「プリンセスメーカー」カテゴリーアーカイブ

プリメ(15)ゲームを終えて

要約記事を作成した。

思っていたとおり、あまり時間はかからなかった。かつてを含めても50時間ぐらいだと思う。短めだが、これくらいでいいのかもしれない。払ったお金に見合う手ごたえがなければ、不満を抱くのはもっともである。だからといって、やたらに時間がかかったりしても困る。

このゲームはそれほど時間をかけなくても、それなりのエンディングを見ることができる。逆にその気があるなら、すべてのエンディングを見ようとしてもいいだろう。

「プリンセスメーカー」なのに、プリンセスエンディングを見なくていいのか。今回が最後なのにそれでいいのか。別にいいと思う。心残りはない。

他の攻略情報を見ればプリンセスになるのは簡単なはず。でもこれでいい。逆に攻略情報をあっさり見てしまっても、納得すればかまわない。今後も自分の基準で続けていく。

いいゲームだった。

プリメ(14)0215ABミスコン#4隠し

上旬に武者修行、中旬に狩人、下旬に武者修行を繰り返す。まだ剣聖の称号は取っていないが、ドラゴンも避けないことにした。まれに失敗することはあるが挑む価値はある。

気品を上げたので王様に会っておく。評価は全部で48上がるようだ。剣聖の称号を取るのは、うまくいかなかった。いい勝負なのだが、かわされたり、痛恨の一撃を食らって失敗する。もしかしたら、挑戦するのが遅すぎたかもしれない。


7回目のミスコン前の能力値は、体力1413・腕力499・知力796・気品982・根性2292・疲労ゼロ・色気601・モラル865・評価1630・経験値5613・戦闘技術241・素早さ270・装甲強度44・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。

ミス王国・太陽の神賞(気品)・星の神賞(色気)となった。気品の次点は629でナスタナーラ。月の神賞(プロポーション)はナスタナーラ。色気の次点は496でナスタナーラ。評価は97上がって、1727となった。


やることはあまり変わらない。上旬に武者修行、中旬にバイト、下旬に武者修行を繰り返す。やはり剣聖の称号は取れなかった。狩人を木こりに替えたりしてみたがだめだった。

8回目のミスコン前の能力値は、体力1559・腕力525・知力916・気品1166・根性2586・疲労ゼロ・色気890・モラル915・評価2120・経験値7552・戦闘技術269・素早さ380・装甲強度44・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。

ミス王国・太陽の神賞(気品)・星の神賞(色気)となった。気品の次点は680でナスタナーラ。月の神賞(プロポーション)はカルナ。色気の次点は528でナスタナーラ。評価は117上がって、2237となった。評価の上昇幅は7回目より多い。たぶん、総合ポイントの差が大きかったからだろう。


剣聖の称号は最後まで取れなかった。もっと早期に挑戦しておけば楽だったはずで、何度やっても会心の一撃が出なかったのは運も悪い。しかしミスもある。評価は十分にあったのだから、武者修行は月1回にとどめるよう方針転換すればよかった。能力値上昇のバイトを優先すれば勝てる確率が違っただろう。

武者修行でたまに逃げ出すことは最後まで続いた。たぶん、根性はある程度以上上げても、あまり関係ない。

運命の前日の能力値は、体力1570・腕力541・知力936・気品1180・根性2634・疲労ゼロ・色気781・モラル1025・評価2272・経験値7905・戦闘技術277・素早さ431・装甲強度70・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。


「武闘会で知り合った仲間」→武闘会参加数、優勝回数などが条件かもしれない。

隠しエンディングとなった。武闘会の参加ゼロにもかかわらず、メッセージは前回と変わらないようだ。武闘会への参加は隠しエンディングの条件ではなかった。たぶん王様との会見と同じく、メッセージは適当に作ったものだったのだろう。


今回は病気という大きな失敗があったので、もう一度挑戦する。今回の失敗なしに加えて武者修行をすればプリンセスとなれるはずだが、簡単すぎるだろう。かと言って、武者修行なしでは難しい。不可能ではないかもしれないが、際限なくこのゲームにこだわるわけにもいかない。適正な縛りを考えたい。

