものかもしれない。アクションは嫌だというのでなければ、万人におすすめできる。

このゲームは時間をおけばまだ楽しめそうだが、PSPでのリメイク版もあるのでPC版はもういいだろう。

いいゲームだった。

ブランディッシュ(15)要塞頂上~ラスト

このゲームもあと少しだ。すべりやすい床の部屋には敵がひしめいているので慎重に進む。しばらくは部屋の入り口付近で床と敵の特性をつかむとよい。ある魔法を使えばあまり難しくない。1体だけいる敵を倒せば先へ進めるようになる。

罠にはヒールとバリアの魔法とガードで対抗する。慎重に進めばだいじょうぶだが、油断すると大ダメージを連続して食らってしまう。先へ進む道が見つからないと思ったら、周囲の壁を探してみる。

妙な壁の向こうの先では最強剣が見つかる。まずボスを倒さなければならないが、MGRが高ければたいした敵ではない。この敵はINTを鍛えるのに最適なのですこし利用してから倒す。敵の攻撃に苦労するようならMGRを鍛えておく。そうでないと最後にもっと苦労する。

最後の敵は強烈なダメージを与えてくるので、すこしレベルを上げておく。経験値はラクシャーサとヘッドレスのいる部屋のヘッドレスがおいしい。

要塞3にはダメージを受ける穴が大量にあり、マップの踏破を妨げている。昔はがんばった気もするが、今回はそんな気になれない。ヒールの魔法を使えばある程度までいけそうだが、あきらめることにする。

思い直して要塞3のマップ踏破に挑戦する。それほど難しくなかった。無理をしなければだいじょうぶだ。なお、マップ踏破はやりたいからやっているだけで、なんの対価もない。プロの冒険家などとは違う。

最後の敵にはあまり苦労しなかった。まずは防御と回復に徹して敵の動きをつかむ。比較的安全に敵に近づけるポイントを見つける。それから魔法と薬を多用すれば倒せるだろう。筆者も初めての時は苦労したが、最強盾とダブルの魔法がなくても倒せたくらいなのでなんとかなるはずだ。

筆者の計測では今回は2時間、累計で27時間半かかってゲームクリアした。

クリア時のレベルは88、STRは95、INTは91、MGRは99、脱出時間は23:53、死亡回数は1回、マップ踏破率は86.31%だった。筆者による計測時間とは思ったよりもずれがあった。

ブランディッシュ(14)要塞5~7

要塞5・6・7は立体的に複合した複雑な迷路になっている。探索しつくせば、マップはすべて埋まる。

敵も強い。囲まれないことがだいじだ。もし追い詰められたら、ジャンプして敵を飛び越して逃げるという手もある。

「かなりの荷重」が必要なスイッチは、要塞5・6・7が複合した謎になっている。

くまなく探せば、最強鎧・最強盾・強力な魔法が手に入る。最強盾は壁のスイッチを作動させたワープポイントの先にある。意味のないワープポイントがあったら、周囲の壁をよく調べてみる。

強力な魔法は妙な壁の向こうにあるが、この妙な壁は例外的にマップでは認識できない。空白地の周囲を探せば見つかるはずだ。

今回は2時間、累計で25時間半かかった。

ブランディッシュ(13)要塞3・4

要塞3では激しい戦闘になる。敵が多い部屋にはむやみに踏み込まない。まず、入り口に近づいた敵にヒットアンドアウェイを繰り返して敵を減らす。敵がいなくなったように思えても、まだ隠れているかもしれないので気は抜かない。

正面から対決することを強いられる場所もある。塔の最後で登場したボスに対しては、あせらずじっくり敵のパターンを見極めてから攻撃に移る。ヒールとバリアの魔法も助けになるだろう。

洞窟の中盤で登場したボスは移動ができない。遠くから見かけたら、ストップの魔法か救済アイテムを使う。不意打ちを食らうこともあるが、落ち着いて救済アイテムを使うチャンスを待てばだいじょうぶだ。

マップをよく探すと店が存在する。うまく使えば金を増やせるが、そこまでしなくてもゲームクリアはできる。

今回の目標と縛りには書かなかったが、可能な限りの地点を踏破したい。

要塞3にはダメージを受ける穴が大量にあり、マップの踏破を妨げている。昔はがんばった気もするが、今回はそんな気になれない。ヒールの魔法を使えばある程度までいけそうだが、あきらめることにする。

要塞4にも強敵が登場する。1つ目の敵はフットワークを駆使すれば難しくないが、思わぬ仕掛けに引っ掛かってしまうかもしれないので注意する。正面から対決すると苦労してしまうので、ヒールとバリアの魔法に頼ったほうがいいかもしれない。

2つ目の強敵はパワフルなボスだ。はさまれないようにしながら、ヒットアンドアウェイを繰り返す。動きは鈍いが、欲をかかずに一撃離脱に徹する。

もし詰まったら、マップをよく見れば先へ進む手がかりが見つかる。

要塞4では復活の指輪が砕けてしまった。思わぬところに敵がいた。また油断してしまった。

今回は1時間半、累計で23時間半かかった。

ブランディッシュ(12)やり残し

ワープの魔法を手に入れたので、今までにやり残した場所を埋めることにする。ゲームを開始した廃墟の最初まで戻って、マップを可能な限り埋めておく。

ワープの魔法がないと手に入らないアイテムもいくつかあるが、手に入れても特に有利になるわけではない。こだわりがないなら無視してもいい。

もしゲームに影響があるとしたら、廃墟10の店に売っている2種類の魔法だろう。高価なので、要塞をもうすこし進めないと金が足りないかもしれない。ボス以外には永久剣しか使わない筆者の場合でも、金塊や武器を売り払って何とかなる金額だった。

2種類の高価な魔法がどの程度の威力なのかは、よく覚えていない。後で試してみる。

今回は3時間半、累計で22時間かかった。

ブランディッシュ(11)要塞1・2

要塞が最終エリアになる。当然だが敵は強く、迷路はさらに複雑だ。店では盾が売っているので買っておく。

このゲームの大半の敵は隣接するまでこちらを認識しないので、フットワークを駆使すれば倒しやすい。要塞ではそれが通用しないことが結構あるが、いくつか攻略法はある。

  • 敵に近づく方向を変えてみる。
  • ヒールとバリアの魔法
  • ゲーム速度「遅い」
  • 救済アイテム

要塞1・2ではヒールとバリアの魔法を併用すれば、なんとかなる。

要塞1の謎解きポイントでは、あらかじめマンティコア以外の敵を倒しておく。マンティコアは復活してしまうようなので全滅させなくてもいい。謎解きは、メッセージをよく読めば問題ないだろう。

要塞2ではある特殊な敵が登場する。マップをよく見て次にどうなるか予測して、ワープの魔法で先回りするといい。

今回は1時間半、累計で18時間半かかった。