ルナドン開かれた前途(4)開始

キャラクター選択

本作のプレイヤーキャラクターは、すでに世界にいる冒険者から一人を選ぶ。作成するのではなく選択する。新しい世界で開始する場合、いきなり強いキャラクターを選ぶことはできない。最年長は31才で二人いた。難しそうなほうを選ぶ。

  • 無軌道者のグロスウェン
    • 体力44・魔力130
    • 筋力23・知性65・敏捷19・魅力75

体力はHP。おおむね筋力に比例する。44では低い。無理をするとすぐ死んでしまうだろう。魔力などは高いが、序盤ではそれほど役に立たない。

各キャラクターは生まれつき筋力・知性・敏捷のどれかが伸びやすいようだ。最終的にはどのキャラクターであっても、全能力値を最大にできる。

序盤

まず行うべきは、「戦闘時の設定-入力時間」の調整。慣れるまでは、いちばん遅くする。本作はけっしてアクションゲームではないが、とまどっていると時間経過で勝手な行動を選択してしまう。

最初からいくつかのアイテムを持っている。これはそのままでいい。特に買い足す必要はない。宿屋に行って依頼を受ける。

最初に受けるべきは「宅配」。「買物」に必要な経費は後払いなので、受けてもこなせないかもしれない。「密輸」の報酬は高いが、たまに命をねらわれる。他の依頼は「密輸」以上に危険が大きい。

宅配の依頼を受けたら、対象の拠点へ移動する。宅配の依頼がなくても、やはり移動する。別の拠点ならあるかもしれない。

対象の拠点に着いたら指定先に届ける。受けている依頼は随時確認できるので分からなくなることはない。対象の拠点の宿屋でも依頼を見ておく。復路でこなせる依頼があるかもしれない。2拠点の往復でそれぞれの依頼をこなしたり、複数拠点の依頼を環状線のように周回してこなせれば効率がいい。いろいろな方法があるだろう。

注意点がある。首都に入るには手形が必要。最初は出身国の手形しか持っていない。出身国以外の首都(町や村ではなく、~都市)への依頼を受けないようにする。

拠点間の道中では敵に出くわすことがある。これは全て逃げればいい。

序盤・グレードアップ

お金に余裕ができたら恩恵札を買っておく。中津国の寺院で売っている。本作の呪文を使うには、種類に応じたアイテムが必要。恩恵札は体力回復の呪文。最後まで使うことになる。各呪文を使うには最低限必要な知性がある。グロスウェンの知性は高く、当面は問題ない。

盾などの装備が空いているなら買い足す。重量級の武器・防具は敏捷にマイナスの補正があるので、手ごろなものでいい。後で本格的なものに買い替えるのでこだわらない。

金1万払っても余裕があるなら、湾岸都市(今回はシャラバの首都)の手形を買っておく。湾岸都市は周囲の拠点との移動時間が短い。ここを中心にすると効率がいい。今回はグロスウェン出身国ロマールの首都・鉱山都市の手形もある。湾岸都市と鉱山都市を通る環状ルートも効率がいい。他2国の手形は買わないでおく。当面の目標は、まず金稼ぎ、次に能力値アップ。


ここまでに2時間半ぐらいかかった。

ルナドン開かれた前途(3)今回の目標と縛り

今回は以下の条件でやってみる。
(1)新しい世界。バランスは初期値。
(2)ロマール国の首都は鉱山都市・シャラバ国の首都は湾岸都市・中津国の首都は断崖都市・日出国の首都は水裂都市。有利・不利といった理由ではなく、単に初めてやった時の設定。
(3)プレイヤーキャラクターは選べる範囲でいちばん年長を選ぶ。時間の猶予は少なく、やや難しいはず。
(4)世界を滅ぼす。
(5)人助け・盗みなど、なにをしてもいい。
(6)仲間は作らない。情が移ると困る。
(7)セーブ・ロードによるやり直しはひかえめにする。行ったら回数を数える。
(8)攻略本・攻略情報は原則として見ない。ただし、記事の正確を期すため、ダンジョン名などを攻略本で確認するのは可。

ルナドン開かれた前途(2)ゲームの入手方法

今回プレイするのは1995年アートディンク製。推奨はWindows95日本語版。3.1でも動作する。必須および推奨のPC構成がある。

おそらくだが、Windows98でも動作する。昔の記憶では、XPでも正常に動作した。

今回のプレイ環境はWindows10・64ビット版。ほぼ正常に動作する。今のところ不具合は二つ。まず、オープニングの画像が表示されない。筆者はオープニングやエンディングはおまけだと思っている。対応法はあるのかもしれないが、あきらめることにした。

