ロードス島戦記(14)ミスティ

ドラゴンスケールから西へ行くと、ドラゴンブレスにたどり着く。ここならアイテム鑑定ができる。寺院では新たなミッションを受ける。これも時間制限はないので、後回し。

ドラゴンスケールの街へ行く。ロイド方面の三叉路に戻ってから、道伝いに北西へ進む。また三叉路がある。西へ進むとイベントが始まる。村にたどり着いた。

ここには恐ろしい敵が充満している。強く、数は多く、飛び道具と呪文を使い、麻痺とレベルドレインの力を持っている。経験値はリスクに見合わない。遭遇率は高く、うんざりする。可能な限り逃げたほうがいい。もしプリーストが麻痺してしまったら詰むかもしれない。

レッサーと名のつくほうは、それほど強くない。どうしてもMP不足を解消したいなら、レッサーだけからなる集団を相手にする。

長居はしたくないので、全ての探索はせずにクリアを優先した。罠の仕掛けてあるドアがいくつかある。うち一つが正解ルート。それ以外では、少年を見つけたがクリアには不要だろう。

ボス戦は戦いづらい。今思いついたが、いったん逃げてから隊列変更すると有利かもしれない。範囲攻撃呪文はある程度有効だが、障害物の陰には届かない。ヴァルキリーズジャベリンは障害物を無視してくれる。ここの敵には、ボス戦を含めてサンシャインが効く。もしかしたら、特殊攻撃を食らう確率も減らせるかもしれない。


レベルドレインを食らったのは1回。どのみちマーファの呪文が使えるので被害はほとんどない。他のプリーストを使う場合、リセットに頼るか、この村のことは忘れてしまうのがいいだろう。

ボスを倒した後に奥へ進むと村を出ることができる。再び入ることはできない。すでにミッションクリアの経験値はもらっているが、いちおうドラゴンブレスに戻っておく。対応するセリフが聞ける。

マーモなどで稼ぐ。今回は多数のドラゴン相手に、プリーストを含めて3人死亡したことがあった。運よく街までたどり着けたが危なかった。もしかしたら、パーティレベルに応じて敵が強くなったのかもしれない。

稼ぎでは、ダイアモンドofライトを入手。召還の呪文を使えるアイテムだったと思う。能力値上昇のアイテムを期待しているのだが出てこない。確率は低いが昔はそれなりに拾った気がする。記憶違いだろうか。レベル22になった。


今回は2時間、累計で29時間半かかった。