「##マイト・アンド・マジック・ダークサイド・オブ・ジーン」カテゴリーアーカイブ

MMDOX(7)下水道

下水道へ降りる。たぶん泳ぎ手技能がないと進めないので、キャッスルビューの町などで習得しておく。入り口はいくつかあり、キャッスルビュー(30,18)付近から降りるとストーリー上は自然だが、他を選んでもかまわない。

ここには気持ち悪い敵がいる。しかも突然現れることがあるのでさらに嫌悪感が強くなる。COXの敵は静止画だったが、DOXではMM3のようにアニメーションすることも大きい。もっともMM3のカマキリに比べればたいしたことはない。

ここにいるカマキリはグラフィックが生理的に嫌だ。このゲームにはクモや毛虫も登場する。それらは平気だがカマキリだけはぎょっとする。見通しの悪い森で突然出くわすと心臓に悪い。

ちなみにslugとはナメクジのことだ。筆者の感覚では、なじみのない英単語は英語発音のままカタカナにするよりも、日本語に訳したほうがいいと思う。

下水道は迷路になっている。左手法とオートマップを使えばさほど問題ない。左手法がそのまま通用しない箇所はこうする。ある地上への出入り口から左手法で出発したところ、同じ地点に戻ってしまった。戻ったらその場所に仮想の壁があると思えばいい。すると引き返すことになり全てを探索できるはずだ。すくなくとも下水道はこれで攻略できる。

下水道のボスは知らないうちに倒したらしく、明確には気づかなかった。アイテムをドロップした敵がいたので、それかもしれない。飛び道具だけで倒したので敵の名称が分からなかったのだろう。

能力値を上げる液体の入った樽を10個見つけた。下水道を全て攻略した後に、まとめて手をつけたほうがいいだろう。状態異常の罠をともなうからだ。今の段階では寺院で治療するしかないが、一部の能力強化が外れてしまうので再強化に手間がかかる。

方向感覚のスキルを売っていたが高く感じた。COXの世界にもあるはずなので今は見送る。

宝箱が一つ残った。キャッスルビュー同様に当面は放っておく。

下水道を攻略するとキャッスルビューの塔へ入れるようになった。しかし塔はまだ危険な気がするので、いったんCOXの世界へ戻る。

今回は1時間半、累計で5時間かかった。

MMDOX(6)キャッスルビュー

次はダークサイドのキャッスルビューへ向かう。ヴァーティゴ付近でキャラクター強化をしてからピラミッドを使って移動する。キャッスルビューの地図は説明書にあるので、まずは酒場などで情報取集をしてから冒険するといい。

キャラクター強化をしていればキャッスルビューの最初の敵1体とも戦えた。ただ、ずいぶん経験値が高い。COXの反動でDOXは高くなった可能性もあるが、まだ強すぎる相手なのかもしれない。

やはりキャッスルビューの敵はヴァーティゴの敵よりも強い。今のパーティなら十分に勝てるが無傷というわけにはいかない、というレベルだ。

DOX単体でプレイした際に調整がないとしたら、きついと思う。弱い敵から倒してこまめに訓練所へ行く、セーブデータを複数用意して失敗したら安全地帯からやり直す、といった対抗策が必要だろう。まだ試してはいないが、町の出入りには制限があるはずなので、MM3のようにすぐ外へ出るのは危険かもしれない。

敵の王に対しては3択選択肢が2回ある。酒場で得ていた情報どおり、力を見せつけてから強気に交渉するとうまくいった。キャッスルビューの町を解放すると当面の金が手に入る。訓練や泳ぎ手技能獲得に使う。

地図の謎はRPG関連の英語を知らないと難しいかもしれない。妖精の英訳にはいろいろあるが、ここではspriteだ。もしかしたらマニュアルプロテクトの要素があるかもしれないので、直接答えを書くのは控えておく。

宝箱のある部屋がいくつかあったが当面は放っておく。下水道の入口もいくつかあったが、降りてからすぐに引き返した。こうしておけば後で下水道を探検した時に、この出口を登る必要はないと判断できる。オートマップが踏破済みになるからだ。書いていなかったが地図師技能はヴァーティゴで手に入れている。地図師は可能な限り早く手に入れておくといい。

今回は1時間半、累計で3時間半かかった。

MMDOX(5)新規WOX・ヴァーティゴ

WOXを新規に始める。まずまずのバランスで多くを楽しめる。COXをもう一度やることになり、時間がかかる。

積極的に対応することにした。ただしコストは大きい。積極的な行動は一般に好ましいとされる。しかしそれはコストを負担しない、それどころか収入源とする他人の評価だ。うかつに乗せられてはいけない。でも今回はCOXの攻略法を備えているので、それほど負担にはならないだろう。

キャラクターの詳細は以下のとおり。
名前・種族・職業
エリディン・半オーク・騎士
プラム・半オーク・野蛮人
ティン・人間・戦士
カリナ・ノーム・レンジャー
エレン・ドワーフ・忍者
マイラ・エルフ・射手

ティンとエレンの職業をCOXから入れ替えた。DOXの説明書で判明したが、人間(と半オーク)に盗賊・忍者は向いていない。

最初から用意されたキャラクターから武器を借りれば、もうすこしましだった。

武器は借りないでおいた。すこしは苦労してもいいだろう。でも運よく武器屋で投石器を2つ買うことができ、最初の敵はあっさり倒せた。

序盤の攻略法は覚えている。

  • 最初の敵を回り込んで武器屋へ向かう。
  • ヴァーティゴの町の寺院で寄付してキャラクターを強化。
  • 町を出て左手の噴水でキャラクターを強化。
  • すこし南東にある噴水でキャラクターを強化。