もう一つ、昔の記憶ではVistaでも起こった事象。音楽がループしない。

以下はあいまいな記憶による記述。ソフトは Windows95 対応だが、 XP と Vista でも動作した。 Vista は音楽がループせずにしばらくすると止まってしまうが、場面が切り替われば鳴る。手動で音楽OFF・ONとしてもいい。

この不具合は本作に限らずポピュラーらしい。対応方法はいろいろあるようだが、なにもしないことにした。あきらめてしまえるのなら、それが一番手っ取り早い。

もし手に入れようとするなら、ソフトの状態・ハードの型式・フロッピーディスクの種類・OSの種類・最近のOSであれば何ビット版かなどに注意したほうがいい。入手元が誠実であっても、20年以上前のフロッピーディスクなどが突然読めなくなるのは驚くことではない。『諒とせられよ』

ルナドン開かれた前途(1)復活

前言をひるがえし、「ルナティックドーン・開かれた前途」をやってみる。「ゲームの紹介と昔の話」については、以前に書いた記事のとおり。

もう一度だけやってみる。最後はやはり、世界を滅ぼすのがいいだろう。

ロードス島戦記(18)クリア

知識の石

知識の石は、どこかのダンジョンでオーガーかトロールが守っていたはず。場所は覚えていない。たしか、最初のプレイでは存在を知ることもなく、2回目以降に見つけた気がする。

ロードス島の西側から探してみた。ところが、なかなか見つからない。全て回ったと思うのだが、それらしい場所はなかった。ウォートの塔のエリアにもなかった。見落としたのだろうか。いちいち周囲を探さないといけないのだろうか。昔はどうやって見つけたのだろうか。思い出せない。

最も深いダンジョン

ひとまずあきらめて、メインミッションを進める。ロイドから北に続く道を進むと、ダンジョンの入り口がある。道なりでも分かるので迷うことはない。

最初に下へ降りる区画には、いいアイテムが隠されている。ダンジョンを出入りすればアイテムも復活する。このダンジョンの攻略はクリアに必須。なので、入り口が分かりやすいことも含めて救済仕様なのだろう。

率直に言って本作には飽きてきた。知識の石を探すのに疲れたのだと思う。どこをどうやったのか覚えていないが、邪神を崇拝する固定敵にたどり着く。倒してキーアイテムを手に入れた。このキーアイテムがあると、最初の区画を降りきった部屋の中央にあるワープ装置を使えるようになる。複雑なダンジョンの途中を飛ばすことができる。

固定敵の部屋にあるドアの先には、上へ上る区画がある。最初に下へ降りる区画と同じ構造で、やはりいいアイテムが隠されている。

城の入り口には手下が待ち構えている。さほど強くはないが、城を出入りすると同じセリフで復活する。

城1階を探すと「マスク」が2つ手に入る。使うことはないが一応取っておく。いったん宿屋に戻ってセーブし、また知識の石を探す。

知識の石再び

…飽きた。昔はどうやって見つけたのだろうか。思い出せない。苦労していれば覚えているはずなので、攻略雑誌に載っていたのかもしれない。

昔書いた紙を見てみる。ダンジョンはほぼ全て地図に書いていたようだ。知識の石があったはずのダンジョンの地図もでてきた。隠し扉を使うと楽に目的地へ行けそうだが、罠だったような記憶もある。どちらにしてもダンジョンの場所が分からないので、今の役には立たない。

「ロードス島戦記福神漬(無印)」・「ロードス島戦記福神漬2」を見てみる。「ウズの村」のクエストでトロールが持っているらしい。しかし、「ウズの村」がどこにあるのかは分からない。

今回はあきらめることにした。本作はクリアしても、クリアしたという情報はセーブされない。最後に泊まった宿屋の情報が残る。「~福神漬(無印)」をやる時に、並行して探そうと思う。

城再び

「最も深いダンジョン」はキーアイテムさえあれば、苦労せずに抜けられる。城にランダム敵はいない。入り口の手下と、奥のカーラのみ。ワープポイントを抜けると奥へたどり着く。ウォートの造った迷宮に比べれば簡単。

ワンドを使えばカーラに勝つのは難しくない。念を押すなら、ポーションを持っていくといいだろう。ワンドなしで勝てるのかどうかは不明。とてつもない高レベルならできるかもしれない。「~福神漬(無印)」のラストバトルが楽勝になったら、挑戦するのも一興だ。


エンディングは記憶と全く違っていた。ここ10年以内にやったように思うのだが、そうではないようだ。20年以上やっていなかったかもしれない。パーティーに入ったことのない飲んだくれのパーン達がしゃしゃり出てくると記憶していたのだが、そんなことはなかった。「ロードス島戦記2」での不満が原作メンバーへの八つ当たりとなって、勝手な記憶が形成されたのかもしれない。


