魔導物語123(7)1・再クリア

気づいてみると1年以上過ぎていた。再開する。慣らしとして再度1をクリアした。新たな気づきを書いておく。

魔導物語1・魔導の塔2階

スケルトンTは「経験のふとん」を差し出した。これは経験玉に換わるのだが、高レベルで使うほうが有利なのかどうかは不明。こちらが強くなると、スケルトンTはほとんど出なくなった気がする。偶然なのか、仕様なのか?

わいて出る敵の傾向は、場所によって違いがあるようだ。同じ2階でもスケルトンTが出やすい場所とそうでない場所がある。「経験のふとん」は手に入れることができなかった。

2階の最後の強敵は、まだ倒さなくていい。先に3階へ向かう。

それから2階の最後の敵を倒す。杖を落とした。杖は強力だが、いつかは折れてしまう。この手のアイテムは、後先考えずに使い尽くすのはもったいない。かと言って、貯め込み過ぎるとアイテム枠を圧迫する。

2階の最強敵は最後まで残した。そうすればアイテム枠を圧迫せずに強力アイテムを温存できる。ただ、6階に落ちている杖とかぶったので、最後まで残したのは行き過ぎだったようだ。

ナスグレイブは「亀の心臓」を落とした。ナスグレイブは2階に来た時点では嫌な敵。しかし、後半にお金が底をつきそうなら役に立つ相手かもしれない。

魔導物語1・魔導の塔4階

ドッペルゲンガーは「ダルジュロスの犬頭」を落とした。

魔導物語1・ラスボス

ラスボスの居場所は分かっている。事前に、「シールド」・「正義の靴下」・2階または6階で拾った杖・「亀の心臓」・「ダルジュロスの犬頭」を使っておく。

まずラスボスの攻撃。前回は一撃で瀕死になった。今回はシールドでダメージゼロ。「ばくはつたまご」-「ダイアキュート」-「ジュゲム」で倒した。

戦闘後に歩いていると、ダルジュロスの犬が吠えた。それとHPが増えたというメッセージ。すこし経験玉も増えた。どちらがどちらか分からないが、「ダルジュロスの犬頭」と「亀の心臓」の効果かもしれない。


今回は楽だった。全滅・リロードはゼロ。アイテムに頼ったのが効を奏した。その割にクリア時の金は前回と大差ない。「獣炭」と「ばくはつたまご」なら1階で安く手に入る。この2種類だけでほぼ足りた。


今回は6時間かかって、1を再クリアした。