新規にWOXを始めた場合、最初からピラミッドでダークサイドに移動することはできるのだろうか? 1レベルキャラクターでキャッスルビューの町を掃討することはできるのだろうか? 試してみる。もちろんセーブしておく。セーブ・ロードによるやり直しを安易だと考えるなら、銀行とミスター・ウィザードを活用するといい。

すくなくともダークサイド・キャッスルビューの町へは最初から移動することができると分かった。キャラクター強化をしていればキャッスルビューの最初の敵1体とも戦えた。ただ、ずいぶん経験値が高い。COXの反動でDOXは高くなった可能性もあるが、まだ強すぎる相手なのかもしれない。まずはヴァーティゴの町を攻略する。

参考記事:MMCOX(4)ゲーム開始・ヴァーティゴ

危なげなくヴァーティゴの町を解放した。やり方を知っていれば、やさしい。

開いた鉄格子ごしに飛び道具を射かけた後に素早く鉄格子を閉じると、敵は近付いてくることができない。再び鉄格子を開けても敵は止まったままだ。なので飛び道具を一方的に射かけ続けることができる。

気がつくと技を使っていた。今後ぬるすぎると感じたら縛りを考える。

新規にやり直してここまでで、2時間ぐらいかかった。

MMDOX(4)キャッスルビュー・下水道

書いていなかったが、「クラウズ・オブ・ジーン(COX)」と合体し「ワールド・オブ・ジーン(WOX)」としてプレイする。「ダークサイド・オブ・ジーン(DOX)」単体を最初からプレイするよりも、すこし難易度は下がるかもしれない。

このゲームのマニュアルはMM3以上に不親切だ。フロッピーディスクを使用するプレイヤーにまで、高度ではないがMS-DOSの知識を要求している。

環境作成はCOXよりも親切になった。一般的なハード構成(フロッピードライブ×2+ハードディスク)の人ならば、ハードディスクインストーラーとマニュアルに従えば問題ない。そうでない人はそれなりの知識があるだろうから、やはり問題ないはず。COXからキャラクターを引き継ぐ際は、新規ゲームの開始ではなくロードを選択する。

ゲームはヴァーティゴの町から始まる。COXの開始位置と同じだ。レベルは23で、COX終了時のアイテムを保持しているようだ。酒場で情報を集めようとしたら聞き覚えのある悪態をつかれた。ヴァーティゴの町はCOX終了時から変化がないようだ。

近くの野外にピラミッドがあったのを思い出した。ピラミッドは新しい世界ダークサイドへの転送装置のはずだ。

キャッスルビューの町に移動した。MMらしく町の中に敵がいるが、あっさり倒した。低レベルにふさわしい敵なのだろう。

キャッスルビューの町とその下水道を攻略したが、あっけない。COXをクリアしたキャラクターでWOXを開始すると楽すぎるようだ。あまり面白くない。

3通りの対応がある。どうしようか迷う。

  • このまま続ける。COXのプレイは無駄にならない。当分はぬるいのを我慢しないといけない。
  • DOXを単体で始める。やりがいのあるバランスのはず。WOXとしてプレイするのはあきらめることになり、もったいない。
  • WOXを新規に始める。まずまずのバランスで多くを楽しめる。COXをもう一度やることになり、時間がかかる。

ここまでで、3時間半ぐらいかかった。

MMDOX(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)戦士モード
(2)騎士・野蛮人・戦士・野伏・忍者・射手
(3)セーブ・ロードによるやり直しは自由。
(4)攻略情報は、原則として見ない。

(1)このゲームでは2つの戦闘難易度を選べるようになっている。高いほうの戦士モードにする。MMCOXをクリアしたのだから、なんとかなるだろう。

(2)MM3・MMCOXと同じ職業でやってみる。この職業の場合、HPが比較的高いのが強みだ。全員が飛び道具を使えるのも大きい。

(3)初めてなので縛りはかけない。

(4)

これが最後という覚悟で、昔のゲームをやってみる。

このゲームは今回が初めてなので、必ずしも最後にするつもりはない。でも最初で最後かもしれないという気持ちで、できるだけ自力でやってみる。

MMDOX(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1994年スタークラフト製の日本版。マシンは、PC-9801DA(CPUは80386・20MHz)。ソフト・ハードとも中古であ れば手に入るかもしれない。ハードはVX以降が必要。ハー ドディスクが必要。3.0以降のMS-DOSが必要。FM音源に対応。

上記のハー ドディスク専用版のほかにCD-ROM版がある。

「マイト・アンド・マジック・クラウズ・オブ・ジーン(MMCOX)」がなくてもプレイは可能だが、あれば合体してプレイすることができる。MMCOXはフロッピーディスク専用版であっても問題ない。

オリジナルは海外なので、さがせば英語版が廉価で手に入るかもしれない。信頼性は各自で判断されたい。

未プレイなので英語のハードルは不明。今の時代なら攻略情報を見ればいいとは思うが、前作のように英語文化を知らないと解けない謎があり得る。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

MMDOX(1)ゲームの紹介

「マイト・アンド・マジック・ダークサイド・オブ・ジーン(MMDOX)」をやってみる。このゲームは今まで手をつけていない。

オリジナルはアメリカのRPG。アクション性はない。マイト・アンド・マジック・クラウズ・オブ・ジーン(MMCOX)の続編で、キャラクターを引き継ぐことができる。

ゲームの自由度は高いはず。パッケージによると前作よりも難易度はやや高いらしい。

このゲームは未プレイなので昔の話はない。