今回は4時間半、累計で39時間かかった。残しはあるが、いったんゲームクリアとする。

ロードス島戦記(17)火竜

ライデンの街に戻る。川を渡らずに南下して川沿いに進む。ここにあるダンジョンでは、ウィザード専用の強力なマジックアイテム「ルーンスタッフ」が手に入る。使うと最強魔法メテオストライクの効果。しかも、MP消費はゼロで無限に使える。当然、ただでは手に入らない。

上へ上へと向かえば、ダンジョン最深部にたどり着く。強力なドラゴンとはドワーフの大トンネルですでに戦っている。まず移動して散開する。戦士系は殴る。敵はタフで長丁場になるので、ファイアウエポン・シャドウボディーといった補助魔法が役に立つ。スピリットバリアーもかければ万全だ。

ルーンスタッフの他にも宝は手に入るが、持ちきれなくなるだろう。途中で拾ったアイテムはあらかじめ厳選し、捨てたほうがいい。


今回は2時間、累計で34時間半かかった。

ロードス島戦記(16)ブレード

ライデンから道伝いに東へ行くと、ブレードの街。市場で話をするとミッション発生。砂漠を通るには「デザートセット」が必要なので買っておく。

殺人事件

宿屋で別のミッション発生。セーブする前に起こる。ライデンからは寄り道せずにブレードへ行き、すぐ宿屋に泊まるのがいい。

現場検証で物証を手に入れ、聞き込みであやしい人物を割り出す。物証を「ロアー」の呪文で鑑定し、あやしい人物に突きつければ解決。「ロアー」がないなら、装備しようとすればいいかもしれない。

手に入れたアイテムは物証を含めて3つ。商人からは買わなかったが、お金は有り余っているので試しに買っておけばよかった。「ワイン」はここぞという時に役立つかもしれない。しかし、アイテム枠に余裕がないので売り払う。

今思った。全く窓のない二階というのも、すごい話だ。蘇生に失敗したという説明も苦しい。冒険者はタフなので失敗しないという解釈は別の疑問を生む。なぜファーン王や兵士は蘇生できないのか。

砂漠

市場のミッションを果たすため砂漠へ向かう。広い砂漠の中央付近に村のようなものがある。けっこう探し回ってから見つけることができた。本作は割と最近にやったつもりだったが、忘れていることが多い。次作の2と混同しているのだろうか。

うろついている間に、一部キャラクターだけがレベルアップした。稼ぎをして全員を同じレベルにしておく。そうでないともらえる経験値に差が出てしまう。レベル23になった。

ミッションは簡単。すぐ終わる。途中でエメラルドofウォーターとサファイアofエアーを見つけた。


今回は2時間、累計で32時間半かかった。

ロードス島戦記(15)ライデン

ミスティ付近から北上すると、ライデンの街にたどり着く。ロイドやドラゴンスケールからは遠いが、道伝いに行くだけなので迷うことはない。

街で情報を集める。情報屋は後回し。書いていなかったが、カノンの廃墟に続くストーリーに関わるメインミッションは、カーラとの最終対決。カーラの邸へは、最も深いダンジョンを通って行く。それ以外のダンジョン・依頼はサブミッションとなる。

情報を集めていくと、行き先の選択肢が追加される。そこが次のミッションの舞台。船がダンジョンになっている。敵はあまり強くなく経験値も悪くない。

ダンジョンを探索しつくすことはしない。ドワーフの大トンネルあたりから面倒くさくなってしまった。重要アイテムを見つけたら帰る。割と早く見つけることができた。

見つけたアイテムを市場で売ると、情報屋を利用できるようになる。なにをやり残しているかの参考になるだろう。「ルーンスタッフ」と「知識の石」は、まだ手に入れていない。「ルーンスタッフ」のダンジョンはだいたいわかる。「知識の石」は覚えていない。そのうちわかるだろう。


今回は1時間、累計で30時間半かかった。

ロードス島戦記(14)ミスティ

ドラゴンスケールから西へ行くと、ドラゴンブレスにたどり着く。ここならアイテム鑑定ができる。寺院では新たなミッションを受ける。これも時間制限はないので、後回し。

ドラゴンスケールの街へ行く。ロイド方面の三叉路に戻ってから、道伝いに北西へ進む。また三叉路がある。西へ進むとイベントが始まる。村にたどり着いた。

ここには恐ろしい敵が充満している。強く、数は多く、飛び道具と呪文を使い、麻痺とレベルドレインの力を持っている。経験値はリスクに見合わない。遭遇率は高く、うんざりする。可能な限り逃げたほうがいい。もしプリーストが麻痺してしまったら詰むかもしれない。