前回のリベンジでプリンセスを目指す前に、隠しエンディングで生じた疑問を探ってみたい。

喉元過ぎれば熱さを忘れる。リベンジにもプリンセスにも興味がなくなった。「プリンセスメーカー」なのに、プリンセスエンディングを見なくていいのか。今回が最後なのにそれでいいのか。別にいいと思う。心残りはない。


今回は6時間、累計で14時間半、トータルで35時間半かかった。これでゲームクリアとする。

プリメ(13)0215ABミスコン#3

体力が1000近くになったので人足は停止した。マイナスがなくなるので、以降の知力は高まる一方となる。ただ、学問を習わせるのは待つ。理由は二つ。

一つ目。試験を受けるにはランクごとにある程度の知力が必要になる。まだ達していないのに習わせるのは時間の無駄。二つ目。試験に合格して称号を得ると、免状がアイテム枠を圧迫してしまう。ただ結果的に、二つ目の理由を気にする必要はなかった。

人足停止後のバイトは、木こりに集中する。木こりは気品を下げるので、ティーカップは使わずに売る。色気も下げるので、アイテム枠の余裕がなくなったらドレスも売る。今回気づいたが、武者修行で戦闘中にアイテムを使えばアイテム枠の圧迫を減らせる。薬草だけでなく、ぬいぐるみなども使えるし効果がある。戦闘も不利にはならない。


5回目のミスコン前の能力値は、体力1062・腕力390・知力212・気品ゼロ・根性1067・疲労18・色気ゼロ・モラル745・評価548・経験値1783・戦闘技術157・素早さ101・装甲強度70・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。

この時点でドレス11個が貯まっていた。これを使えば星の神賞が取れるかもしれない。しかし、一つの神賞だけ取っても割に合わないと判断して見送る。気品470・色気318のナスタナーラが、三つの神賞とミス王国となった。プロポーションは100%だったのだが、神賞は取れなかった。


1月上旬と2月下旬は平日が少ない。学問や武芸を習わせて試験を受けるのに都合がいい。剣聖以外の称号を取っておく。剣聖は失敗してしまった。素早さが足りないのかもしれない。

武者修行に力を入れて、上旬と下旬の月2回行う。今回気づいたが、金は1万以上貯めることもできる。

8月終了時点で腕力は499。もっと高めたいところだが、8年目でも通用する水準ではある。気品を上げてミスコンに挑戦することにした。9月は全て礼法を行う。加えてティーカップを大量に買って使う。金は5千ぐらい残しておいた。


6回目のミスコン前の能力値は、体力1198・腕力499・知力544・気品580・根性1719・疲労ゼロ・色気60・モラル855・評価942・経験値3272・戦闘技術196・素早さ157・装甲強度44・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。

太陽の神賞(気品)に加えてミス王国となった。気品の次点は261。月の神賞(プロポーション)はクラリーノ。星の神賞(色気)は、色気359のカルナ。総合ポイントは452で、次点は440のカルナ。僅差で勝つことができた。評価は75上がって、1017となった。

色気60は防具による補正によるもの。戦闘向きではないので、ミスコンが終わったら防具を入れ替える。使わなければミス王国は逃していたかもしれない。この防具を買って使ったのは初めてのはず。今までは、ミスコンの直前に思いだせなかった。


この防具の名称をゲーム情報として明記しないのは、ある配慮をしているから。しかし、そういう名称を好む人を批判するわけではない。ヒステリックな批判をするとしたら、そのほうが問題であろう。この発想はあやしいバイトに関するのと同様である。この件に関しては別途記事を書きたい。


今回は4時間、累計で8時間半かかった。

プリメ(12)0215ABミスコン#2

ゲーム後半で武者修行をスケジュールするには、月のいつがいいか。ベストは11日間ある大の月の下旬。次点は10日間で平日の少ない旬。しかし、中盤に半々ぐらいの確率でぬいぐるみを取れる時期は事情が異なる。ベストは2月下旬。次点は10日間で平日の少ない旬となるのは同じ。

3回目のミスコン。一番高い気品は156、一番高い色気は201。ミス王国はカルナ。月の神賞(プロポーション)は取れるかもしれないと思ったが、全然だめだった。


武者修行でドレスの直前まで行ったが、ドラゴンに負けてしまう。まだ早すぎたようだ。トラにほぼ勝てるようになるまで、奥はあきらめる。ぬいぐるみを取ったら近郊に引き返す。

