「ジャンル・ARPG」カテゴリーアーカイブ

ブランディシュ(8)塔6~頂上

塔6では3つの道のどれかを選ぶことになる。選ばなかった道も後で通れるようになるのだが、だからと言ってどれを選んでも同じではない。

事前に情報を知っていれば右の道を選ぶのがセオリーだろう。右の道は危険だ。でも後回しにすると、もっと危険になる。今回はかすかな記憶があったのか偶然だったのかわからないが、右の道を選んだ。

かなりレベルアップしてから再訪するのであれば、右の道を選ばないというのも悪い選択ではないかもしれない。

塔7では失敗すると面倒かもしれないポイントがあるので、慎重に進みたい。塔6の店で情報を聞いておけば問題ないだろう。ここではファイアの魔法が役に立つ。

塔9では2つの数字を示せばいい。

塔の頂上にはボスがいる。落ちているアイテムは罠なのでボスを倒すまでは無視する。フットワークを駆使してはさまれないようにすれば難しくない。

ボスは2体いるのだが、1体を倒した後に残り1体の動きが速くなった気がする。386マシン特有のバグだろうか? このような時は落ち着いてゲーム速度を「遅い」にすれば問題ない。

難しくしたいなら、1体を倒してから残り1体と正面から対決する。後悔したら、ゲーム速度「遅い」が助けになる。

今回は2時間、累計で10時間半かかった。

ブランディシュ(7)塔1~5

塔では新しい仕掛けに悩まされて先へ進む道が見つからないかもしれない。仕掛けについての情報は買うこともできるし、マップをよく見ても見抜くことができる。

敵は新たな動きをしてくる。側面や背後から不意打ちを食らうこともあるので、HPは常に万全にしておく。高価だが廃墟でヒールの魔法を買っておくと役に立つ。

迷路も複雑になり立体化している。フロアの一部に行かれない場合、通路を見落としているとは限らない。いったん先のフロアへ進めば、通路が見つかるかもしれない。

罠もパワーアップしており、連続でダメージを与えてくることもある。塔ではこれが一番厄介だ。すぐに離れないと、あっという間に倒れてしまう。見づらい場合もあるので油断できない。

塔5には危険な敵がいる。はっきり警告されるが、こけおどしではない。アイテムを使うか、キャラクターをかなり鍛えないと難しい。普通はある救済アイテムを使って倒す。そうすればたいしたことはない。ここで手に入るアイテムは後になって役に立つが、今は不要なので後回しにしてもいい。

今回は2時間、累計で8時間半かかった。

ブランディシュ(6)廃墟・ボス

廃墟10の敵にフリーズの魔法をかけてから、フリーズが効き終わる前に倒せるようになった。これぐらい鍛えておけばいいだろう。

廃墟10の奥にいるボスに挑戦してみる。武器は2番目に強いものを使う。あらかじめ物体硬質化液で使用回数を強化しておく。

この敵にはあるハメ技が使えるのでノーダメージで倒すこともできるが、今回それはしないで普通に倒す。敵はワープ移動するが、無闇に追いかけずにチャンスを待つ。敵の魔法の射線にいるなら、壁を背にしたまま横に移動してさける。

目の前に敵が現れたら斬りつける。手ごたえを感じたら攻撃を続ける。危なくなったらHP回復の薬を使う。

部屋の中央に移動してしまうと十字砲火を食らう可能性が高いので危険だ。防御重視でのぞむほうがいい。

ボスを倒して先へ進むと別のボスがいる。動きが速くHPが回復するので強敵だ。初めての時は苦労した覚えがある。今回も復活の指輪が砕けてしまった。

1番強い武器を装備して使用回数を強化しておく。守りの指輪も役に立つ。HP回復の薬はためらわずに使う。アイテムに頼れば倒せる。

敵の動きは素早いので、側面へ回り込まれることもある。そうなると危険なので注意する。ザコは無視していい。

奥へ進む前に廃墟10へ戻り、重要アイテムを入手しておく。今回はなんとなく試しに重要アイテムを使わずに進もうとしたら、ゲームオーバーになってしまった。失敗した。

廃墟の最後では使用回数のない武器が手に入る。これはいくら使っても壊れることはない。今まではほぼ素手だったので、やっと剣士らしくなった。

今回は30分、累計で6時間半かかった。

ブランディシュ(5)廃墟2~10

このゲームの攻略情報は手に入りやすいようなので、マップごとのくわしい記事はなくてもいいだろう。

油断してしまい廃墟2で復活の指輪が砕けてしまった。ミスをしてダメージを受けたところに、側面から別の敵に突かれた。なんとかギリギリで抜け出したと思ったら、回復する前に最弱の敵にやられてしまった。このゲームに慣れていると思っていたのが原因だろう。スポーツのケガと同じだ。