レッサーと名のつくほうは、それほど強くない。どうしてもMP不足を解消したいなら、レッサーだけからなる集団を相手にする。

長居はしたくないので、全ての探索はせずにクリアを優先した。罠の仕掛けてあるドアがいくつかある。うち一つが正解ルート。それ以外では、少年を見つけたがクリアには不要だろう。

ボス戦は戦いづらい。今思いついたが、いったん逃げてから隊列変更すると有利かもしれない。範囲攻撃呪文はある程度有効だが、障害物の陰には届かない。ヴァルキリーズジャベリンは障害物を無視してくれる。ここの敵には、ボス戦を含めてサンシャインが効く。もしかしたら、特殊攻撃を食らう確率も減らせるかもしれない。


レベルドレインを食らったのは1回。どのみちマーファの呪文が使えるので被害はほとんどない。他のプリーストを使う場合、リセットに頼るか、この村のことは忘れてしまうのがいいだろう。

ボスを倒した後に奥へ進むと村を出ることができる。再び入ることはできない。すでにミッションクリアの経験値はもらっているが、いちおうドラゴンブレスに戻っておく。対応するセリフが聞ける。

マーモなどで稼ぐ。今回は多数のドラゴン相手に、プリーストを含めて3人死亡したことがあった。運よく街までたどり着けたが危なかった。もしかしたら、パーティレベルに応じて敵が強くなったのかもしれない。

稼ぎでは、ダイアモンドofライトを入手。召還の呪文を使えるアイテムだったと思う。能力値上昇のアイテムを期待しているのだが出てこない。確率は低いが昔はそれなりに拾った気がする。記憶違いだろうか。レベル22になった。


今回は2時間、累計で29時間半かかった。

ロードス島戦記(13)カノン

ロイドに戻る。ファーン王はすでに出発しているが、遅れたわけではない。たぶん、どうやってもそうなる。

まず、アダンの街へ向かう。それから、カノン方面へ南下する。街の廃墟があるので入る。

ここのランダム敵は2種類。うち片方が、おいしい。弱いにもかかわらず、1回の戦闘で1万前後の経験値になる。バグ(設定ミス)だと思う。逆のこともあるので、バグ利用を気にする必要はない。17レベルになり、ウイザードはロアーとブリザードの呪文を使えるようになった。ロアーがあれば、街に行かなくてもアイテム鑑定できる。

もう片方の敵からは、もっと高い経験値が手に入る。ただし、それに見合う強さなので時間がかかりMPも消費するだろう。この敵も本来であれば悪くはないのだが、前者に比べると効率は劣る。逃げたほうがいい。

奥へ進むとイベント発生。ベルドは厄介な攻撃をしてくる。スピリットバリアーの呪文が有効。倒すとユニークアイテムがいくつも手に入る。しかし、街の市場に売ってしまう。市場なら、後で買い戻すこともできる。

ロイドに戻って報告。ファーン王のユニークアイテムを持っていないので、求められることもない。


これで六英雄の全員に会った。かつての六英雄のグラフィックは、ロイドの酒場で見れる。ローブ姿。これはミノタウロスの迷宮の入り口でも見ている。赤の鎧と白の鎧は、カノンの廃墟。斧戦士は、ドワーフの大トンネル。やや青みがかった髪。これは最初に見ている。

残りはブロンドヘアーの人物。これが無名の魔法戦士。よく見ると頭に装身具をつけている。無名の魔法戦士が誰なのかは知っていたが、グラフィックに装身具があることは今回初めて気づいた。


しばらくミッションは放っておき、稼ぎを繰り返す。

カノンの廃墟はレベル上げに最適。再訪しても、おいしい敵がいる。いいアイテムも落とす。プレートメイル+3・プロテクションリングⅢ×3・Sofファイアストーム多数など。

ロイドの酒場で聞いた沼に行ってみる。厄介そうな敵が多い。それでも楽に勝てる。ここで苦戦しないなら、最終ダンジョンに臨んでも大丈夫だろう。

カノンの廃墟から、さらに南下する。道伝いに進むと海岸にたどり着く。ここでマーモに渡ることができる。マーモの敵は沼以上に強い。特にドラゴンの群れは危険。その分、レアアイテムが期待できる。ドラゴンが出やすいのは丘陵地帯のようだ。

今回は、これといったアイテムなし。途中でキャラクターの一人が死亡した。プリーストさえ生き残れば大きな問題はない。それでも、ドラゴンが多いようなら逃げたほうが無難。

全員19レベルになった。ミッションへ出発する。


今回は4時間、累計で27時間半かかった。

レトロゲームの思い出と攻略