人足で体力を鍛える。ドレスとティーカップも高確率でとれるようになった。ただし、トラとドラゴンはなるべくやり過ごすようにする。

4回目のミスコンは、運よく月の神賞(プロポーション)を取ることができた。上がった評価は10ポイント。プロポーションは100だったが、同点がいたのでたぶん確実に取れるわけではない。一番高い気品は159、一番高い色気は220、ミス王国はカルナで、どの神賞でもなかった。


リロードは原則としてしないとしたが、隠しエンディングとならずプリンセスにとどまった場合、最初からやり直すのは負担が大きい。いくつかセーブデータを残しておくことにする。

4回目のミスコン後の能力値は、体力766・腕力305・知力ゼロ・気品ゼロ・根性782・疲労6・色気ゼロ・モラル585・評価230・経験値620・戦闘技術94・素早さ62・装甲強度70・攻撃増強度25。能力値は装備による補正を含んでいる。


ドラゴンにもだいたい勝てるようになった。それでもドラゴンとトラはなるべく避けるようにする。最強装備となって剣聖の称号を取るまでは自重する。

武者修行で取れるアイテムは薬草を別にすると4つ。持てるアイテムは20まで。なので、11日間の武者修行前には16以下に減らしておく必要がある。持ちきれないアイテムは、あきらめることになってしまう。アイテムの数には、装備や称号の免状を含むので注意する。店で売りたいを選んだ時に出てくるアイテムの数が正しい。

持ちきれなくなったので、ためておいた本を使う。本は疲労を減らすほかに、知力が高まる。まだ人足で減ってしまうのだが、ゼロにならなければ無駄ではない。


今回は2時間半、累計で4時間半かかった。

プリメ(11)0215ABミスコン#1

前回のリベンジでプリンセスを目指す前に、隠しエンディングで生じた疑問を探ってみたい。隠しエンディングのメッセージは、条件を暗示しているのか、適当に作ったメッセージなのか、それとも条件によってメッセージが変わるのか。

「武闘会で知り合った仲間」→武闘会参加数、優勝回数などが条件かもしれない。

今回の目標と縛りは下記のとおり。

  • 目指すのはプリンセスではなく隠しエンディング。武者修行は縛らない。
  • ミスコンテストだけに出る。買収はしない。
  • リロードは原則としてしない。例外として、武闘会優勝で高まる評価の値を調べておきたい。

新しくランダムに決めて、誕生日は2月15日、血液型はAB型。まずは宿屋のバイトに集中して、体力を高める。前半のミスコンは無理だと思うが、当面は初期値の気品を維持しておく。

1回目のミスコンは、総合ポイント260で10人中9位だった。ミス王国・太陽の神賞(気品)・星の神賞(色気)はリベ。気品130・色気88・総合ポイント409。総合ポイント2位はナスタナーラ。気品107・色気66・総合ポイント372。今回新しく始めたが、前回同様にリベが強い。ナスタナーラが準じているのも前回と同様。よくあることなのか、偶然なのかは不明。


体力も増えてきたので木こりを始める。気品は後で上げればいい。木こりだけでは消耗が激しいので、武器屋と組み合わせた。

金が1500ぐらいに貯まったところで、武器と防具を買って武者修行を始める。しかし、オオカミに負けてしまった。

武芸を習わせる。初級はあっさり突破した。中級もなんとか突破した。上級は当分難しそうだ。

2回目のミスコンは記録していなかったが、たぶん10人中10位だろう。今回は面白いことが起こった。太陽の神賞(気品)は気品154のロナ、月の神賞(プロポーション)はエヴァ、星の神賞(色気)は色気177のカルナ。ところがミス王国はノーラ。気品147・色気140・総合ポイント386。

ノーラはどの神賞も取っていないが、どれも2~3位につけていたはず。つまりミス王国になるには、気品と色気をバランスよく伸ばすほうがいい。このことは前回わかってきてはいたが、今回はっきりした。もっとも、ゲーム前半に色気を伸ばすのは無理なのだが。