壁のメッセージは単なる状況説明のときもあるが、有用なヒントの場合もある。もし詰まったと思ったら、近くの壁を探してみるといい。

透物化秘薬が手に入った。いざという時のために、いつでも使えるようにしておく。これがないと難しいポイントもある。

すこしずつ敵も強くなってくる。新しい敵と対峙したら、むやみに攻撃せずに敵のパターンを見極めたほうがいい。倒しても消滅せずに目の前で復活する敵も出てくる。ほかの方法もあるが、扉を使うと復活を封じることができる。

デストラップも登場する。なにか怪しいと思わせてくれる事前のサインもないわけではない。普通は引っ掛かった後で意味が分かるとは思うが。床のスイッチを踏んで普通ではない音がしだしたら、すぐに逃げることだ。初登場時はそれでなんとかなる。

試練の間では、ゲーム速度を「遅い」にすると楽になる。

廃墟7で詰まってしまった。かつては自力でなんどもクリアしたはずなのだが、どうしても先へ進むワープポイントが見つからない。攻略本に頼ることにした。わかってみれば何でもない。全ての場所を踏破すれば見つかるだろう。オートマップに頼りすぎたようだ。

廃墟8では壁のメッセージをよく読んでおく。意味がわからないなら、敵の動きをすこし観察してみるといい。

廃墟8には魔法攻撃をしてくる敵が登場する。このゲームでMGR・魔法防御力を上げるには、敵の魔法攻撃を受けるしかない。あえてダメージを受けてMGRを鍛えておく。

廃墟9でフリーズの魔法を買う。ファイアと違ってフリーズだけで敵を倒すことはできないが、ステータスを鍛えるためにはむしろ都合がいい。そのうち手に入るので無理に買わなくてもいい。

廃墟10の入り口近くではワープ地帯に踏み込む前に、できるだけ敵を倒しておいたほうがいい。ワープ直後に側面や背面を突かれることもあるからだ。

店の品ぞろえはかなりいい。後で来ることになるかもしれない。

HP回復の泉と同じエリアに魔法を使う敵がいたのだが、倒してしまうとその場を離れても復活はしない。MGRを効率よくきたえるおいしいポイントだったが逃してしまった。

廃墟10の奥にはボスがいる。踏み込む前にステータスを鍛えることにする。

今回は5時間、累計で6時間かかった。

ブランディシュ(4)ゲーム開始

このゲームにキャラクターメイキングはない。主人公の名前はアレス、開始時の能力値や装備も決まっている。

廃墟の1階から始まる。まず休息をとる。そうしないと持っている復活の指輪をたぶん失くしてしまうだろう。

ユーティリティでゲーム速度を移動高速にする。最初は武器を1本だけ持っているが外しておく。武器には使用回数の限度があり、使い切ると壊れてしまう。武器を使わなくても時間はかかるが敵を倒せる。武器が余れば売ってお金にできるので、長い目で見れば不利ではない。

もしこのゲームが初めてなら1本ぐらいは使い切ってもいい。その後は、難しいポイント以外は控えたほうがいいかもしれない。

廃墟1階では北西の広いエリアが難しいポイントになる。素手の戦闘は長引くので、別の敵から側面や背面を突かれやすい。そうなると危ない。

倒さなければならない敵もいるが、倒す必要のない敵も多い。そうは言っても、敵を避け続けると能力が上がらないので基本的には倒すことになる。すべてを倒す必要はない、というぐらいの感覚でいいだろう。なお、敵を倒さないと先へ進めないこともある。

踏破地点とその周囲は自動的にマッピングされる。いくつかのポイントには目印をつけるといい。筆者の場合、罠は黄色・ワープポイントは桃色・階段と通路は白&黒・店は緑&黒・泉は水色&黒にしている。今回の目標と縛りには書かなかったが、可能な限りの地点を踏破したい。

今のところ拾ったものだけで足りるので、店でなにかを買う必要はない。鉄球は調べるコマンドで代用できる。店では情報が手に入るので聞いておく。廃墟1階の店の品ぞろえはかなりいい。今は全く金が足りないが、後で役立つかもしれないので覚えておく。店ではアイテムを売ることもできる。金塊はまだ売らないでおく。

