ロードス島戦記(13)カノン

ロイドに戻る。ファーン王はすでに出発しているが、遅れたわけではない。たぶん、どうやってもそうなる。

まず、アダンの街へ向かう。それから、カノン方面へ南下する。街の廃墟があるので入る。

ここのランダム敵は2種類。うち片方が、おいしい。弱いにもかかわらず、1回の戦闘で1万前後の経験値になる。バグ(設定ミス)だと思う。逆のこともあるので、バグ利用を気にする必要はない。17レベルになり、ウイザードはロアーとブリザードの呪文を使えるようになった。ロアーがあれば、街に行かなくてもアイテム鑑定できる。

もう片方の敵からは、もっと高い経験値が手に入る。ただし、それに見合う強さなので時間がかかりMPも消費するだろう。この敵も本来であれば悪くはないのだが、前者に比べると効率は劣る。逃げたほうがいい。

奥へ進むとイベント発生。ベルドは厄介な攻撃をしてくる。スピリットバリアーの呪文が有効。倒すとユニークアイテムがいくつも手に入る。しかし、街の市場に売ってしまう。市場なら、後で買い戻すこともできる。

ロイドに戻って報告。ファーン王のユニークアイテムを持っていないので、求められることもない。


これで六英雄の全員に会った。かつての六英雄のグラフィックは、ロイドの酒場で見れる。ローブ姿。これはミノタウロスの迷宮の入り口でも見ている。赤の鎧と白の鎧は、カノンの廃墟。斧戦士は、ドワーフの大トンネル。やや青みがかった髪。これは最初に見ている。

残りはブロンドヘアーの人物。これが無名の魔法戦士。よく見ると頭に装身具をつけている。このことは今回初めて気づいた。


しばらくミッションは放っておき、稼ぎを繰り返す。

カノンの廃墟はレベル上げに最適。再訪しても、おいしい敵がいる。いいアイテムも落とす。プレートメイル+3・プロテクションリングⅢ×3・Sofファイアストーム多数など。

ロイドの酒場で聞いた沼に行ってみる。厄介そうな敵が多い。それでも楽に勝てる。ここで苦戦しないなら、最終ダンジョンに臨んでも大丈夫だろう。

カノンの廃墟から、さらに南下する。道伝いに進むと海岸にたどり着く。ここでマーモに渡ることができる。マーモの敵は沼以上に強い。特にドラゴンの群れは危険。その分、レアアイテムが期待できる。ドラゴンが出やすいのは丘陵地帯のようだ。

今回は、これといったアイテムなし。途中でキャラクターの一人が死亡した。プリーストさえ生き残れば大きな問題はない。それでも、ドラゴンが多いようなら逃げたほうが無難。

全員19レベルになった。ミッションへ出発する。


今回は4時間、累計で27時間半かかった。