カルナとノーラは前回もナスタナーラと同様のレベルだった。だれが強いのかは傾向があるのかもしれない。


腕力と経験値が増えてきたので、武者修行に挑戦する。今度はトラに負けてしまった。ぬいぐるみを取れる時もあるが、まだギャンブルのようだ。

誕生日を過ぎた3月から人足を始める。今回気づいたが、新しいバイトを早く始められるという点で、誕生日は早いほうが有利だ。4月生まれ(早生まれとなる1日は除く)が有利というのは、現実世界でもそうである。


4月1日生まれは、なぜ早生まれなのか。日本の法律において日単位では、誕生日の前日に新しい年齢になる。なので、3月31日に新しい年齢となる。4月1日ではない。

なぜ、そんなややこしい法律があるのか。以下は推測。4年に1回しか歳を取らないという不都合を避けるためだろう。さらに年齢というのは、金を払う・受け取る・結婚する際に他人の同意がいる・いらない・処刑される・まぬがれる・徴兵される・まぬがれる、といったことに影響する、あるいはした。2月29日生まれだけに適用する条文は好ましくない。すくなくとも条文の文言上は誰も特別扱いしない、としたのだろう。

以上は推測であり裏付けはない。よく練られた条文かもしれないし、なりゆきかもしれない。実際には4月1日生まれが早生まれというのは、一般感覚と違う。年齢計算に関する法律は理解できる。しかし、学校教育法の該当条文はバグかもしれない。


人足のおかげで体力が増えてきた。気がつくと根性も増えてきている。まだ確実ではないが、武者修行でぬいぐるみを取りやすくなった。


今回は2時間かかった。

プリメ(10)0807Oミスコン#4名門貴族

現在の評価は562。たぶん、プリンセスは難しい。それでも残り5か月でやれるだけのことをやっておく。

収穫祭以外で評価を上げる手段は、次の三系統のはず。

  • 武芸と学問で称号を得る。礼法の卒業試験はないようだが、王様との会見が代わりになる。
  • バイトの全日で成功して失敗がないこと。なお、メイドのバイトではなにも褒められないが、評価はしっかり上がっている。
  • 武者修行。

王様との会見は済んでいる。学問はプレイヤーが正答すればいいので有望そうだ。武芸は難しいだろう。病気の影響で腕力はゼロ。しかも、時間経過で相手は強くなっているはず。それでも、初級なら突破できるかもしれない。

バイトの成功による上昇幅は小さい。ここでは考えなくていい。

武者修行に成功すれば解決するが、そうはいかないだろう。そういう育て方をしてきていない。敵も強くなっているはず。それでも挑戦はしてみたい。


以上の方針で臨んだが、ほとんど評価を上げることはできなかった。試験代も含めて学問には金がかかる。稼ぐのに手間取ってしまった。また、試験を受けるには所定の知力に達している必要がある。今までは順調すぎて条件のあることに気づけなかった。知力ゼロから始めたので、称号はひとつだけ。評価は上がったとしてもわずか。上がらなかったかもしれない。

武芸の初級試験は全く歯が立たなかった。遅すぎたということだろう。もしかしたら、学問の試験を受ける条件も時間経過で変わるのだろうか。


もはやどうにもならない。武者修行はあきらめる。次回以降のために、バイトの仕様を探っておく。前後するが、代筆屋と医者は学問と並行した。

代筆屋と医者は知力が上がる。代わりにたぶん、腕力が下がる。腕力はもうゼロなのではっきりしないが、画面表示からそう推測できる。今回初めてこの二つをさせてみたが、もうさせることはないだろう。

教会はモラル+2。特筆すべきは疲労が変わらないこと。代わりにもらえるお金は最低。これも今回が初めてで最後となるはず。状況によっては救済手段や時間つぶしに使えるのだろう。


運命の前日の能力値は、体力498・腕力ゼロ・知力88・気品667・根性519・疲労56・色気507・モラル395・評価574・経験値46・戦闘技術40・素早さ30・装甲強度19・攻撃増強度10。能力値は装備による補正を含んでいる。

名門貴族の妻となった。おそらくプリンセスには一歩足りない段階。その中では、気品が高い時のエンディングのはず。


今回は病気という大きな失敗があったので、もう一度挑戦する。今回の失敗なしに加えて武者修行をすればプリンセスとなれるはずだが、簡単すぎるだろう。かと言って、武者修行なしでは難しい。不可能ではないかもしれないが、際限なくこのゲームにこだわるわけにもいかない。適正な縛りを考えたい。