(3)ゲーム開始直後を除いて、休息をとらない。

いくら経験があるとはいえ、ノーダメージは難しい。廃墟1階にはHP回復の泉があるので活用する。

合鍵が手に入るが、廃墟1階を探索しつくせば使い切るはずだ。

廃墟1階は済んだ。先へ進んでもいいがすこしレベルを上げておく。敵は倒しても無限にわいてくることが多い。いきなり目の前にわいてくるわけではなく、その場を離れて戻ってみると同じ敵がいる。

ここまでで、1時間ぐらいかかった。

ブランディシュ(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)武道家ではなく、普通に武器を使う。
(2)セーブ・ロードによるやり直しは、原則としてしない。
(3)ゲーム開始直後を除いて、休息をとらない。
(4)攻略本・攻略情報は、原則として見ない。

補足する。

(1)なにかのキーを押しながらゲームを開始すると「武道家」というモードになったと思うが、今回は普通にやってみる。

(2)もし死亡してしまうと、死亡回数がカウントアップされて直前のセーブデータからやり直しになる。しかし、死亡回数のカウントアップをおさえる技がある。復活の指輪が発動した時に、ロードしてやり直せばいい。

でも今回はそれはしない。以前のプレイからブランクがあるので死亡回数ゼロは難しいと思うが、それも一興だ。

(3)やり方を知っていれば、序盤で回復魔法を買うことができる。全く休息をとらないことも不可能ではない。

ゲーム開始直後はHPが1しかない。そのままだと最弱の敵にやられてしまうかもしれない。復活の指輪があるので死亡はしないのだが、指輪がもったいない。

(4)各マップをクリアしたと思った時点で、やり残しがないか確認するのはOKとする。

ブランディシュ(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1991年日本ファルコム製。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・16MHz)。ソフト・ハードとも中古であれば手に入るかもしれない。パッケージではPC-9801VM以降・PC-286/386に対応となっている。メモリは640KB必要。ハードディスクは不要。FM音源に対応している。

正規の製品ディスクであっても外付けのフロッピーディスクドライブから起動すると、入力を受け付けずに延々とオープニングが続く。ディスクアクセスがないタイミングを見計らって、ディスクを抜くなどして中断するしかない。

全てを確認したわけではないが、ファルコムのゲームで外付けのフロッピーディスクドライブを使うのはやめておいたほうが無難かもしれない。

PSPでのリメイク版や、スーパーファミコン版もあるようだ。(PC-98版との内容の差は不明。) 各自で調べてほしい。

プロジェクトEGG(PC-9801などのレトロゲームをWindowsで利用できる)でも配信されている。対応OSについては、各自で調べてほしい。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

ブランディシュ(1)ゲームの紹介と昔の話

「ブランディシュ」(無印)をやってみる。アクションRPGだが、それほど高い難易度ではない。パズルもあるが、こちらもなんとかなるはずだ。

超絶テクニックはいらないが、むやみに武器を振り回しても勝てない。敵を避けて側面に回り込んで倒すか、正面の敵の攻撃をガードして隙をついて倒すかのどちらかが基本になる。救済手段もあるので、アクションが苦手でもクリアできるだろう。

ゲーム画面は主人公をやや後方の上空から見下ろした視点になる。「やや後方」というところは重要だ。突然、背後から襲われることもある。このあたりの臨場感はかなりいいと思う。

操作の大半はマウスで行う。当時のアクションRPGとしては新しかったと思う。一部の操作はキーボードを併用することもできる。「超絶テクニックはいらない」と書いたが、たまには厳しい場面もある。そのような時にキーボードが役に立つかもしれない。いずれにしても操作性は問題ない。

ボスには苦戦するかもしれない。でも、レベルを上げてアイテムを駆使すればなんとかなるはずだ。

このゲームはそこそこの自由度がある。各マップをクリアする順番はほぼ決まっており、その点ではストーリー進行を逸脱することはできない。でも、それぞれのマップでの行動はほぼ自由だ。不利と見たら出直して態勢を立て直せばいい。万一ハマっても救済手段が用意されている。

このゲームはなんどかエンディングまでいっている。最初のプレイでは、最強鎧か最強盾のどちらかを見つけることができなかった。それでもクリアできたので難易度の心配はいらない。今でも通用するゲームだと思う。

続編のブランディッシュ2と比べてしまうと、難易度は低くボリュームは少ない。2の後に無印をプレイすると物足りないだろう。