ロードス島戦記(6)アランの街

ザクソンの村 #2

レベル4で奥の強敵に挑む。敵は魔法も使うが、まだたいしたことはない。運よくクリティカルダメージを与える。あっさり倒せた。

ダンジョンには、何かが隠されていることもある。入り口にメッセージのある部屋は、より可能性が高い。隠し部屋もあり得る。これは壁にぶつかれば発見できる。

未確定のアイテムを見つけた場合、むやみに装備しないほうがいいだろう。もう少し待つ。

村長に報告すると大量の経験値をもらえる。レベル5になった。

アランの街

南に向かう。アランの街は大きく施設も多い。未確定のアイテムを鑑定できる。ただし、金もかかる。まだ全部は払いきれないだろう。

いくつかヒント。プレートメイルアーマーは、未確定のまま市場に売ってしまっていい。ヘビークロスボウなど高価なアイテムは後回しにする。安価なアイテムを後回しにすると、アイテム枠を圧迫してしまう。

呪いを含めた不要なマジックアイテムは、市場ではなくウイザーズカレッジに売る。買戻しはできない代わりに、高く売れる。

ブーツは戦士系(普通は二人)だけで当面は十分。お金を優先したいなら、プロテクションリングⅠは売ってしまう。そのうちまた手に入る。

シーブズギルドで情報を買うと、次のダンジョンのありかが分かる。


ダンジョンの主要な敵はシーフ。シーフは金を持っている。ダンジョンを出入りして稼ぐのもいいだろう。

ボスの居場所は二重に隠されている。一つ目は情報収集を優先していれば分かる。ディテクトの魔法も助けになる。一つ目が分かれば、二つ目も分かるだろう。戦闘は厳しくない。


城へ行く。大会で勝ち抜いて王に会い、ほうびをもらう。もらえる武器は強力で、最後まで通用する。レベル6になった。

大会で勝ち抜けなかったらどうなるのか。負けたことがないので分からない。心配ならポーションやスクロールを買って持ち込む。大会の戦闘は3回だが、LP(HPに相当する)もMPも1回ごとに完全回復する。呪文の温存はしないでいい。


今回は2時間半、累計で6時間半かかった。