今回は30分、累計で9時間かかった。

プリメ(9)0807Oミスコン#3

月のスケジュールは、メイド+メイド+酒屋、もしくはメイド+酒屋+酒屋を基本にする。疲労解消は主にぬいぐるみで行う。たまにはバカンスを入れてもいいだろう。

礼法による疲労は大きい。前回は疲労をためすぎて病気になってしまった。対策としては、礼法+礼法+休息とすれば万全だ。休息すれば疲労はゼロになる。

休息やバカンスは平日日数の少ない旬に行うと効率がいい。ベストは2月下旬。細かいことでも積み重なれば大きいはずだ。

6年目のミスコンは、気品787・色気182。太陽の神賞(気品)のみにとどまった。ミス王国はリベ・ローで3年目のミス王国と同じ。一番の強敵だ。総合の差は35ポイント。病気がなければ逆転できたかもしれない。来年こそは追いつきたい。

リベ・ローは気品345・色気479。ミス王国を目指すなら、長所だけ伸ばして弱点を放棄するよりもバランスをとるほうがよいようだ。


7年目のミスコンは、気品820・色気310。太陽の神賞(気品)・星の神賞(色気)・ミス王国となった。ただし、リベ・ローは未出場。星の神賞は1ポイント差だった。

8年目のミスコンは、気品733・色気507。太陽の神賞(気品)に加えてミス王国となった。星の神賞は気品536・色気506のリベ・ロー。色気では上回ったのだが、ポイントでは1点下回った。多少は食い違うことがあるようだ。


こうしておけばよかったという点は多々あるが、済んだことはやむを得ない。現在の評価は562。たぶん、プリンセスは難しい。それでも残り5か月でやれるだけのことをやっておく。

今回は2時間、累計で8時間半かかった。

プリメ(8)0807Oミスコン#2

1年目のミスコンは太陽の神賞+ミス王国となったが、2年目は太陽の神賞だけにとどまった。気品への集中が不足していたようだ。隠しエンディングを避けてプリンセスを目指すのであれば、このまま続行でもいい。しかし、束縛されている感じがして納得いかない。文字通り自分でかけた縛りのせいではあるのだが。

方針を変更する。今のセーブデータは残して、あらたに最初からやり直すことにする。

このゲームのコツを思い出せたので、以前の途中から最初の縛りでやってみる。

気品を上げるのに集中したいところだが、金が足りない。メイドと礼法に加えて、人足を組み合わせる。人足は気品が大きく減ってしまい、疲労も大きい。代わりに金は貯まるので、ぬいぐるみを買って疲労を減らす。体力が増えるメリットもある。

武者修行も試してみたが、うまくいかなかった。体力をすこし増やしただけでは難しいようだ。

3年目のミスコンは、気品242・色気30。やはり、太陽の神賞(気品)のみにとどまった。ただ2位との差は、前回の約100ポイントに対して今回は約80ポイントに縮まった。


体力がゲージを振り切るまで高まった。今回は武者修行をあきらめることにしたので、これくらいで十分だろう。人足を停止してメイドを主にする。

4年目のミスコンは、気品575・色気30。太陽の神賞(気品)・月の神賞(プロポーション)に加えて、ミス王国となった。2位との差は、約100ポイント。ただし、前回のミス王国は出場しなかった。出場していれば、ミス王国は微妙だったろう。

気づいたことがある。能力値の差がそのままポイント差になるわけではない。気品では圧倒しているのだが、総合ポイントの差はそこまではいかない。長所を伸ばすだけでは通用しないようだ。弱点の色気も伸ばす必要がある。

酒屋のバイトが可能な年齢になった。酒屋は、+1色気、-1気品。疲労はメイドと人足の中間。お金はメイドより高いのだが、少しだけ。つまり、色気と気品を交換するだけで、お金の割に疲労は大きく効率が悪い。しかし、色気を高めるアイテムはやたらに高く、他にまともな手段はない。おそらく意図的な仕様だと思う。


この時点では年齢が達しないのでまだできないが、あやしいバイトはさせない。かつても含めて今までにさせたこともない。今後もないだろう。

「あやしい」だけなら問題にはしない。「させる」というのが問題だ。これはゲームであり、そういう選択をする人や制作者を批判するわけではない。むしろ、批判をする人のほうがあやしいと思う。そもそも失敗した日の支払いがない時点で、十分あやしいバイトだ。つまり、このゲームのバイトはたぶん全てあやしい。

批判ということであれば、筆者もいろいろなゲームの中で数限りない殺戮をしてきた。だからといって批判は受け付けない。殺人事件が起こる小説を読んだり書いたりしたからといって、批判されるいわれがないのと同じだ。現実の殺人が増えた証拠はない。

しかし、以上ならびに以上に反論する論理は、ことごとく後付けの理由であろう。筆者はやりたいことをやる。したくないことはしない。基準は自分で決める。他人の声なき声に耳を傾けるべき時はあるだろうが、雑音は無視する。


酒屋は「体力のつく仕事」と言われるが、体力は高まらない。もしかしたら、+1体力もあったのを調整して削ったが、セリフだけ変わらなかった可能性もある。よくある話だ。

月のスケジュールは、メイド+メイド+酒屋を基本にする。他の組み合わせでもそうだが、疲労の少ないほうを先に持ってきたほうが有利になる。最終的な疲労が同じであったとしても、平均した疲労は少ないからだ。

これは以下の問題と同じである。処理時間1分の人と処理時間1時間の人を、同時に受け付けたとする。他の条件は同じ。どちらを先に処理すべきか。どちらを先にしても合計処理時間は1時間1分で変わらない。しかし、合計あるいは平均待ち時間は大きく異なる。

5年目のミスコンは、気品740・色気112。太陽の神賞(気品)に加えて、ミス王国となった。2位との差は、約270ポイント。ただし、前々回のミス王国は出場しなかった。


ミスコンが終わった時点で病気になってしまった。体力がかなりあっても、疲労の限界は単純比例して大きくなるわけではないようだ。今まで病気になった時はリロードしてきたので、病気への対処は初めてになる。

まず休息させて疲労をゼロにした。その後、中旬と下旬にバイトをさせたのは失敗だった。病気の時は行動が失敗しやすいだけでなく、能力値がやたらに下がってしまう。一か月休息させたほうがよかったようだ。

翌月には治ったが、大きな後戻りとなった。しかし、このまま続行する。


今回は2時間半、残しておいたセーブデータを含めた累計で6時間半かかった。

プリメ(7)0807O武闘#3隠し

記事のタイトルは「~武闘~」とあるが、次はミスコンテストに出場する。気品65・色気ゼロを伸ばさなければならない。あえて武者修行は封印する。期限は1年。

武闘会優勝が安定しきってしまったので、8回目最後の収穫祭はミスコンテストにトライしようかと思う。

メイドのバイトと礼法の教育を主にする。メイドで気品を伸ばすのは、あまり効率がよくない。しかし、他にめぼしいバイトはなさそうだ。礼法による疲労は激しい。ためておいたアイテムを使い切っても足りないので、バカンスと休息に頼った。

8回目最後の収穫祭前時点で、気品673・プロポーション109%・色気100。太陽の神賞(気品)に加えて、僅差でミス王国となれた。2位との差は14ポイントだった。

なぜか前年のミス王国は出場しなかった。もし出場していれば、太陽の神賞のみにとどまっただろう。


残りは半年となった。礼法の教育ではまだ十分と言われていないので、引き続き気品を伸ばしたい。金が足りないので、武者修行を再開しておぎなった。

武者修行では12月に1回トラに負けてしまった。昔の記憶では、終盤にはもっと負けてしまうことが多かった気がする。今回はこれでもかというレベルまで体力を上げておいたのが、功を奏したようだ。

礼法は残り2か月となっても十分と言われない。時間もないので王様との会見を試したところ、あっさりクリアできた。王様は勇者の娘であることを初めて知ったようだが、これはおかしい。収穫祭で何度も会っているからだ。


結局、礼法は最後まで十分と言われなかった。運命の前日の能力値は、体力1153・腕力476・知力570・気品868・根性1398・疲労15・色気175・モラル776・評価1763・経験値3644・戦闘技術207・素早さ240・装甲強度70・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。

以下は各種情報からのおぼろげな記憶を含む。エンディングで重要なのは評価。評価が高ければ、腕力タイプでも知力タイプでも他のタイプでも、プリンセスあるいは隠しエンディングとなるはず。プリンセスに到達しない場合は、各タイプごとの評価に応じたランクのエンディングとなるようだ。

かつてとほぼ同様のことをしたので当然ではあるが、やはり隠しエンディングになった。エンディングのメッセージは一部を読み取れなかった。80386・20MHzでは少し速すぎるようだ。

エンディングメッセージでは下記の点に気づいた。隠しエンディングの条件なのか、王様との会見と同じくメッセージを適当に作っただけなのか分からないが、書き残しておく。なお、メッセージは記憶に基づくので、厳密な引用ではない。

  • 「武闘会で知り合った仲間」→武闘会参加数、優勝回数などが条件かもしれない。
  • 「剣と魔法で倒す」→腕力・知力とも高い、あるいは剣聖・博士の両称号が条件かもしれない。
  • 「知恵、勇気、慈悲の心」→上記に加えて、モラルの高さが条件かもしれない。

クリアしたが、物足りないので別の条件と縛りでまたやりたい。ただ、特に武者修行には飽きたので、しばらく時間を置くかもしれない。

今回は1時間半、累計で12時間かかった。

プリメ(6)0807O武闘#2

一つ目のぬいぐるみの先はかなり進まないとアイテムはない。当分は近郊に戻って期限を全うするのがいいだろう。

武者修行でトラに見つかっても、ほぼ勝てるようになった。思い切って蛮地へ踏み込む。ただし、トラとドラゴンはできるだけ避ける。

1旬8日のスケジュールでも最初の薬草をあきらめれば、ぬいぐるみ一つに加えて本一つが手に入る。本は、+知力、-疲労。でもしばらくの間は、使わずにとっておくか売ってしまう。せっかく知力を上げても、バイトで下がってしまうからだ。

  • 木こりは、-気品、-色気
  • 人足は、-知力、-気品
  • 狩人は、-色気

知力・気品・色気もどこかの時点で伸ばしたい。体力951に達した段階で、人足のバイトを停止した。武闘会も武者修行も、敵はゲーム進行に応じて強くなっていく。なのでリスクはあるが、体力は武者修行でも上がるのでここまでにする。ためておいた本を一気に使って知力を伸ばす。以降のバイトは、まず木こりに集中する。

学問の教育も始めた。試験は三択問題でプレイヤーが答える。全て一発で正解できた。かつてもそうだった気がする。もし間違えても何度かトライすれば全問正解できるだろう。なお、上級試験に納得いかないという人は問題をよく読んでいない。問題の前提に沿って回答する必要がある。魔法の存在する世界なのだから、現実世界の常識が通用しないことはおかしくない。逆に言うと、試験問題はクイズとしてよくできている。


武者修行でドラゴンに見つかってもだいたい勝てるようになった。道筋を覚えれば1旬11日のスケジュールなら、ぬいぐるみ・本・ティーカップ・ドレスの全てを手に入れることが可能だ。

敵に負けることはほとんどなくなっても、たまに逃げ出すことがある。鉄のはきもので強化して根性が1000を超えても、まだおさまらない。確率ゼロにはならないのだろうか。

ドラゴンに勝つよりも剣聖の称号のほうが難しいかもしれない。今回は会心の一撃で勝つことができた。何度も挑戦していれば、いつかは勝てるはず。


各種免状を含めた持てるアイテムの上限は20。もう持てなくなったので、ためておいたティーカップを使い気品を上げる。気品は木こりのバイトで下がってしまうが、やむを得ない。礼法の教育も始めた。十分に上がるには当分かかりそうだ。


5~7回目の武闘会は、3回とも危なげなく優勝した。気になったのは謎の蛮族(名前は忘れた)が、こちらよりも大きなダメージを与えてくること。体力で圧倒しているので負けることはなかったが、オオカミと同じくこの敵の印象は薄い。やはり星座や血液型の相性があるのだろうか。

武闘会優勝が安定しきってしまったので、8回目最後の収穫祭はミスコンテストにトライしようかと思う。

7回目の武闘会開始前の能力値は、体力1097・腕力467・知力442・気品65・根性1293・疲労ゼロ・色気ゼロ・モラル722・評価1424・経験値3154・戦闘技術200・素早さ209・装甲強度70・攻撃増強度50。能力値は装備による補正を含んでいる。


今回は5時間、累計で10時間半かかった。